会計システムの再構築

近年、企業のグローバル化、会計基準変更への対応、会計システムの老朽化などを契機に、各企業において会計システムの再構築が検討され始めています。プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は、会計システムの再構築を、経営・業務改革の実現とグループ経営管理の高度化のチャンスと捉えています。
その実現のためには、最初に構想策定フェーズにて、戦略/組織/業務プロセス/情報システムの観点からあるべき姿を検討するとともに、期待効果と優先順位を設定し、実現性の高い導入計画を立案することが重要です。
PwCは、独立系コンサルティング会社としての中立的な立場を生かしたソフトウエアの評価を行います。また、構想から設計・開発、導入、定着化まで一貫したグローバルの方法論(Transform)を有し、PwCグローバルネットワークを生かしたサービスを提供できる点も大きな特徴です。