IFRS関連サービス - 決算期統一と決算早期化支援サービス

IFRSでは、「連結財務諸表の作成に用いる親会社及びその子会社の財務諸表は、同じ日現在で作成しなければならない。」と規定されています。従来、子会社の決算期を3カ月ずらしてきた会社においては、対応が必要となります。
対応には2つの選択肢があります。1つめは、子会社の決算日と親会社の決算日を同じ日に変更する対応策であり、2つめは、子会社の決算日は変更せず親会社の決算日にあわせて子会社が仮決算を実施する対応策です。
上記いずれの選択肢を採用する場合でも、決算期を統一する年度(以下、「移行年度」という)に子会社の財務諸表をどのように連結財務諸表に反映させるかという移行年度特有の課題があります。
また、親会社と同じ日現在の財務諸表で連結財務諸表を作成するためには、多くの子会社において大幅な決算の早期化が求められることになります。
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、海外に拠点を持つグローバル企業を対象に、IFRS適用に伴う決算期統一と決算早期化を支援いたします。