調査/レポート

View this page in: English

プライスウォーターハウスクーパースのプロフェッショナルによるさまざまな調査レポート・論文を掲載しています。
※社名・役職などは発行当時のものです。

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点
PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

(2014年11月)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

電力小売市場意識調査 2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を想定し、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。

(2014年10月)

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望
未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

(2014年10月)

「最高経営幹部」としてのチーフ・コンプライアンス・オフィサー
‐今取り組むべき課題と将来の機会
PwCの第4回年次コンプライアンス調査(2014年)では、さまざまな企業を対象とした調査結果を基に、「最高経営幹部としてのCCO」という視点から、CCOが直近で取り組むべき課題と将来の機会について議論を展開しています。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐
第6回 Digital IQ調査は、PwCが昨年末から2014年春までに実施した世界36カ国の主要企業、1,494社の経営幹部を対象にしたIT先進情報技術への企業の理解および適用状況の最新調査報告書です。

(2014年10月)

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較
Consumer Intelligence Series
PwCは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の結果をまとめました。

(2014年10月)

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014
本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japanで抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。

(2014年09月)

中国における外資系銀行2013年版
PwC中国が中国に拠点を置く37の外資系銀行の経営者を対象に実施した調査結果をまとめています。最近の金融制度改革への見方や今後の事業の展望についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2014年09月)

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐
市場としてのアフリカを日本企業はどのように理解すべきでしょうか。将来の人口増や中間層拡大、インフラの課題など、日本企業が関心の高い分野を中心に、成長を続けるサブサハラ・アフリカ市場を俯瞰します。

(2014年09月)

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響
本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

(2014年09月)

バンキング・バナナ・スキン2014
回復に向かって少しずつ進んでいる状況
CSFIとPwCが共同で59カ国、656人の銀行業界関係者に対して実施した2014年バンキング・バナナ・スキン調査では、過剰な規制と政治による干渉に強い懸念が示されました。

(2014年09月)

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題
技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

(2014年09月)

It’s how you play the game‐都市の成長戦略とメガスポーツイベントの活用
都市は最適なイベントを開催しインフラ開発を進めることで長期的な成長戦略を実現することができます。本レポートでは、都市/地域が招致すべきイベントの決定を支援するフレームワークと事例紹介を行っています。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐
銀行業界が大きく変化する中で、日本の銀行がいかにして収益力のある成長を持続していけるかについてPwCのプロジェクトブルーのフレームワークを使って考察しています。

(2014年08月)

Risk in Review‐あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐
PwCの第3回年次リスク調査は、現在のビジネス環境においてリスクの詳細を把握するため、37カ国の1,940名の経営者(役員会メンバー、マネジメント、内部監査部門長など)に調査した結果をとりまとめたものです。

(2014年08月)

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力
PwCは、顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力となる「トータルリテールの実現」を発表しました。本報告書では、8つの顧客の期待と、次なる小売ビジネスモデルがもたらす意味を明らかにしています。

(2014年08月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』
PwC Japanでは、米Eurasia Groupと日本における共同マーケティング活動をしており、「サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争」と題した共同レポートを発行しました。

(2014年08月)

Emerging Trends in Real Estate® 2014
グローバル版2014年の展望
本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

(2014年08月)

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望
Asset Management 2020 A Brave New World
本レポートは、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭等の世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。

(2014年07月)

2014年内部監査全世界実態調査
‐より強固なパフォーマンスをデザインする:革新のための青写真‐
PwCの第10回内部監査全世界実態調査は、24業種、37カ国に及ぶさまざまな規模・業種の企業に属する、1,900名超の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果をとりまとめたものです。

(2014年07月)

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況
日本の保険会社に対するERM/ORSAの取り組み状況に関する調査から、リスク選好方針などについて対応を進めている一方で、内部モデルの検証やERMに関する内部監査の整備で、準備段階の会社も多いことが判明しました。

(2014年07月)

電力業界における国際財務報告基準(IFRS)
Financial reporting in the power and utilities industry
電力業界におけるIFRS適用時の一般的な会計論点や今後、日本でも設立される電力市場で取引される金融商品に対する会計的な論点などについて説明したレポートです。

(2014年07月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2014‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
2014年7月発行の調査レポートでは、ソフトウェア業界のトップ100社が2012年に計上したソフトウェア総売上は2,550億米ドルとなり5%微増にとどまる一方で、同時期のトップ100社のSaaS売上高は200億米ドルとなり60%増加し、ソフトウェア業界のSaaS(Software-as-a-Service)へのシフトが着実に進んでいるということが示されています。

(2014年07月)

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐
モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

(2014年07月)

課題:
 

ガバナンス

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望
未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

Risk in Review‐あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐
PwCの第3回年次リスク調査は、現在のビジネス環境においてリスクの詳細を把握するため、37カ国の1,940名の経営者(役員会メンバー、マネジメント、内部監査部門長など)に調査した結果をとりまとめたものです。

(2014年08月)

2014年内部監査全世界実態調査
‐より強固なパフォーマンスをデザインする:革新のための青写真‐
PwCの第10回内部監査全世界実態調査は、24業種、37カ国に及ぶさまざまな規模・業種の企業に属する、1,900名超の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果をとりまとめたものです。

(2014年07月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

10Minutes‐注目すべきCOSOフレームワークの改訂‐
COSO内部統制フレームワークが20年ぶりに改訂され、2013年5月14日に公表されました。

(2014年05月)

中央政府による会計と財務報告に関するPwC世界意識調査
発生主義会計の実施には、公共部門事業体及びその利害関係者が自らの意思決定が業績、財政状態及びキャッシュフローに及ぼす影響を理解する必要があり、国際公会計基準の同行にも注視することが必要です。

(2013年10月)

米国サイバー犯罪調査‐2013における主要な発見事項‐
米国サイバー犯罪調査2013。PwCが米国で実施したサイバー犯罪調査2013によると、「サイバー犯罪の脅威が深刻であるにもかかわらず、組織のリーダー達の危機感は希薄である。」という結果が導出されました。

(2013年10月)

Risk in review‐変革の時代におけるグローバルリスク
企業は市場の要求に対応して変化し、そのプロセスにおいて自らを多方面からのリスクにさらしています。本書は800名を超えるグローバル企業の経営幹部やリスクマネジャーを対象とした報告書です。

(2013年09月)

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)
PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

(2013年01月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

リスクマネジメント新時代~市場の現実を直視したリスク管理の再考~(Risk in Review 2012)
2011年、急激な変化が起こり、複雑で予測不可能なリスクの高い市場が形成されました。本報告書は新市場に対応するための今後のリスク管理のあり方について説明しています。

(2012年09月)

内部監査全世界実態調査2012 Aligning Internal Audit ~あなたの会社の内部監査は正しいフロアで活動できていますか?~
PwCの内部監査全世界実態調査では、内部監査への期待の増大に焦点をあてています。利害関係者の期待に応えるため、内部監査部門がリスク管理領域の課題に対して果たすべき役割を検討しています。

(2012年09月)

戦略的なインフラ‐効果的かつ効率的なインフラにおけるプライオリティーと供給への一歩‐
World Economic ForumとPwCが共同作成した本レポートでは、政府が経済インフラ投資の優先順位を決定し、効果的にプロジェクトを推進し、経済発展を実現するためのフレームワークとケーススタディを提供しています

(2012年09月)

Making it happen 地方自治体が成果目標を達成するためのロードマップ
PwCが世界の都市を対象に実施したグローバル調査より、64都市の回答に注目し、現代における都市のリーダーが成果目標を達成するために取るべきアクションを、PwCの見解として述べています。

(2012年06月)

FATCA実施円滑化と国際的税務コンプライアンス向上のための政府間協力枠組みに関する日米当局共同声明の発表について
2012年6月21日に発表されたFATCA(米国外国口座税務コンプライアンス法)の日米共同声明の要点について簡潔に解説しています。

(2012年06月)

あらたAMニュース(14) FATCA規則案が投資信託委託会社に与える影響
2012年2月8日に米国財務省ならびに米国内国歳入庁からFATCA1に関する規則案が公表されました。内容を分析し、証券投資信託の委託会社に与える影響について解説します。

(2012年05月)

5分でわかるFATCA
本資料では、膨大な量にわたるAccount Tax Compliance Act(FATCA)財務省規則案を簡潔に4つのポイント((1)源泉徴収、(2)口座チェック、(3)パススルー支払い、(4)米国口座報告)にまとめ、複雑な制度の概要を「5分で理解」できるよう解説しています。

(2012年03月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

イノベーション

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

デジタル投資の成果を高める5つの行動 ‐第6回 Digital IQ調査‐
第6回 Digital IQ調査は、PwCが昨年末から2014年春までに実施した世界36カ国の主要企業、1,494社の経営幹部を対象にしたIT先進情報技術への企業の理解および適用状況の最新調査報告書です。

(2014年10月)

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較
Consumer Intelligence Series
PwCは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の結果をまとめました。

(2014年10月)

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響
本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2014‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
2014年7月発行の調査レポートでは、ソフトウェア業界のトップ100社が2012年に計上したソフトウェア総売上は2,550億米ドルとなり5%微増にとどまる一方で、同時期のトップ100社のSaaS売上高は200億米ドルとなり60%増加し、ソフトウェア業界のSaaS(Software-as-a-Service)へのシフトが着実に進んでいるということが示されています。

(2014年07月)

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐
モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

(2014年07月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018
第15回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

(2014年06月)

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版
PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。

(2014年02月)

リテールバンキング業務の将来像
消費者行動の変化、IT技術の進歩、規制の改正などによりビジネスモデルの変革を求められる中、伝統的な銀行はどのように対応をしていくべきか、さまざまな角度から考察を行っています。

(2014年01月)

IT-BCPサーベイ2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

(2013年12月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
ソフトウェア業界の動向を調査・分析したグローバル100ソフトウェア・リーダー・レポートでは、クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデル変革の鍵になると述べています。

(2013年07月)

Digital IQ調査 日本分析版
日本企業のクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータ、モバイルテクノロジー、企業のIT戦略についての投資状況、活用方法や課題について、グローバル企業との比較を行っています。

(2013年07月)

10Minutes サプライチェーンの柔軟性
ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

(2013年06月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017
PwCの年次調査レポート「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017」は、消費者支出と広告支出に関するグローバルな分析を提供する包括的なオンライン情報源です。

(2013年06月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

(2013年04月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016
PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

(2012年06月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

(2012年05月)

医療テクノロジーにおけるイノベーションスコアカード(Medical Technology Innovation Scorecard)
PwCによる本報告書は、変貌する医療テクノロジーイノベーションに関し調査、分析した結果をまとめたものです。調査結果として、イノベーション創出における先進国と新興国の格差が急速に縮小していることが明らかになりました。

(2011年11月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書 2011年版-
本調査報告書は長期的なEVの成功のための決定的要因を調べるために実施されました。自動車産業に関係する様々なセクターの参加者からの回答が含まれており、主要な結果についてPwCの見解を加え報告しています。

(2011年09月)

オペレーション

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

10Minutes 戦略的サプライチェーンマネジメント
先進企業は、サプライチェーンを戦略的資産として扱い、成長と効率化を両立しています。本10minutesでは、サプライチェーンがビジネス戦略に与える影響の大きさ、同業他社と差別化するための方法を示しています。

(2014年05月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013
PwCインドネシアによる第4回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では、貸出の成長力が見込め、M&Aを通じた規模の拡大を検討しつつも、規制や業界内の競争激化への対応や優秀な人材確保などが課題としてあげられています。

(2014年03月)

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について
グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

(2013年12月)

10Minutes サプライチェーンの柔軟性
ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

(2013年06月)

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果
PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

(2013年06月)

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査
プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

(2013年05月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題
第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

(2012年12月)

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~
PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

(2012年11月)

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

10Minutes 事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)
事業継続(BCP/BCM)に取り組む企業は増えています。事業継続の取り組みは、常に企業を取り巻く環境に対応し見直すことが必要となります。この見直すべき観点について、2011 年APEC CEO 調査の結果を交えて説明します。

(2012年06月)

ファーマ2020:未来のサプライチェーン 岐路に立つ医薬品業界
医薬品業界は、これまで生産および流通の再編にはあまり注力してきませんでしたが、サプライチェーンは研究開発や営業・マーケティングと同様に重要なものです。PwCは、製薬会社が検討するに値する4つのサプライチェーンの選択肢を提示しています。

(2012年06月)

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界
ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

(2012年06月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに
本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

(2012年01月)

力強い成長:未知の市場でビジネスチャンスを最大限に活かす
本報告書では、企業が未知の市場で、遭遇する魅力的な機会に伴う数々のリスクをいかに評価するかを、市場参入、プレゼンスの維持、市場撤退の判断という、3段階に分けて検証しています。

(2012年01月)

10Minutes CEOアジェンダ
本報告書は、2012年CEOが重要だと考える検討課題について言及し、PwCによる世界60カ国1,250人超のCEOを対象とした「第15回世界CEO意識調査」と関連調査を基に作成されています。

(2012年01月)

プロジェクトブルー
景気の先行きが不透明ななかで、金融機関の経営環境がどう変化していくのか、中長期的な視点を提供します。

(2012年01月)

Insurance 2020
保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

(2012年01月)

Seeing the wood for the trees
本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

(2011年11月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響
PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

(2011年08月)

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?
本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

(2011年08月)

事業継続性とサプライチェーンリスク
本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

(2011年08月)

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)
米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

(2011年07月)

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

(2011年07月)

The sustainability yearbook 2011
PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

(2011年04月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2007年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)とベトナムに関する特集を掲載しています。

(2010年)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

M&A白書2010~「M&A実態調査2009」調査結果のサマリー~
2009年秋に実施した「M&A実態調査」について、PwCは調査に協力した株式会社日経BPコンサルティングとともに「M&A白書2010」として結果をとりまとめました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、国内外の業界再編や海外投資という再編動向にフォーカスしています。

(2010年)

PwC「第13回世界CEO意識調査」を発表
景気後退の長期化という最悪の不安を抱えながらも、CEOは将来への成長に悲観的だった昨年から一転、自信を回復しつつあることが明らかになりました。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2009年上半期版-復活後の新たな世界
PwCが半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、アジア太平洋における14の国と地域、および11の産業について分析しています。

(2009年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2008年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているレポートの最新版を英語ならびに日本語でリリースしました。アジアの経済環境、M&A動向などを分析した上で、今後の市場見通しを発表しています。

(2008年)

「M&A実態調査2007」調査結果のサマリー
2003年より隔年で継続的に実施しているM&Aに関する実態調査の結果概要を紹介しています。3回目の本調査では、M&Aにおける実務とディールプロセスに焦点をあてています。

(2008年)

Key Trends in Human Capital[英語]
PwC Saratoga presents an analysis of key human resource trends facing global businesses based on data collected from 15,000 organisations.

(2008年)

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB]
日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

(2007年)

まちづくりと事業再生
田作 朋雄パートナーが、地方都市における再生案件を例に、個別企業のみの再生ではなく、地域再生を念頭においた広域的な取り組みの必要性について述べています。

(2006年)

事業再生、これからが本番
事業再生は「不良債権処理」だけでは終わらない、その後こそ正念場だ、として田作朋雄パートナーが事業内容の見直しと顧客ニーズにあったビジネスモデルへの転換の必要性を説いています。

(2006年)

規制

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

「最高経営幹部」としてのチーフ・コンプライアンス・オフィサー
‐今取り組むべき課題と将来の機会
PwCの第4回年次コンプライアンス調査(2014年)では、さまざまな企業を対象とした調査結果を基に、「最高経営幹部としてのCCO」という視点から、CCOが直近で取り組むべき課題と将来の機会について議論を展開しています。

(2014年10月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

Online Betting and Gaming Regulation 2014
ヨーロッパと米国におけるオンラインゲーミングの規制について今後の動向を概説しています。新たな規制の方向性、オンラインゲーミングへの影響、および有効に機能させるために必要なポイントなどについて論じています。

(2014年02月)

リテールバンキング業務の将来像
消費者行動の変化、IT技術の進歩、規制の改正などによりビジネスモデルの変革を求められる中、伝統的な銀行はどのように対応をしていくべきか、さまざまな角度から考察を行っています。

(2014年01月)

インド投資ガイド2013年
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、典型的な課題(外国投資規制、資金拠出形態、外国為替管理規制、直接税、個人所得税、間接税、M&A、移転価格税制)にかかわる専門家によって編集されています。

(2014年01月)

FS Viewpoint‐新たな事業環境におけるコンプライアンスとオペレーショナルリスクの管理‐
コンプライアンスに取り組む金融機関が抱える共通の課題である、「対象領域の拡大への対応」と「コスト増」の問題について、先進的な金融機関による取り組み事例をPwCによる支援内容や支援事例と共に紹介しています。

(2013年12月)

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐
本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

(2013年11月)

内部監査全世界実態調査2013 Reaching greater heights ~あなたの会社の内部監査部門は改善へ向けた準備ができていますか~
本調査では、重要なリスク領域に対する内部監査部門の能力を向上させていく必要性が高くなっていることが明らかになりました。

(2013年06月)

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-
まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

(2013年04月)

腐敗行為防止のIQを高める
厳しくなる汚職規制に合わせて、企業のコンプライアンスプログラムも柔軟に対応する必要があります。企業が贈収賄行為を防ぎ、適切なコンプライアンス環境で事業を行うためのアドバイスを提示します。

(2013年04月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

Bringing together IFRS and Solvency II~IFRSとソルベンシーⅡのプロジェクトを同時に進行させる
本報告書は、保険契約に関する新しいIFRSフェーズⅡの適用に向けて、ソルベンシーⅡへの投資をIFRS目的で最大限に活用することを含め、貴社のビジネスにおいていかに効率的に準備を進めるかを検討しています。

(2013年01月)

10Minutes 効果的な監査委員会
監査委員会は、内部監査の監督など多くの責任を有していますが、今回の10Minutesでは、独立監査人の会計監査を効果的に監督するための主要な実践事項に焦点を当てます。

(2013年01月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第5回)環境・CSR報告の今後
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ最終回は、近時、話題となっている統合報告と環境・CSR報告との関係を整理し、本稿のまとめとして、環境・CSR報告の今後の方向性を検討します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第4回)環境・CSR報告の現状とニーズ
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第4回は、環境・CSR報告の現状と課題を整理し、同報告の有用性を向上させる鍵となる利用者のニーズを探り、次の最終回とあわせ環境・CSR報告の拡大と有用化に向けた考察を行います。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第3回)環境報告ガイドライン(2012年版)による環境報告の全体像
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第3回は、改訂ガイドラインによる環境報告の全体像を概括的に把握するため、具体的な環境報告のイメージを一覧表にまとめ解説します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性 -環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第2回)環境報告ガイドライン(2012年版)の改訂内容
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第2回は、同ガイドラインの具体的な改訂内容のうち主なもの(基本指針、環境配慮経営、KPI、重要性など)を紹介いたします。

(2012年10月)

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号
この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第1回)環境報告ガイドライン(2012年版)の基本的な考え方
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第1回は、環境報告ガイドライン2012年版が環境報告に求める基本的な要件及び改訂に当たっての背景と視点について紹介いたします。

(2012年09月)

(シリーズ)環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-
先般改訂された環境省の環境報告ガイドラインの要点を整理し、多様なステークホルダーを利用者として想定する環境・CSR報告をどのように発展させるべきか、また今後の方向性について考察しています。

(2012年09月)

Cutting through the regulatory knot~世界各国における新規制の動向および保険戦略への影響~
最新の規制動向を方向づける根底にある動き、それらの背景にある考え方、戦略や業務への影響を検討することによって、保険会社が規制の詳細を把握する一助となるよう作成されたレポートです。

(2012年07月)

FATCA実施円滑化と国際的税務コンプライアンス向上のための政府間協力枠組みに関する日米当局共同声明の発表について
2012年6月21日に発表されたFATCA(米国外国口座税務コンプライアンス法)の日米共同声明の要点について簡潔に解説しています。

(2012年06月)

When in Rome 英国贈収賄防止法の高等教育機関への影響
英国贈収賄防止法がどのように高等教育機関に影響を及ぼすかについて事例を挙げて解説しており、企業のビジネスにも共通して当てはまる多くの教訓や、対応策が含まれます。

(2012年06月)

あらたAMニュース(14) FATCA規則案が投資信託委託会社に与える影響
2012年2月8日に米国財務省ならびに米国内国歳入庁からFATCA1に関する規則案が公表されました。内容を分析し、証券投資信託の委託会社に与える影響について解説します。

(2012年05月)

ソルベンシーⅡ報告要件
本レポートでは、提案の概要および重要な提案事項、不確定分野等について紹介しています。また、付録として定量的報告用テンプレートの詳細を説明したリストを掲載しています。

(2012年05月)

米国ORSA対応へ向けた準備
本レポートでは、マニュアルの主な特徴および今後のORSA対応にあたり保険会社に及ぼすであろう影響について考察されています。

(2012年05月)

5分でわかるFATCA
本資料では、膨大な量にわたるAccount Tax Compliance Act(FATCA)財務省規則案を簡潔に4つのポイント((1)源泉徴収、(2)口座チェック、(3)パススルー支払い、(4)米国口座報告)にまとめ、複雑な制度の概要を「5分で理解」できるよう解説しています。

(2012年03月)

FATCA規則案により保険会社はどのような影響を受けるか?
2012年2月8日、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に関する規則案が公表され、保険業界への導入に関する具体的なガイダンスが提供されました。保険業界への影響が大きい主な項目の概要およびPwCの見解を掲載しています。

(2012年02月)

Financial reporting in the oil and gas industry
国際財務報告基準(IFRS)では詳細なガイドが提供されていない、石油およびガス業界に固有な論点の会計実務について、豊富な実例とともに解説しています。

(2012年01月)

Industry specific IFRS packs 2011 - Energy & resources
エネルギー・資源業界固有の実務および損益に重要な影響をもたらす今後のIFRS変更について、PwCの見解と経験を紹介し、ビジネスへの影響にどう備えるかについて支援します。

(2012年01月)

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees
不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

(2011年12月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

Basel III and Beyond - SIFIs バーゼルⅢ、そしてその先にあるもの~システム上重要な金融機関
2011年11月、金融安定理事会は、SIFIs(システム上重要な金融機関)の特定用法、具体的な金融機関名などについて公表しました。本レポートでは、公表内容を要約し、金融機関にとって意味するものについて説明しています。

(2011年11月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

ドッドフランク法-成立2年目をむかえて
ドッドフランク法成立後2年目に入り、施行に向けて市場関係者が頻繁に採り上げる課題や問題点に焦点をあてて今後の展望を示しています。

(2011年09月)

Paying Taxes‐企業の税務コンプライアンス負担 国際比較 (2011)
本調査報告書は、世界各国の租税にかかる行政手続きの違いが、企業の税務コンプライアンスの負担に対してどのような影響を及ぼすかについて考察しています。

(2011年09月)

ソルベンシーⅡは、どこへ向かうのか
本レポートでは、欧州議会の提案のうち、主要論点について明瞭かつ簡潔に説明するとともに、欧州理事会の提案との比較、さらに今後の動向や保険業界への影響について解説しています。

(2011年08月)

中国における財務報告および内部統制の改善機会
グローバル経済における中国の地位が向上し、中国の財務報告の強化およびグローバルスタンダードへの整合の必要性は中国政府にとって重要な課題となっています。

(2011年07月)

モデル構築に期待される成果
保険会社は、今、財務モデルへ投資することによって、ソルベンシーⅡ導入後に経営上およびビジネス上の利益がもたらされることを期待しています。本報告書では、保険会社がどの程度準備を進めてきているかについて記述しています。

(2011年07月)

ソルベンシーⅡ-最新の草案で完全適用の1年延期を示唆
Omnibus Ⅱの最新草案では、ソルベンシーⅡの全要件の適用が、当初予想されていた時期より1年遅い、2014年1月1日まで延期されることが示されています。本レポートは、この最新草案の内容を速報でお伝えするものです。

(2011年06月)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第10回 不動産の公正価値の開示
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。不動産ファンドおよび不動産会社における評価の規定は、IFRSと日本の基準では異なります。今回は、IFRSでの投資不動産の公正価値評価および開示について解説しています。

(2011年05月)

IFRS 実務ガイド 原価モデルの固定資産会計
IFRSは、コンポーネントアプローチによる減価償却とされていますが、本資料では特に投資不動産にこのアプローチを適用する場合の実務的な論点について、Q&A方式を交えながら解説を行っています。

(2011年05月)

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
2010年6月に公表された公開草案「顧客との契約から生じる収益」は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。

(2011年05月)

QIS5の示唆するもの
2011年3月14日、欧州保険・年金監督機構(以下EIOPA)よりソルベンシーⅡに関する第5回定量的影響度調査(QIS5)の結果が公表されました。

(2011年03月)

Disclosures Related to Use of "Conflict Minerals"
本レポートでは、 2010年12月に公表された紛争鉱物の使用に関する開示規則案の概要と、企業に求められる対応について報告しています。

(2011年02月)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第9回 リース会計(3)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2010年8月にIASBとFASBが公表したリースと題される「公開草案」に基づいて、不動産ファンドの会計処理・財務諸表にどのような影響があるのか解説しています。

(2011年01月)

A practical guide to accounting for properties under construction(日本語版)
建設中の不動産は、竣工した不動産に比べて、公正価値の算定が難しい場合があることや修正基準への移行にかかる留意事項などを説明しています。

(2011年01月)

ソルベンシーⅡ- Omnibus Ⅱ(草案)の要約
2011年1月19日、Omnibus Ⅱ Directiveの草案(暫定版)が発表されました。この草案が適用された場合、ソルベンシーⅡ指令は一部修正されることとなります。本レポートでは、このOmnibus Ⅱが提案する主要ポイントを紹介します。

(2011年01月)

自己資本とリスク管理 - 米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について
ソルベンシーⅡの直接的影響を受けない会社を含め、すべての保険会社がソルベンシーⅡを意識した新たな規制の枠組みに着目するようになってきています。本レポートでは、米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について紹介しています。

(2011年01月)

Paying Taxes 2011‐景気低迷の中でも納税はよりしやすく
PwCが世界銀行(World Bank)と協力し、183カ国を対象に「納税のしやすさ(Ease of paying tax)」の調査・分析を実施した国際的なベンチマーキング調査です。日本は112位にランクされています。

(2010年)

保険IFRSの動向 - IASB/FASB保険契約プロジェクト
国際会計基準審議会(IASB)および米国の財務会計基準審議会(FASB)は、IASBの公開草案「保険契約」に対するコメント締切後の2010年12月より最終基準書の策定に向けた合同審議を再開しています。PwCでは、この合同審議会へ参加した際の情報に基づき、会議ごとの要旨を公表しています。

(2010年)

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)
投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第8回 リース会計(2)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2009年3月にIASBとFASBが公表した討議資料「リース予備的見解」における前半のリース取引の借り手側の処理とその後のIASBの議論について解説しています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資会社の定義と会計処理
IFRS(いわゆる国際会計基準)の公開草案等で、資産運用業および投資業に重要な関連があると考えられるトピックについての解説を行っています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第7回 リース会計(1)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、リースの定義・分類、オペレーティングリースの会計処理、ファイナンスリースの会計処理やIFRSにおけるリース会計の今後の予定などについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第6回 固定資産の減価償却
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、IAS第40号「投資不動産」の規定により、原価モデルを選択した場合、IFRSと税法の規定に従った会計処理が容認されている日本基準の違いについて解説しています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資先の連結と公正価値による評価について
米国では、Investment Company(投資会社)という概念があり、投資会社の会計処理に関するガイダンスが定められています。当該ガイダンスに従う場合には、投資先を公正価値により評価し、連結することを要しません。他方、このような概念は現行のIFRSでは明確にされていないため、同様の概念の導入の必要性とその場合に関連する論点について検討されています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 資産運用業への影響について
資産運用では、一般的にファンドまたは顧客を依頼人としてその代理で運用を行っていると思われますが、ED10号では連結財務諸表におけるコントロール・支配に関して、依頼人(Principal)と代理人(Agent)の関係についての規定を定めています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第5回 固定資産の減損
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本基準とIFRSの減損方法の違い、資産のグルーピング、減損の兆候、回収可能価額の測定、減損の認識および減損損定の戻入れなどについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第4回 不動産ファンドの合併
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、持分プーリング法とパーチェス法、のれんの会社処理、取得企業の識別、事業の定義や投資証券を取得の対価とする場合の測定日などについて解説しています。

(2010年)

Asia Pacific Private Equity Tax 2010 アジア・太平洋地域におけるプライベート エクイティ ビジネス [英語]
アジア太平洋地域で事業を展開されるプライベート・エクイティ・ファームおよびその投資家に、影響のある税務問題や投資機会について洞察を加えるとともに、この業界にとって重要な税務上の動向を紹介しています。

(2010年)

Sovereign Wealth Funds Investment trends and global tax risks - Asia アジア地域における政府系投資ファンド [英語]
本レポートではアジアにおける政府系ファンドの投資傾向、および中国をはじめ13のアジア各国・地域での関連する税務リスクについて分析しています。

(2010年)

点から線へ:バランスシートの総体的管理重視の必要性
近頃、PwCが世界各国の主要金融機関43社に対してバランスシート管理手法に関する調査を行い、リスク・エクスポージャーの分野にはまだ今後の進展を待たねばならない部分が多くあることを明らかにしました。

(2010年)

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響[PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。

(2010年)

バンキング・バナナ・スキン2010
世界の銀行界が最も懸念しているリスクは、政治的関与です。2009年暮れにプライスウォーターハウスクーパースが後援して金融イノベーション研究会が世界の銀行リスク関係者約440名に対して行ったアンケート調査の結果です。

(2010年)

バーゼル銀行監督委員会による「銀行セクターの強靭性を高めるための」提案―新ルールなのか、新しいゲームなのか?
2009年12月17日、バーゼル銀行監督委員会は、国際的な銀行セクターの強靭性を高める目標に向けて、国際的な資本および流動性規制の強化に関する提案を含む2つの市中協議文書を公表しました。

(2010年)

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA
本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

(2010年)

Paying Taxes 2010 - The global picture 納税のしやすさ世界ランキング
PwCが世界銀行(World Bank)と協力して183カ国を対象に調査・分析が実施した国際的なベンチマーキング調査です。日本は、総合評価で123位で前回(112位)よりもランクが下がっております。

(2009年)

ビジネスリーダーは警戒感を持ちつつも経済危機後の変化に期待と寛容性を示す
最悪の経済危機は過ぎた。しかし長期の課題は、政府による財政支援がなくなった後に安定的・持続的な世界経済の成長を作り出すことである。PwCと2009 APEC・CEOサミット組織委員会の共同調査によると、この慎重かつ楽観的なメッセージが、350人以上のAPEC域内のビジネスリーダー達から伝わってくる。

(2009年)

新興市場都市経済 世界GDPランキングで急速に上昇
PwCの調査によると、新興市場都市経済は2008年から2025年にかけての世界GDPランキングで急激に上昇することが見込まれている。

(2009年)

The future of banking: Point of View - Returning stability to the banks and the banking system[英語] [PDF 1,093KB]
世界的な金融危機が金融機関の根幹までをも揺るがしています。本報告書ではその打開策として、戦略、ビジネスモデル、資本、リスク、規制や統治および人材や報酬などについて説明しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第3回 連結およびSPCに対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関する論点についてまとめています。今回は、IFRSにおける連結の規定、IFRSにおける「支配」の概念、潜在的支配や特別目的事業体の連結などについて解説しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第2回 投資不動産に対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、不動産に関するIFRSの規定、投資不動産の範囲、投資不動産の認識・測定、不動産の振替および日本でのコンバージェンスの動きなどについて解説しています。

(2009年)

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望
2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第1回 日本基準と国際財務報告基準のコンバージェンス
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本の会計基準とIFRSのコンバージェンスに向けた動き、海外でのIFRS適用の動向、および不動産ファンドに対する影響などについて解説しています。

(2009年)

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較
投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

(2009年)

銀行業の将来:銀行と銀行システムに安定性の回復
PwCでは、銀行が直面しているさまざまな課題について、戦略設計、ビジネスモデル、資本・リスク管理、ガバナンス、人材と報酬の各分野に焦点を当て、それらの変革に当たって銀行が留意しなければならない事項についてまとめました。

(2009年)

The Day After Tomorrow
金融機関は、現下の世界金融経済危機に対して、危機を拡大させないための足元の対策だけでなく、その後の世界の金融業の姿を展望して今から手を打っていく必要があると考えられています。

(2009年)

流動性リスク管理
ここ数年間表面化してこなかった流動性リスクがいまや最も重要なリスク管理の対象となっています。今後銀行は流動性リスク管理に関する明確な戦略を策定する必要があります。

(2009年)

バーゼルⅡ 第3の柱:銀行にとっての課題
このレポートでは、バーゼルⅡ第3の柱に関する主要問題と開示義務履行で銀行が直面する課題、また、これに取り組むために銀行が次に取るべき重要ステップについて記載しています。

(2009年)

米国金融改革に関するPwC USの見方
米国政府は、2009年6月17日に「新しい基盤:金融監督及び規制の再構築」と題する金融監督規制改革法案を公表しました。本編ではPwC USのレギュラトリーの専門家がまとめた、当改革法案に対する所見を紹介しています。

(2009年)

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
PwCは、2009年2月にThe Economist Intelligence Unit(エコノミスト誌の子会社)の協力を得て、アジア大平洋州の金融業界のM&Aに関するオンライン調査を実施しました。

(2009年)

移転価格調査・争訟における「激しい嵐」の兆候
本稿は、恒久的施設(PE)の課税を巡る最近の動き、各国の事前確認(APA)と相互協議(MAP)に対する改善提案、争訟解決に対してグローバルに対応するための「ベストプラクティス」など、税務争訟に関する重要な話題を扱っています。

(2008年)

Paying Taxes 2009 - The global picture 納税のしやすさ世界ランキング
PwCが世界銀行(World Bank)と協力して181カ国を対象に調査・分析が実施した国際的なベンチマーキング調査です。日本は総合評価である「納税のしやすさ」で112位で前回(105位)よりもランクが下がっています。

(2008年)

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売
リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

(2008年)

公正価値評価に対する現状の課題 PE業界における現状の公正価値測定手法とプラクティスの見直し
オルタナティブ投資セクター全体、特にプライイベートエクイティにとって最も注目されているトピックの1つである公正価値測定手法に関するレポートです。

(2008年)

A closer Look:ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法の影響[英語]
ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法(ドッド・フランク法)の各業界に対する影響についてPwC Globalが分析した英文レポートをご案内します。

(2008年)

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細
PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

(2008年)

変動期における差別化の追及 グローバル・プライベート・エクイティ・レポート2008年
PwC独自の経験および主要な業界プレーヤーとの会談を基に、プライベートエクイティの将来を左右すると考えられている機会と課題について取り上げ、解説しています。

(2008年)

保険業界における全社的リスクマネジメント(ERM)- グローバル調査のサマリー
PwCが世界の先進的な保険会社53社に対し実施した「グローバルERM調査2008」の調査結果(サマリー)です。

(2008年)

変化の会計(Accounting for change ):金融混乱の中における透明性(銀行の2007年年次報告書の調査)
PwCでは、グローバルバンク22行の2007年の財務諸表を対象として、サブプライム問題で問題となった公正価値測定、ストラクチャードファイナンス業務、リスク管理の三点に関する開示に焦点をあて、現行の報告手法が、財務報告の一貫性と透明性の維持について、どの程度有効性を発揮したかについて調査しました。

(2008年)

2008年緊急経済安定化法:制定当初の重要事項と課題
2008年10月3日、2008年緊急経済安定化法が米議会下院で可決され、大統領の署名を経て成立しました。制定当初の重要事項と課題に関する、PwC USのレギュラトリー専門家の解説を紹介しています。

(2008年)

Production capacity management in the automotive industry: A taxing issue[英語] [PDF 231KB]
本報告書では、多国籍自動車企業は生産能力管理を通してサプライチェーンのコスト圧縮を試みているが、グローバルベースでの課税所得とキャッシュフローの最適化という視点はともすれば見落とされがちであると述べています。

(2007年)

社会資本 維持も民間活用
官公庁・公的機関の前グループリーダー(パートナー) 野田由美子による論文。「日本経済新聞」2006年9月1日版「経済教室」に掲載。

(2006年)

市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益 [PDF 2,208KB]
市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益

(2006年)

PFI事業のプロセスと効果的な進め方 第1回~第12回 [PDF 15,082KB]
PPP・インフラ政府部門アジア太平洋地区代表 野田 由美子がPFI NEWSに寄稿した記事を紹介します。

(2006年)

リスク管理

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

「最高経営幹部」としてのチーフ・コンプライアンス・オフィサー
‐今取り組むべき課題と将来の機会
PwCの第4回年次コンプライアンス調査(2014年)では、さまざまな企業を対象とした調査結果を基に、「最高経営幹部としてのCCO」という視点から、CCOが直近で取り組むべき課題と将来の機会について議論を展開しています。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響
本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

(2014年09月)

バンキング・バナナ・スキン2014
回復に向かって少しずつ進んでいる状況
CSFIとPwCが共同で59カ国、656人の銀行業界関係者に対して実施した2014年バンキング・バナナ・スキン調査では、過剰な規制と政治による干渉に強い懸念が示されました。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

Risk in Review‐あなたの会社のリスク対応を再評価しましょう‐
PwCの第3回年次リスク調査は、現在のビジネス環境においてリスクの詳細を把握するため、37カ国の1,940名の経営者(役員会メンバー、マネジメント、内部監査部門長など)に調査した結果をとりまとめたものです。

(2014年08月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』
PwC Japanでは、米Eurasia Groupと日本における共同マーケティング活動をしており、「サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争」と題した共同レポートを発行しました。

(2014年08月)

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況
日本の保険会社に対するERM/ORSAの取り組み状況に関する調査から、リスク選好方針などについて対応を進めている一方で、内部モデルの検証やERMに関する内部監査の整備で、準備段階の会社も多いことが判明しました。

(2014年07月)

アジア企業のトレジャリーサーベイ 2014‐Transforming Challenges into opportunities‐
PwCは、2013年にアジア7カ国(日本、中国、シンガポール、香港、タイ、マレーシア、インドネシア)の企業に対してトレジャリーサーベイを実施。

(2014年07月)

10Minutes データプライバシー
企業は、顧客データの保護(法令遵守や信頼を得るため)と活用(収益性を向上させるため)のバランスをいかにして取ればよいのでしょうか。本10Minutesでは、効果的な先進事例を紹介しています。

(2014年04月)

サイバーセキュリティの疑問に答える‐継続的な取り組みの必要性‐
PwC米国が発行した本文書は、企業によるサイバーセキュリティ対策の疑問に答える提言を示したものであり、日本でもサイバーリスクの開示義務が課された場合には、重要なヒントとなることでしょう。

(2014年04月)

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版
「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

(2014年03月)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)
95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

(2014年03月)

汚職リスクに対する効果的なアプローチ
汚職リスクをどのようにして定量的に評価し、企業の統制環境を整え、企業の発展に貢献するのか。PwCの効果的なアプローチの手法はこちらにあります。

(2014年02月)

リテールバンキング業務の将来像
消費者行動の変化、IT技術の進歩、規制の改正などによりビジネスモデルの変革を求められる中、伝統的な銀行はどのように対応をしていくべきか、さまざまな角度から考察を行っています。

(2014年01月)

FS Viewpoint‐新たな事業環境におけるコンプライアンスとオペレーショナルリスクの管理‐
コンプライアンスに取り組む金融機関が抱える共通の課題である、「対象領域の拡大への対応」と「コスト増」の問題について、先進的な金融機関による取り組み事例をPwCによる支援内容や支援事例と共に紹介しています。

(2013年12月)

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐
グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

(2013年12月)

IT-BCPサーベイ2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

(2013年12月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『日本の対外関係とリスク:中国、韓国、台湾関係』
PwC JapanのストラテジックパートナーであるEurasia Groupとの共同マーケティング活動の一環として発行された本レポートは、領土問題などにより緊張が高まっている東アジア地域と日本とのリスクついて分析したものです。

(2013年10月)

中央政府による会計と財務報告に関するPwC世界意識調査
発生主義会計の実施には、公共部門事業体及びその利害関係者が自らの意思決定が業績、財政状態及びキャッシュフローに及ぼす影響を理解する必要があり、国際公会計基準の同行にも注視することが必要です。

(2013年10月)

米国サイバー犯罪調査‐2013における主要な発見事項‐
米国サイバー犯罪調査2013。PwCが米国で実施したサイバー犯罪調査2013によると、「サイバー犯罪の脅威が深刻であるにもかかわらず、組織のリーダー達の危機感は希薄である。」という結果が導出されました。

(2013年10月)

Risk in review‐変革の時代におけるグローバルリスク
企業は市場の要求に対応して変化し、そのプロセスにおいて自らを多方面からのリスクにさらしています。本書は800名を超えるグローバル企業の経営幹部やリスクマネジャーを対象とした報告書です。

(2013年09月)

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐
国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が大きな社会問題となっており、もはやITの問題ではなく組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。

(2013年09月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2013‐保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ
インシュアランス・バナナ・スキン 2013は、隔年調査であり、保険業界が直面しているリスクを特定するもので、54カ国、660名に及ぶ保険業における実務家と規制当局、オブザーバーからの回答に基づいています。

(2013年07月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

(2013年04月)

腐敗行為防止のIQを高める
厳しくなる汚職規制に合わせて、企業のコンプライアンスプログラムも柔軟に対応する必要があります。企業が贈収賄行為を防ぎ、適切なコンプライアンス環境で事業を行うためのアドバイスを提示します。

(2013年04月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク』
PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group との共同マーケティング活動の一環として「2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク」と題したレポートを発行しました。

(2013年01月)

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題
第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

(2012年12月)

リスクマネジメント新時代~市場の現実を直視したリスク管理の再考~(Risk in Review 2012)
2011年、急激な変化が起こり、複雑で予測不可能なリスクの高い市場が形成されました。本報告書は新市場に対応するための今後のリスク管理のあり方について説明しています。

(2012年09月)

内部監査全世界実態調査2012 Aligning Internal Audit ~あなたの会社の内部監査は正しいフロアで活動できていますか?~
PwCの内部監査全世界実態調査では、内部監査への期待の増大に焦点をあてています。利害関係者の期待に応えるため、内部監査部門がリスク管理領域の課題に対して果たすべき役割を検討しています。

(2012年09月)

金融サービスにおけるリスク管理と財務管理の総合的なデータ管理~データの正確性を高めることの意義と効果~
経営環境やリスクの変化を的確に把握し迅速かつ適切な対応を行うことは、金融機関における重要な経営課題の1つです。データの正確性に注視することで、データ管理・活用を効果的に行うアプローチをご紹介します。

(2012年09月)

10Minutes 事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)
事業継続(BCP/BCM)に取り組む企業は増えています。事業継続の取り組みは、常に企業を取り巻く環境に対応し見直すことが必要となります。この見直すべき観点について、2011 年APEC CEO 調査の結果を交えて説明します。

(2012年06月)

ファーマ2020:未来のサプライチェーン 岐路に立つ医薬品業界
医薬品業界は、これまで生産および流通の再編にはあまり注力してきませんでしたが、サプライチェーンは研究開発や営業・マーケティングと同様に重要なものです。PwCは、製薬会社が検討するに値する4つのサプライチェーンの選択肢を提示しています。

(2012年06月)

景気回復時における不正発生リスクとその要因
PwCフォレンジックサービスが、景気回復時に特有の不正リスクとその要因を分析・解説しています。不正リスクは経営者が積極的に関与して解決するべき重要な経営課題となっています。

(2012年04月)

グローバル情報セキュリティ調査®2012
PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

(2012年03月)

バンキング・バナナ・スキン 2012
CSFIとPwCが共同で58カ国、700人の銀行業界関係者に対して実施したバンキング・バナナ・スキン調査では、金融システムがなお脆弱であることを反映した結果となりました。

(2012年02月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『米国および日本に迫るユーロ圏のリスク』
本レポートは、ユーロ圏のソブリン債務危機が、米国と日本の政治的・経済的にどのような影響を与えるのかを分析したものです。両国が被るであろうリスクの動向を読み取るのに有益な内容となっています。

(2012年02月)

PwC、「第15回世界CEO意識調査」の結果発表、日本のCEOの9割弱が今後1年間に戦略の見直しを見込む
PwCは「第15回 世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)において発表しました。本調査は、2011年9月~12月に世界60カ国の主要企業の最高経営責任者(CEO)1,258人を対象に実施したものです。

(2012年01月)

経済犯罪意識調査 2011
第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

(2011年12月)

中国における銀行経営に関する調査報告書(2011年調査)
PwC中国が中国銀行業協会と共同で行った第3回「中国における銀行経営に関する報告書(Chinese Bankers Survey 2011)」です。中国の銀行が抱える経営課題や今後の見通しについてアンケート調査に基づいた分析を行っています。

(2011年10月)

ソルベンシーⅡは、どこへ向かうのか
本レポートでは、欧州議会の提案のうち、主要論点について明瞭かつ簡潔に説明するとともに、欧州理事会の提案との比較、さらに今後の動向や保険業界への影響について解説しています。

(2011年08月)

モデル構築に期待される成果
保険会社は、今、財務モデルへ投資することによって、ソルベンシーⅡ導入後に経営上およびビジネス上の利益がもたらされることを期待しています。本報告書では、保険会社がどの程度準備を進めてきているかについて記述しています。

(2011年07月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2011- 保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ
PwCがCSFIと共同で保険業従事者を対象に実施した、直面するリスクの特定とその優先順位についての調査結果をまとめた報告書です。規制が1位で、ほかには自己資本、マクロ経済の動向、運用成績、自然災害などが上位につけています。

(2011年06月)

ソルベンシーⅡ-最新の草案で完全適用の1年延期を示唆
Omnibus Ⅱの最新草案では、ソルベンシーⅡの全要件の適用が、当初予想されていた時期より1年遅い、2014年1月1日まで延期されることが示されています。本レポートは、この最新草案の内容を速報でお伝えするものです。

(2011年06月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

自己資本とリスク管理 - 米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について
ソルベンシーⅡの直接的影響を受けない会社を含め、すべての保険会社がソルベンシーⅡを意識した新たな規制の枠組みに着目するようになってきています。本レポートでは、米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について紹介しています。

(2011年01月)

グローバル情報セキュリティ調査®2011
PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。

(2011年01月)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

Global Treasury Survey 2010 - Can the crisis make treasury stronger? (2010年度トレジャリーサーベイ)
本報告書は、企業のトレジャリー(財務・資金管理)に関する2010年度の調査結果をまとめたものです。グローバルな金融危機とその後の景気停滞に対して、企業のトレジャリーがどのように考え、対処してきたかの調査結果を明らかにしています。

(2010年)

PwC「第13回世界CEO意識調査」を発表
景気後退の長期化という最悪の不安を抱えながらも、CEOは将来への成長に悲観的だった昨年から一転、自信を回復しつつあることが明らかになりました。

(2010年)

点から線へ:バランスシートの総体的管理重視の必要性
近頃、PwCが世界各国の主要金融機関43社に対してバランスシート管理手法に関する調査を行い、リスク・エクスポージャーの分野にはまだ今後の進展を待たねばならない部分が多くあることを明らかにしました。

(2010年)

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響[PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。

(2010年)

バンキング・バナナ・スキン2010
世界の銀行界が最も懸念しているリスクは、政治的関与です。2009年暮れにプライスウォーターハウスクーパースが後援して金融イノベーション研究会が世界の銀行リスク関係者約440名に対して行ったアンケート調査の結果です。

(2010年)

バーゼル銀行監督委員会による「銀行セクターの強靭性を高めるための」提案―新ルールなのか、新しいゲームなのか?
2009年12月17日、バーゼル銀行監督委員会は、国際的な銀行セクターの強靭性を高める目標に向けて、国際的な資本および流動性規制の強化に関する提案を含む2つの市中協議文書を公表しました。

(2010年)

経済犯罪意識調査 2009
第5回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2009」は、54カ国3,037人から回答を得ました。経済的プレッシャーから企業不正が急増しており、世界中の企業の30%が過去12カ月間に不正があったと報告、中間管理職による経済犯罪が急増していることが分かりました。

(2009年)

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表
金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

(2009年)

The future of banking: Point of View - Returning stability to the banks and the banking system[英語] [PDF 1,093KB]
世界的な金融危機が金融機関の根幹までをも揺るがしています。本報告書ではその打開策として、戦略、ビジネスモデル、資本、リスク、規制や統治および人材や報酬などについて説明しています。

(2009年)

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望
2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

(2009年)

銀行業の将来:銀行と銀行システムに安定性の回復
PwCでは、銀行が直面しているさまざまな課題について、戦略設計、ビジネスモデル、資本・リスク管理、ガバナンス、人材と報酬の各分野に焦点を当て、それらの変革に当たって銀行が留意しなければならない事項についてまとめました。

(2009年)

The Day After Tomorrow
金融機関は、現下の世界金融経済危機に対して、危機を拡大させないための足元の対策だけでなく、その後の世界の金融業の姿を展望して今から手を打っていく必要があると考えられています。

(2009年)

流動性リスク管理
ここ数年間表面化してこなかった流動性リスクがいまや最も重要なリスク管理の対象となっています。今後銀行は流動性リスク管理に関する明確な戦略を策定する必要があります。

(2009年)

バーゼルⅡ 第3の柱:銀行にとっての課題
このレポートでは、バーゼルⅡ第3の柱に関する主要問題と開示義務履行で銀行が直面する課題、また、これに取り組むために銀行が次に取るべき重要ステップについて記載しています。

(2009年)

米国金融改革に関するPwC USの見方
米国政府は、2009年6月17日に「新しい基盤:金融監督及び規制の再構築」と題する金融監督規制改革法案を公表しました。本編ではPwC USのレギュラトリーの専門家がまとめた、当改革法案に対する所見を紹介しています。

(2009年)

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
PwCは、2009年2月にThe Economist Intelligence Unit(エコノミスト誌の子会社)の協力を得て、アジア大平洋州の金融業界のM&Aに関するオンライン調査を実施しました。

(2009年)

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売
リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

(2008年)

企業の不正に対する意識と防止・発見対策及び対応について
PwCでは隔年でグローバル・エコノミック・クライム・サーベイ2007(経済犯罪意識調査)を実施しています。

(2008年)

保険業界における全社的リスクマネジメント(ERM)- グローバル調査のサマリー
PwCが世界の先進的な保険会社53社に対し実施した「グローバルERM調査2008」の調査結果(サマリー)です。

(2008年)

変化の会計(Accounting for change ):金融混乱の中における透明性(銀行の2007年年次報告書の調査)
PwCでは、グローバルバンク22行の2007年の財務諸表を対象として、サブプライム問題で問題となった公正価値測定、ストラクチャードファイナンス業務、リスク管理の三点に関する開示に焦点をあて、現行の報告手法が、財務報告の一貫性と透明性の維持について、どの程度有効性を発揮したかについて調査しました。

(2008年)

2008年緊急経済安定化法:制定当初の重要事項と課題
2008年10月3日、2008年緊急経済安定化法が米議会下院で可決され、大統領の署名を経て成立しました。制定当初の重要事項と課題に関する、PwC USのレギュラトリー専門家の解説を紹介しています。

(2008年)

企業犯罪に関する調査 「経済犯罪意識調査 2007」
「経済犯罪意識調査 2007」は40カ国の5,400社を対象に行なわれ、最高経営責任者、最高財務責任者あるいは不正防止・探知に関与している責任者から回答を得ました。

(2007年)

金融検査指摘事例集に見る営業店の顧客情報管理‐態勢構築と事故防止[PDF 35KB]
金融検査指摘事例集に見る営業店の顧客情報管理‐態勢構築と事故防止

(2006年)

成長戦略

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望
未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

中国における外資系銀行2013年版
PwC中国が中国に拠点を置く37の外資系銀行の経営者を対象に実施した調査結果をまとめています。最近の金融制度改革への見方や今後の事業の展望についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2014年09月)

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐
市場としてのアフリカを日本企業はどのように理解すべきでしょうか。将来の人口増や中間層拡大、インフラの課題など、日本企業が関心の高い分野を中心に、成長を続けるサブサハラ・アフリカ市場を俯瞰します。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐
銀行業界が大きく変化する中で、日本の銀行がいかにして収益力のある成長を持続していけるかについてPwCのプロジェクトブルーのフレームワークを使って考察しています。

(2014年08月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2014‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
2014年7月発行の調査レポートでは、ソフトウェア業界のトップ100社が2012年に計上したソフトウェア総売上は2,550億米ドルとなり5%微増にとどまる一方で、同時期のトップ100社のSaaS売上高は200億米ドルとなり60%増加し、ソフトウェア業界のSaaS(Software-as-a-Service)へのシフトが着実に進んでいるということが示されています。

(2014年07月)

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略
東南アジア市場には、邦銀がビジネスを拡大していく上で大きなポテンシャルがあります。しかし、これらの機会を最大限に利用していくためには、新たな戦略、発想およびビジネスの進め方が求められます。

(2014年06月)

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成
(Next generation diversity – Developing tomorrow’s female leaders)
PwCがグローバルで実施した調査では、先進企業はサプライチェーンを戦略的資産として管理し、成長と効率性の両立、差別化に成功していることが明らかになりました。

(2014年06月)

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐
オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

(2014年05月)

インドにおける外資系銀行
PwCインドが作成した外資系銀行に関する調査レポートです。外資系銀行に対する最近の規制の動向、アンケート調査に基づいた外資系銀行のインド市場に対する見方、今後の課題などについてまとめています。

(2014年03月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013
PwCインドネシアによる第4回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では、貸出の成長力が見込め、M&Aを通じた規模の拡大を検討しつつも、規制や業界内の競争激化への対応や優秀な人材確保などが課題としてあげられています。

(2014年03月)

日系企業のグローバル化に関する共同研究‐新興国での成功への示唆に向けて‐
海外展開で実績を有する業界大手21社の海外事業担当役員へのインタビューを基に、グローバル化の進展度合いと課題について分析した産学連携による「日系企業のグローバル化に関する共同研究」の報告書です。

(2014年01月)

インド投資ガイド2013年
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、典型的な課題(外国投資規制、資金拠出形態、外国為替管理規制、直接税、個人所得税、間接税、M&A、移転価格税制)にかかわる専門家によって編集されています。

(2014年01月)

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐
グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

(2013年12月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査
プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

(2013年05月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会
2050年にかけて主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」の最新版であり、新興国経済が今後40年間にわたってG7よりもはるかに速いペースで成長すると結論しています。

(2013年02月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

新しい指導体制、成長への新しい課題 第18回中国共産党全国代表大会
中国は一桁成長という新しい標準、中程度の成長期に向かっており、投資家も国内市場の成長と所得増加に注目すると同時に、グリーンプロジェクトと労働力集約型産業の中部、西部地域への移動に関心が集まっています。

(2012年11月)

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~
PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

(2012年11月)

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)
本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

(2012年11月)

Future of Japan 〜成長への処方箋〜
複雑化する今日のグローバルな事業環境において、自社の舵取りをするため、企業経営者は組織変革の推進にこれまで以上にリーダーシップを発揮しなければならない。

(2012年09月)

世界の新興中間層に向けた、収益力ある成長戦略 ~「次なる40億人」市場から学ぶ
世界の新興中間層市場で収益力ある成長を試みたリーダーたちの戦略に焦点を当てています。本調査はインドの大きな新興中間層に注目しており、この市場にて成功するための興味深い指針を示しています。

(2012年08月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『アジアのフロンティア経済 ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム:同じように見えて、異なる各国』
東南アジアのフロンティア4カ国(ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム)の現時点での工業化レベル、政策、投資に対する姿勢の違いと今後の道筋について分析しています。

(2012年07月)

中国における外資系銀行(2012年調査)
PwC中国が中国に拠点を置く41の外資系銀行の経営者を対象に実施したアンケート調査結果をまとめています。今後の事業の展望や課題についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2012年07月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアによる第3回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では貸出や預金の成長が見込め、支店ネットワークの拡充に注力しつつも、規制対応、欧州債務危機の影響への不安視や有能な人材確保などが課題としてあげられています。

(2012年02月)

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに
本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

(2012年01月)

力強い成長:未知の市場でビジネスチャンスを最大限に活かす
本報告書では、企業が未知の市場で、遭遇する魅力的な機会に伴う数々のリスクをいかに評価するかを、市場参入、プレゼンスの維持、市場撤退の判断という、3段階に分けて検証しています。

(2012年01月)

10Minutes CEOアジェンダ
本報告書は、2012年CEOが重要だと考える検討課題について言及し、PwCによる世界60カ国1,250人超のCEOを対象とした「第15回世界CEO意識調査」と関連調査を基に作成されています。

(2012年01月)

PwC、「第15回世界CEO意識調査」の結果発表、日本のCEOの9割弱が今後1年間に戦略の見直しを見込む
PwCは「第15回 世界CEO意識調査」の結果を世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)において発表しました。本調査は、2011年9月~12月に世界60カ国の主要企業の最高経営責任者(CEO)1,258人を対象に実施したものです。

(2012年01月)

Capital markets in 2025 株式資本市場の未来
21世紀になって最初の約10年の間にクロスボーダーIPOが急増していますが、将来、世界をリードするのはどの市場なのでしょうか。本レポートはIPOの世界動向に着目しアンケート調査を基にこうした疑問について検討しています。

(2011年12月)

Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場
PwCが新たに発表した年次レポート「Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場」によると、世界のカジノ収益は2015年には1,828億米ドルになると予想されています。

(2011年12月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

2050年における銀行業界の展望
PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

(2011年10月)

M&A白書2011~「M&A実態調査2011」調査結果のサマリー~
国内の上場企業および有力未上場企業約6,300社を対象に「2011年度M&A実態調査」を実施し、調査結果をレポート「M&A白書2011」で発表しました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、新興国へのアウトバウンドM&A(日本企業による海外企業のM&A)に着目しています。

(2011年10月)

10Minutes アフリカ投資について
アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

(2011年09月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『東南アジア:ネクスト・ステップ』
本レポートは、変化著しい東南アジア諸国の現在と今後の動向について、政治・経済的な側面から分析したものです。東南アジアにおける産業構造の変化を読み取るのに有益な内容となっています。

(2011年04月)

2050年の世界 加速する世界経済の変動‐課題と好機
2006年3月、PwC英国(PwC)は、2050年までの17主要国のGDPの潜在的成長を予測した報告書を作成しました。この予測は2008年3月に一度見直していますが、この度、世界不況の影響が未だ残る中、調査対象をG20参加国にまで拡大し、改めて検証しました。

(2011年02月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

The Asian engine for global growth
APEC CEOサミット 2010 横浜において、PwCが発表したアジア太平洋の経済動向に関する分析レポートです。

(2010年)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『中国による重大なリバランス行動』
本レポートは、近年、台頭が著しく、いま最も注目を集めている中国の現在と今後の動向について、政治・経済的な側面から分析したものです。既に中国に進出している企業、もしくは進出拡大を検討している企業に有益な内容となっています。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2007年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)とベトナムに関する特集を掲載しています。

(2010年)

「新多国籍企業の台頭(Emerging Multinationals)」を発表
中国およびインドの多国籍企業が海外進出を加速させ、加えてシンガポール、ロシア、マレーシア、韓国企業が追随することで、今後の競争市場の様相は一変するであろうと予測しています。

(2010年)

「Cities of Opportunity -世界の都市力比較」を発表
分析の結果、東京は交通・インフラでトップ、健康・治安、知的資本、テクノロジーの面でも高い水準にある反面、コストや居住適性の面で低いランクになっていることがわかりました。

(2010年)

Vision 2050-主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算
2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

(2010年)

M&A白書2010~「M&A実態調査2009」調査結果のサマリー~
2009年秋に実施した「M&A実態調査」について、PwCは調査に協力した株式会社日経BPコンサルティングとともに「M&A白書2010」として結果をとりまとめました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、国内外の業界再編や海外投資という再編動向にフォーカスしています。

(2010年)

PwC「第13回世界CEO意識調査」を発表
景気後退の長期化という最悪の不安を抱えながらも、CEOは将来への成長に悲観的だった昨年から一転、自信を回復しつつあることが明らかになりました。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第4回 不動産ファンドの合併
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、持分プーリング法とパーチェス法、のれんの会社処理、取得企業の識別、事業の定義や投資証券を取得の対価とする場合の測定日などについて解説しています。

(2010年)

点から線へ:バランスシートの総体的管理重視の必要性
近頃、PwCが世界各国の主要金融機関43社に対してバランスシート管理手法に関する調査を行い、リスク・エクスポージャーの分野にはまだ今後の進展を待たねばならない部分が多くあることを明らかにしました。

(2010年)

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響[PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。

(2010年)

バンキング・バナナ・スキン2010
世界の銀行界が最も懸念しているリスクは、政治的関与です。2009年暮れにプライスウォーターハウスクーパースが後援して金融イノベーション研究会が世界の銀行リスク関係者約440名に対して行ったアンケート調査の結果です。

(2010年)

バーゼル銀行監督委員会による「銀行セクターの強靭性を高めるための」提案―新ルールなのか、新しいゲームなのか?
2009年12月17日、バーゼル銀行監督委員会は、国際的な銀行セクターの強靭性を高める目標に向けて、国際的な資本および流動性規制の強化に関する提案を含む2つの市中協議文書を公表しました。

(2010年)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

(2010年)

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA
本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

(2010年)

Biotech reinvented: Where do you go from here?
バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

(2010年)

Global pharma looks to India: Prospects for growth
インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

(2010年)

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界
研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2009年上半期版-復活後の新たな世界
PwCが半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、アジア太平洋における14の国と地域、および11の産業について分析しています。

(2009年)

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表
金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

(2009年)

The future of banking: Point of View - Returning stability to the banks and the banking system[英語] [PDF 1,093KB]
世界的な金融危機が金融機関の根幹までをも揺るがしています。本報告書ではその打開策として、戦略、ビジネスモデル、資本、リスク、規制や統治および人材や報酬などについて説明しています。

(2009年)

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望
2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

(2009年)

銀行業の将来:銀行と銀行システムに安定性の回復
PwCでは、銀行が直面しているさまざまな課題について、戦略設計、ビジネスモデル、資本・リスク管理、ガバナンス、人材と報酬の各分野に焦点を当て、それらの変革に当たって銀行が留意しなければならない事項についてまとめました。

(2009年)

The Day After Tomorrow
金融機関は、現下の世界金融経済危機に対して、危機を拡大させないための足元の対策だけでなく、その後の世界の金融業の姿を展望して今から手を打っていく必要があると考えられています。

(2009年)

流動性リスク管理
ここ数年間表面化してこなかった流動性リスクがいまや最も重要なリスク管理の対象となっています。今後銀行は流動性リスク管理に関する明確な戦略を策定する必要があります。

(2009年)

バーゼルⅡ 第3の柱:銀行にとっての課題
このレポートでは、バーゼルⅡ第3の柱に関する主要問題と開示義務履行で銀行が直面する課題、また、これに取り組むために銀行が次に取るべき重要ステップについて記載しています。

(2009年)

米国金融改革に関するPwC USの見方
米国政府は、2009年6月17日に「新しい基盤:金融監督及び規制の再構築」と題する金融監督規制改革法案を公表しました。本編ではPwC USのレギュラトリーの専門家がまとめた、当改革法案に対する所見を紹介しています。

(2009年)

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
PwCは、2009年2月にThe Economist Intelligence Unit(エコノミスト誌の子会社)の協力を得て、アジア大平洋州の金融業界のM&Aに関するオンライン調査を実施しました。

(2009年)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

(2009年)

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界
現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

(2009年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2008年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているレポートの最新版を英語ならびに日本語でリリースしました。アジアの経済環境、M&A動向などを分析した上で、今後の市場見通しを発表しています。

(2008年)

The World in 2050: Beyond the BRICs (2050年の世界ーBRICsを超えて)
2025年までに先進国を追い越す中国、新興諸国で最も急速な経済成長を遂げるベトナム、世界の上位に入るインド、ブラジルなどに焦点をあてています。

(2008年)

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売
リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

(2008年)

「M&A実態調査2007」調査結果のサマリー
2003年より隔年で継続的に実施しているM&Aに関する実態調査の結果概要を紹介しています。3回目の本調査では、M&Aにおける実務とディールプロセスに焦点をあてています。

(2008年)

変化の会計(Accounting for change ):金融混乱の中における透明性(銀行の2007年年次報告書の調査)
PwCでは、グローバルバンク22行の2007年の財務諸表を対象として、サブプライム問題で問題となった公正価値測定、ストラクチャードファイナンス業務、リスク管理の三点に関する開示に焦点をあて、現行の報告手法が、財務報告の一貫性と透明性の維持について、どの程度有効性を発揮したかについて調査しました。

(2008年)

2008年緊急経済安定化法:制定当初の重要事項と課題
2008年10月3日、2008年緊急経済安定化法が米議会下院で可決され、大統領の署名を経て成立しました。制定当初の重要事項と課題に関する、PwC USのレギュラトリー専門家の解説を紹介しています。

(2008年)

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?
アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

(2008年)

Key Trends in Human Capital[英語]
PwC Saratoga presents an analysis of key human resource trends facing global businesses based on data collected from 15,000 organisations.

(2008年)

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB]
日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

(2007年)

まちづくりと事業再生
田作 朋雄パートナーが、地方都市における再生案件を例に、個別企業のみの再生ではなく、地域再生を念頭においた広域的な取り組みの必要性について述べています。

(2006年)

事業再生、これからが本番
事業再生は「不良債権処理」だけでは終わらない、その後こそ正念場だ、として田作朋雄パートナーが事業内容の見直しと顧客ニーズにあったビジネスモデルへの転換の必要性を説いています。

(2006年)

サステナビリティ・気候変動

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点
PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

(2014年11月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

炭素予算の破綻
低炭素経済指標2013
PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

(2014年05月)

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-
2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

(2013年07月)

GRIガイドラインG4の概要(第1回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-
2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える前編です。G4の全体的な構成と基本的な考え方について、ガイドラインから読み取れる主要な事項についてまとめています。

(2013年07月)

米国における財務報告上の持続可能性情報開示-Sustainability Accounting Standards Board(SASB)の動向-
米国の非営利の民間団体SASBが財務報告上の持続可能性情報の開示に関する基準策定の動きを活発化させています。理事会メンバーには元SEC委員も加わっていることから、今後の動向が注目されます。

(2013年05月)

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-
まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

(2013年04月)

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~
PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2013年01月)

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。
PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2012年12月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第5回)環境・CSR報告の今後
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ最終回は、近時、話題となっている統合報告と環境・CSR報告との関係を整理し、本稿のまとめとして、環境・CSR報告の今後の方向性を検討します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第4回)環境・CSR報告の現状とニーズ
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第4回は、環境・CSR報告の現状と課題を整理し、同報告の有用性を向上させる鍵となる利用者のニーズを探り、次の最終回とあわせ環境・CSR報告の拡大と有用化に向けた考察を行います。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第3回)環境報告ガイドライン(2012年版)による環境報告の全体像
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第3回は、改訂ガイドラインによる環境報告の全体像を概括的に把握するため、具体的な環境報告のイメージを一覧表にまとめ解説します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性 -環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第2回)環境報告ガイドライン(2012年版)の改訂内容
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第2回は、同ガイドラインの具体的な改訂内容のうち主なもの(基本指針、環境配慮経営、KPI、重要性など)を紹介いたします。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第1回)環境報告ガイドライン(2012年版)の基本的な考え方
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第1回は、環境報告ガイドライン2012年版が環境報告に求める基本的な要件及び改訂に当たっての背景と視点について紹介いたします。

(2012年09月)

(シリーズ)環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-
先般改訂された環境省の環境報告ガイドラインの要点を整理し、多様なステークホルダーを利用者として想定する環境・CSR報告をどのように発展させるべきか、また今後の方向性について考察しています。

(2012年09月)

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

(2012年05月)

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -
PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

(2011年12月)

GHGプロトコル「スコープ3」「プロダクト」スタンダード公表される
温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gases)の算定・開示の基準の開発とその利用促進を進めているGHGプロトコルイニシアチブより、「スコープ3スタンダード」および「プロダクトスタンダード」が公表されました。

(2011年10月)

未来を育てるふくらむ未来
森林・製紙・包装業界は急速に紙の特殊用途、バイオ製品・燃料など新素材の研究開発と製品化を進めています。技術や木質資源調達競争のバリューチェーンを発展させる持続可能な業界モデル、事業モデルを考察します。

(2011年10月)

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響
PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

(2011年08月)

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?
本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

(2011年08月)

事業継続性とサプライチェーンリスク
本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

(2011年08月)

政府エネルギー政策の中間整理の内容と課題
政府の国家戦略室に設置された「エネルギー・環境会議」は、今後のエネルギー政策の基本戦略検討に関しての中間的な報告である「『革新的エネルギー・環境戦略』策定に向けた中間的な整理」をとりまとめました。

(2011年08月)

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)
米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

(2011年07月)

政府による新たなエネルギー政策の検討
政府は、現状のエネルギーシステムに関する課題を踏まえた上で今後の広範なスパンを対象とした戦略を策定するため、首相官邸主導で国家戦略室が携わる政策の1つである革新的エネルギー・環境戦略分野を検討する「エネルギー・環境会議」を発足しました。

(2011年07月)

The sustainability yearbook 2011
PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

(2011年04月)

Carbon Disclosure Project(CDP):Japan 500 Report[日本語]
2010年10月、カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)の日本報告会が開催され、国内大規模企業500社に対するアンケート結果「CDP Japan 500 Report」が発表されました。

(2010年)

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表
金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

(2009年)

オーストラリアの排出量取引制度 産業支援の内容
オーストラリア政府は、前政権からヨーロッパ以外で初めてとなる排出量取引制度導入を表明し、制度の整備を進めており、これが成立すると規制の対象となる業種では大きな影響が予想されます。本稿では、支援策を含めたオーストラリアの排出量取引制度の概要と、制度の影響についてご紹介します。

(2009年)

生物多様性に関する最近の動向について
来年の2010年は国連によって定められた「国際生物多様性年」であり、愛知・名古屋における生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)開催が近づいています。本稿では、最近の生物多様性に関する動きをご紹介します。

(2009年)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 最終回 事例からみる解決策と今後の課題
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について第4回目となる本稿では、企業数社へのヒアリング結果および弊社グループが開催したセミナーのアンケート結果から浮かび上がった課題をご紹介しつつ、マテリアリティ判断を実施する際の留意点やポイントを考えてみます。

(2009年)

日本におけるCSR調達の状況
人権や労働環境など社会面も含めた、サプライチェーン全体のCSR の取り組み(「CSR 調達」)について、注目され初めてから現在までに日本企業はどのように対応しているのか解説していきます。

(2009年)

連載「AA1000」第3回 AA1000セミナー開催報告
第3回目となるAA1000に関する連載である本稿では、あらた監査法人と株式会社あらたサステナビリティ認証機構が主催したセミナー「ステークホルダーから信頼されるCSR報告書を目指して~AA1000改訂とマテリアリティ評価に関する欧州・日本の実務動向~」の結果について報告します。

(2009年)

強化される環境規制 - 2009年に必要な対応のポイント
2009年に改正が予定されており、企業対応が必要となる省エネ法、化学物質管理、土壌汚染防止などの環境規制・法令について、簡単にご紹介いたします。

(2009年)

連載「CSR 報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 第3回 海外企業の状況分析と事例
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、第3回目となる本稿ではAA1000AS採用事例など海外におけるマテリアリティの導入状況の紹介と国内企業との比較をしていきます。

(2009年)

連載「AA1000」第2回 AA1000APSの詳細
AA1000についての連載2回目となる本稿では、AA1000APS(2008)にて定義されている「包括性」の根本原則、「重要性」および「対応性」の2原則についてご紹介いたします。

(2009年)

連載「AA1000」第1回 AA1000AS改訂の概要
サステナビリティレポーティングに対する保証基準であるAA1000 Assurance Standard(以下、AA1000AS)が、本年10月24日に改定されました。今回から3回にわたり、AA1000AS改訂の概要および今後の動向をご紹介いたします。

(2009年)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第2回 国内企業の状況分析と事例
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況に関する第2回目の連載となる本稿では、国内企業による2008年発行のCSR報告書で重要性(マテリアリティ)をどのように導入しているかの事例について詳しく見ていきます。

(2008年)

排出量取引の国内統合市場の試行的実施に向けて
2008年10月21日、政府は先に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」を受け、温室効果ガスの国内排出量取引制度の試行的実施(以下「試行実施」)を行うことを発表しました。市場メカニズムを活用し、技術開発や削減努力を誘導する方法を活用する必要があるとの観点に立って実施されます。

(2008年)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第1回 2008年発行報告書の全般的な動向
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、4回にわたり連載で説明いたします。本稿では、改訂されたGRIのサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン「G3」を中心に解説いたします。

(2008年)

連載「廃棄物」第2回リサイクル関連法に関する最近の動き
廃棄物に関する昨今の動向について、第1回に引き続き、食品リサイクル法、建設リサイクル法、自動車リサイクル法について最近の動きを整理し説明いたします。

(2008年)

古紙配合率の偽装問題を受けて ~取引先・関係者はどこまで求めるべきか、製紙会社はどこまで対応すべきか~
古紙配合率偽装問題が大きな問題となりました。この問題が投げかけたものについて、リサイクル商品に関する制度的な限界があるのか、また「環境配慮製品」の信頼回復に向けて、海外における取り組みやさまざまな森林認証制度などについて解説します。

(2008年)

連載「廃棄物」第1回 リサイクル関連法に関する最近の動き
「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」をはじめとするリサイクル関連法案の完全施行から約5年が経過しています。本レポートでは、各リサイクル関連法案の再検討作業において注目した点と問題点について整理します。

(2008年)

連載「SA8000規格」第4回 SA8000規格(SA8000ガイダンスドキュメント):1.児童労
SA8000を策定したSAIからSA8000 のガイダンスドキュメントが発行されており、規格要求事項の解釈、および監査時の留意事項などが解説されています。本連載では、規格要求事項とその解釈について掲載していきます。

(2007年)

バイオエタノールを中心としたバイオ燃料の動向
バイオ燃料は地球温暖化問題意識の高まりや原油価格高騰を背景に近年世界的に需要が増加している一方、農作物の価格に与える影響など今後食糧問題の新たな要因となる可能性が指摘されています。本稿ではバイオエタノールを中心としたバイオ燃料に関する動向を簡単に説明します。

(2007年)

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動
温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動について、ステークホルダーの関心、諸外国の動向事例の紹介をしながら解説します。

(2007年)

連載「SA8000規格」 第3回 SA8000規格の内容について
SA8000規格について、その目的と対象範囲、要求事項、SA8000への取り組みのオプションを解説します。

(2007年)

連載「SA8000規格」第2回 SA8000の概況~サプライチェーンの労働・人権に関するマネジメント~
SAI (Social Accountability International)が1997年に策定した国際規格SA8000に関し、その特徴、企業にとりSA8000に取組む利点について解説します。

(2007年)

排出事業者の責務を認識し、廃棄物管理のリスク低減を
廃棄物管理に関する動向に関し、有害性の低い廃棄物でも注意が必要な事項、潜在リスクのある安易な処理委託、廃棄物管理の現状把握とリスク削減について解説します。

(2006年)

ステークホルダー・エンゲージメントに向けて~2006年発行のCSR報告書に見る日本企業の関心~
今年は1,000社を超える企業が環境報告書を発行・公表するのではないかと予測されています。2006年に発行された日本各社発行のCSR報告書を通して見える、報告書の名称・内容の変化やステークホルダー・エンゲージメント、これからの課題などについて解説します。

(2006年)

連載「SA8000規格」第1回 サプライチェーンにおける倫理・社会性への関心の高まり
サプライチェーンのCSRマネジメントについて、SA8000を中心に4回に分けて説明していきます。

(2006年)

アスベスト(石綿)に関する環境関連法の改正
「アスベスト問題に係る総合対策」により大気汚染防止法、廃棄物処理法の環境関連法と建築基準法等が改正され、この8月、10月にかけて施行されています。

(2006年)

温室効果ガスの算定方法は算定目的にあわせて
温対法 算定・報告・公表制度が施行は企業への影響も大きい。ただし温室効果ガス(GHG)の「算定の目的」は多くあり、算定目的に合った方法の選択が必要であり、その対応のためエネルギー使用量等の基礎的な活動量データ管理が重要となる。

(2006年)

ゼロエミッションの質向上と不法投棄リスクの軽減
多くの企業では、「排出事業者は廃掃法を遵守していればよい」との考えのもと委託処理業者まかせであることがほとんどですが、そのリスク軽減およびゼロエミッションの質向上を解説します。

(2006年)

「ステークホルダーの特定」について考える
企業の社会的責任(CSR)への関心が高まるにつれて、ステークホルダー・エンゲージメントへの関心も高まっています。本稿ではステークホルダーの特定の方法、解決すべき課題からステークホルダーの抽出方法について解説します。

(2006年)

AA1000SES -世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準-
組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの具体的な要求事項およびクライテリアを解説します。

(2006年)

AA1000SES -世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準-~AA1000SESの目的と対象~
組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの構成、目的と対象、The Stakeholder Engagement Manual について解説します。

(2006年)

ISAE3000の発効と日本への影響
欧州連合(EU)の上場企業は国際財務報告基準(IFRS)に準拠して財務諸表を作成し、会計監査は国際監査基準(ISA)に準拠して行われるようになりました。EUのサステナビリティ報告書の保証への影響があるISAE3000改訂や日本の動向を解説します。

(2005年)

WWFゴールドスタンダード―ハイクオリティーな炭素クレジットのためのベンチマーク
京都議定書で定められたCDMのルールはUNFCCCのCDM理事会で具体化されてきていますが、WWF(世界自然保護基金)ではより質の高いCDM/JI事業を実現するために独自の基準であるゴールドスタンダード(GS)を推進しています。

(2004年)

AA1000 Assurance Standard―世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準
“AA1000 Assurance Standard”とはイギリスのNGOであるAccountAbilityが2003年3月に公表したもので、世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準といわれており、その作成にはPwCも主要メンバーとして参加しました。

(2004年)

人材マネジメント

統合報告を見据えた企業情報開示の課題と挑戦‐日本と英国の調査結果からの示唆‐
PwC UKとPwC Japanが実施した企業情報開示に関する調査では、依然多くの企業が大きな改善余地を残す結果となっています。調査結果から判明した実践的な12の開示のヒントを開示の好事例とともにご紹介します。

(2014年11月)

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望
未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題
技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成
(Next generation diversity – Developing tomorrow’s female leaders)
PwCがグローバルで実施した調査では、先進企業はサプライチェーンを戦略的資産として管理し、成長と効率性の両立、差別化に成功していることが明らかになりました。

(2014年06月)

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について
グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

(2013年12月)

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査 ‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐
PwCが実施した「アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査」では、調査に参加した企業のCEOへの意識調査を通じて、アジア地域の各企業が直面する「人材」にまつわる課題の分析や、必要となる施策の提言を行っています。

(2013年07月)

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-
PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」では、人材の需給マッチやコスト削減といった、世界の企業のリーダーが抱える人材にかかわる課題意識と今後の方向性について、その分析結果を報告しています。

(2013年06月)

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~
「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

(2012年12月)

役員報酬サーベイ 2012
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。今回の調査では、役員報酬の水準が減少し、企業統治の観点からは報酬委員会の設置企業数・開催回数が増加したことが明らかになっています。

(2012年11月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアによる第3回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では貸出や預金の成長が見込め、支店ネットワークの拡充に注力しつつも、規制対応、欧州債務危機の影響への不安視や有能な人材確保などが課題としてあげられています。

(2012年02月)

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに
本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

(2012年01月)

力強い成長:未知の市場でビジネスチャンスを最大限に活かす
本報告書では、企業が未知の市場で、遭遇する魅力的な機会に伴う数々のリスクをいかに評価するかを、市場参入、プレゼンスの維持、市場撤退の判断という、3段階に分けて検証しています。

(2012年01月)

10Minutes CEOアジェンダ
本報告書は、2012年CEOが重要だと考える検討課題について言及し、PwCによる世界60カ国1,250人超のCEOを対象とした「第15回世界CEO意識調査」と関連調査を基に作成されています。

(2012年01月)

21世紀世代の社会進出
この先の将来、企業の中枢を担う若手人材(世界75カ国4,364名)にアンケート調査を行い、若い世代の仕事や会社への期待を分析し、その期待に応えるために会社に必要な施策について提言を行っています。

(2011年12月)

役員報酬サーベイ 2011
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ 2011」では役員報酬の水準が経済危機前の水準まで回復し、多くの役位で報酬額は上昇傾向にあることがわかりました。

(2011年12月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

役員報酬サーベイ 2010
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ2010」では、2010年3月施行の改正内閣府令を受けた開示の実態を明らかにし、開示の充実度は企業や項目で異なるという結果を得ています。

(2010年)

役員報酬制度と個別報酬額の開示 ~内閣府令のポイントと対応策~
2010年3月31日に、今年度(3月31日決算企業)より、個別報酬額を含む役員報酬やガバナンスに関する企業内容の一層の開示を義務付ける内閣府令が発表されました。経済界を中心に強い反発もありましたが、概ね金融庁の当初案のとおり実施されるようです。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2007年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)とベトナムに関する特集を掲載しています。

(2010年)

M&A白書2010~「M&A実態調査2009」調査結果のサマリー~
2009年秋に実施した「M&A実態調査」について、PwCは調査に協力した株式会社日経BPコンサルティングとともに「M&A白書2010」として結果をとりまとめました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、国内外の業界再編や海外投資という再編動向にフォーカスしています。

(2010年)

PwC「第13回世界CEO意識調査」を発表
景気後退の長期化という最悪の不安を抱えながらも、CEOは将来への成長に悲観的だった昨年から一転、自信を回復しつつあることが明らかになりました。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2009年上半期版-復活後の新たな世界
PwCが半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、アジア太平洋における14の国と地域、および11の産業について分析しています。

(2009年)

役員報酬サーベイ 2009
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。2008年度調査では、これまで増加傾向にあった役員報酬水準は、一転して減少していることが明らかになりました。

(2009年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2008年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているレポートの最新版を英語ならびに日本語でリリースしました。アジアの経済環境、M&A動向などを分析した上で、今後の市場見通しを発表しています。

(2008年)

「M&A実態調査2007」調査結果のサマリー
2003年より隔年で継続的に実施しているM&Aに関する実態調査の結果概要を紹介しています。3回目の本調査では、M&Aにおける実務とディールプロセスに焦点をあてています。

(2008年)

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB]
日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

(2007年)

まちづくりと事業再生
田作 朋雄パートナーが、地方都市における再生案件を例に、個別企業のみの再生ではなく、地域再生を念頭においた広域的な取り組みの必要性について述べています。

(2006年)

事業再生、これからが本番
事業再生は「不良債権処理」だけでは終わらない、その後こそ正念場だ、として田作朋雄パートナーが事業内容の見直しと顧客ニーズにあったビジネスモデルへの転換の必要性を説いています。

(2006年)

サービス:
 

ディールアドバイザリー

事業再生・経営改革

まちづくりと事業再生
田作 朋雄パートナーが、地方都市における再生案件を例に、個別企業のみの再生ではなく、地域再生を念頭においた広域的な取り組みの必要性について述べています。

(2006年)

事業再生、これからが本番
事業再生は「不良債権処理」だけでは終わらない、その後こそ正念場だ、として田作朋雄パートナーが事業内容の見直しと顧客ニーズにあったビジネスモデルへの転換の必要性を説いています。

(2006年)

トランザクションサービス

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

世界の新興中間層に向けた、収益力ある成長戦略 ~「次なる40億人」市場から学ぶ
世界の新興中間層市場で収益力ある成長を試みたリーダーたちの戦略に焦点を当てています。本調査はインドの大きな新興中間層に注目しており、この市場にて成功するための興味深い指針を示しています。

(2012年08月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『アジアのフロンティア経済 ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム:同じように見えて、異なる各国』
東南アジアのフロンティア4カ国(ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム)の現時点での工業化レベル、政策、投資に対する姿勢の違いと今後の道筋について分析しています。

(2012年07月)

ディールの成功者となるために:成長市場に向かうディールメーカーのためのガイド
PwCは成長市場における200件超のディールを事例分析し、企業がリスクを管理し、成長市場でディールを成功させるにはどうすべきかについて提言しています。

(2012年03月)

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに
本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

(2012年01月)

力強い成長:未知の市場でビジネスチャンスを最大限に活かす
本報告書では、企業が未知の市場で、遭遇する魅力的な機会に伴う数々のリスクをいかに評価するかを、市場参入、プレゼンスの維持、市場撤退の判断という、3段階に分けて検証しています。

(2012年01月)

M&A白書2011~「M&A実態調査2011」調査結果のサマリー~
国内の上場企業および有力未上場企業約6,300社を対象に「2011年度M&A実態調査」を実施し、調査結果をレポート「M&A白書2011」で発表しました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、新興国へのアウトバウンドM&A(日本企業による海外企業のM&A)に着目しています。

(2011年10月)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2010年下半期版-二つの景気回復:世界とアジア
PwCでは、毎年半期ごとに「Asia-Pacific M&A Bulletin」を発行しており、このたび2010年下半期版をリリースしました。本レポートは、アジア太平洋14カ国・地域におけるM&A動向を政治的・マクロ経済的な視点から振り返るとともに、今後の市場見通しについて述べています。

(2011年04月)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2009年下半期版-世界経済回復の旗手
PwCでは毎年半期ごとに「Asia-Pacific M&A Bulletin」を発行しており、このたび2009年下半期版をリリースしました。アジア太平洋14カ国・地域における足元の経済環境、M&A動向を振り返るとともに、今後の市場見通しについて述べています。

(2010年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2009年上半期版-復活後の新たな世界
PwCが半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、アジア太平洋における14の国と地域、および11の産業について分析しています。

(2009年)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2008年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているレポートの最新版を英語ならびに日本語でリリースしました。アジアの経済環境、M&A動向などを分析した上で、今後の市場見通しを発表しています。

(2008年)

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB]
日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

(2007年)

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

Diagnostics 2011:M&Aの急増、遺伝子診断の加速や早期診断がもたらす新たな展望 エグゼクティブサマリー
Diagnostics2011は、急成長中の体外診断薬分野に関するPwCのレビューで、この分野のディール件数増加、コンパニオン診断にかかわる製薬業界との提携拡大、早期発見検査の傾向について調査しました。

(2012年06月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

Asia-Pacific M&A Bulletin 2007年下半期
PwCが毎年半期ごとに発行しているM&Aの動向に関するレポートで、ソブリン・ウェルス・ファンド(SWF)とベトナムに関する特集を掲載しています。

(2010年)

M&A白書2010~「M&A実態調査2009」調査結果のサマリー~
2009年秋に実施した「M&A実態調査」について、PwCは調査に協力した株式会社日経BPコンサルティングとともに「M&A白書2010」として結果をとりまとめました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、国内外の業界再編や海外投資という再編動向にフォーカスしています。

(2010年)

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
PwCは、2009年2月にThe Economist Intelligence Unit(エコノミスト誌の子会社)の協力を得て、アジア大平洋州の金融業界のM&Aに関するオンライン調査を実施しました。

(2009年)

「M&A実態調査2007」調査結果のサマリー
2003年より隔年で継続的に実施しているM&Aに関する実態調査の結果概要を紹介しています。3回目の本調査では、M&Aにおける実務とディールプロセスに焦点をあてています。

(2008年)

PPP(官民パートナーシップ)・インフラ

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014
本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japanで抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。

(2014年09月)

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く
世界27都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」2012年報告書をインフラ視点で掘り下げ、経済・社会インフラ整備の成熟度や、需要に対する充足度の評価比較、将来的なインフラ成長の可能性について分析しています。

(2014年05月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)
PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

(2013年01月)

戦略的なインフラ‐効果的かつ効率的なインフラにおけるプライオリティーと供給への一歩‐
World Economic ForumとPwCが共同作成した本レポートでは、政府が経済インフラ投資の優先順位を決定し、効果的にプロジェクトを推進し、経済発展を実現するためのフレームワークとケーススタディを提供しています

(2012年09月)

Making it happen 地方自治体が成果目標を達成するためのロードマップ
PwCが世界の都市を対象に実施したグローバル調査より、64都市の回答に注目し、現代における都市のリーダーが成果目標を達成するために取るべきアクションを、PwCの見解として述べています。

(2012年06月)

「Cities of Opportunity - 世界の都市力比較 2011」を発表
東京の総合評価は26都市中14位と全体の中位となりました。持続可能性、コストおよび人口構成の点においては下位クラス、自然災害のリスクでは最下位の結果になっています。

(2011年05月)

社会資本 維持も民間活用
官公庁・公的機関の前グループリーダー(パートナー) 野田由美子による論文。「日本経済新聞」2006年9月1日版「経済教室」に掲載。

(2006年)

市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益 [PDF 2,208KB]
市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益

(2006年)

PFI事業のプロセスと効果的な進め方 第1回~第12回 [PDF 15,082KB]
PPP・インフラ政府部門アジア太平洋地区代表 野田 由美子がPFI NEWSに寄稿した記事を紹介します。

(2006年)

フォレンジックサービス

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響
本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

(2014年09月)

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版
「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

(2014年03月)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)
95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

(2014年03月)

汚職リスクに対する効果的なアプローチ
汚職リスクをどのようにして定量的に評価し、企業の統制環境を整え、企業の発展に貢献するのか。PwCの効果的なアプローチの手法はこちらにあります。

(2014年02月)

腐敗行為防止のIQを高める
厳しくなる汚職規制に合わせて、企業のコンプライアンスプログラムも柔軟に対応する必要があります。企業が贈収賄行為を防ぎ、適切なコンプライアンス環境で事業を行うためのアドバイスを提示します。

(2013年04月)

When in Rome 英国贈収賄防止法の高等教育機関への影響
英国贈収賄防止法がどのように高等教育機関に影響を及ぼすかについて事例を挙げて解説しており、企業のビジネスにも共通して当てはまる多くの教訓や、対応策が含まれます。

(2012年06月)

経済犯罪意識調査 2011
第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

(2011年12月)

全般

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版
PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。

(2014年02月)

コンサルティング

ストラテジー

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐
オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

(2014年05月)

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐
グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

(2013年12月)

新しい指導体制、成長への新しい課題 第18回中国共産党全国代表大会
中国は一桁成長という新しい標準、中程度の成長期に向かっており、投資家も国内市場の成長と所得増加に注目すると同時に、グリーンプロジェクトと労働力集約型産業の中部、西部地域への移動に関心が集まっています。

(2012年11月)

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~
PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

(2012年11月)

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)
本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

(2012年11月)

Future of Japan 〜成長への処方箋〜
複雑化する今日のグローバルな事業環境において、自社の舵取りをするため、企業経営者は組織変革の推進にこれまで以上にリーダーシップを発揮しなければならない。

(2012年09月)

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界
ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

(2012年06月)

Insurance 2020
保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

(2012年01月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

Seeing the wood for the trees
本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

(2011年11月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

2050年における銀行業界の展望
PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

(2011年10月)

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

(2011年07月)

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める
国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

(2011年04月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

(2010年)

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA
本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

(2010年)

Biotech reinvented: Where do you go from here?
バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

(2010年)

Global pharma looks to India: Prospects for growth
インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

(2010年)

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界
研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

(2010年)

第12回経営者意識調査(Global CEO Survey)をダボス会議で発表
金融危機の拡大を反映し、今後の事業見通しに対する経営者の自信は急落、景気回復は今後3年間で緩やかなものになると予測していることが明らかになりました。

(2009年)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

(2009年)

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界
現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

(2009年)

The World in 2050: Beyond the BRICs (2050年の世界ーBRICsを超えて)
2025年までに先進国を追い越す中国、新興諸国で最も急速な経済成長を遂げるベトナム、世界の上位に入るインド、ブラジルなどに焦点をあてています。

(2008年)

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?
アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

(2008年)

オペレーションズ(CRM/SCM)

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~
PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

(2012年11月)

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)
本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

(2012年11月)

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界
ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

(2012年06月)

Insurance 2020
保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

(2012年01月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

(2011年07月)

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める
国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

(2011年04月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

10Minutes 戦略的サプライチェーンマネジメント
先進企業は、サプライチェーンを戦略的資産として扱い、成長と効率化を両立しています。本10minutesでは、サプライチェーンがビジネス戦略に与える影響の大きさ、同業他社と差別化するための方法を示しています。

(2014年05月)

10Minutes サプライチェーンの柔軟性
ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

(2013年06月)

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果
PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

(2013年06月)

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~
「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

(2012年12月)

Seeing the wood for the trees
本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

(2011年11月)

2050年における銀行業界の展望
PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

(2011年10月)

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響
PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

(2011年08月)

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?
本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

(2011年08月)

事業継続性とサプライチェーンリスク
本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

(2011年08月)

The sustainability yearbook 2011
PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

(2011年04月)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

ファイナンス&アカウンティング

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について
グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

(2013年12月)

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査
プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

(2013年05月)

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題
第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

(2012年12月)

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees
不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

(2011年12月)

人事・チェンジマネジメント

未来の働き方‐2022年までの変遷と展望
未来の人材マネジメントはどう変わるのでしょうか?本報告書では2022年までを展望し、その8年間に起きるさまざまな労働環境の変化を3つのワールド・オブ・ワークのシナリオとして紹介します。

(2014年10月)

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題
技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

(2014年09月)

次世代のダイバーシティ‐未来の女性リーダーの育成
(Next generation diversity – Developing tomorrow’s female leaders)
PwCがグローバルで実施した調査では、先進企業はサプライチェーンを戦略的資産として管理し、成長と効率性の両立、差別化に成功していることが明らかになりました。

(2014年06月)

アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査 ‐グローバル化に苦しむ日本企業が今後どのような人材戦略をとるべきか、まずはアジアにおける現状を知る‐
PwCが実施した「アジア地域におけるタレントマネジメントの動向調査」では、調査に参加した企業のCEOへの意識調査を通じて、アジア地域の各企業が直面する「人材」にまつわる課題の分析や、必要となる施策の提言を行っています。

(2013年07月)

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-
PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」では、人材の需給マッチやコスト削減といった、世界の企業のリーダーが抱える人材にかかわる課題意識と今後の方向性について、その分析結果を報告しています。

(2013年06月)

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~
「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

(2012年12月)

役員報酬サーベイ 2012
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。今回の調査では、役員報酬の水準が減少し、企業統治の観点からは報酬委員会の設置企業数・開催回数が増加したことが明らかになっています。

(2012年11月)

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)
本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

(2012年11月)

21世紀世代の社会進出
この先の将来、企業の中枢を担う若手人材(世界75カ国4,364名)にアンケート調査を行い、若い世代の仕事や会社への期待を分析し、その期待に応えるために会社に必要な施策について提言を行っています。

(2011年12月)

役員報酬サーベイ 2011
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ 2011」では役員報酬の水準が経済危機前の水準まで回復し、多くの役位で報酬額は上昇傾向にあることがわかりました。

(2011年12月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

役員報酬サーベイ 2010
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。「役員報酬サーベイ2010」では、2010年3月施行の改正内閣府令を受けた開示の実態を明らかにし、開示の充実度は企業や項目で異なるという結果を得ています。

(2010年)

役員報酬制度と個別報酬額の開示 ~内閣府令のポイントと対応策~
2010年3月31日に、今年度(3月31日決算企業)より、個別報酬額を含む役員報酬やガバナンスに関する企業内容の一層の開示を義務付ける内閣府令が発表されました。経済界を中心に強い反発もありましたが、概ね金融庁の当初案のとおり実施されるようです。

(2010年)

役員報酬サーベイ 2009
PwCでは、役員報酬の制度設計などに関する基礎データを収集するために、役員制度・報酬水準の動向を調査しています。2008年度調査では、これまで増加傾向にあった役員報酬水準は、一転して減少していることが明らかになりました。

(2009年)

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?
アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

(2008年)

Key Trends in Human Capital[英語]
PwC Saratoga presents an analysis of key human resource trends facing global businesses based on data collected from 15,000 organisations.

(2008年)

テクノロジー

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐
モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

(2014年07月)

サイバーセキュリティの疑問に答える‐継続的な取り組みの必要性‐
PwC米国が発行した本文書は、企業によるサイバーセキュリティ対策の疑問に答える提言を示したものであり、日本でもサイバーリスクの開示義務が課された場合には、重要なヒントとなることでしょう。

(2014年04月)

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版
「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

(2014年03月)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)
95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

(2014年03月)

グローバル情報セキュリティ調査®
「グローバル情報セキュリティ調査®」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

(2014年02月)

IT-BCPサーベイ2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

(2013年12月)

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐
国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が大きな社会問題となっており、もはやITの問題ではなく組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。

(2013年09月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
ソフトウェア業界の動向を調査・分析したグローバル100ソフトウェア・リーダー・レポートでは、クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデル変革の鍵になると述べています。

(2013年07月)

Digital IQ調査 日本分析版
日本企業のクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータ、モバイルテクノロジー、企業のIT戦略についての投資状況、活用方法や課題について、グローバル企業との比較を行っています。

(2013年07月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

(2013年04月)

グローバル情報セキュリティ調査®2013
「グローバル情報セキュリティ調査®」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。

(2013年01月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016
PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

(2012年06月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

(2012年05月)

グローバル情報セキュリティ調査®2012
PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、動向などについてまとめています。

(2012年03月)

新興市場におけるプレゼンスをどのように構築するか~非公開企業の経験をもとに
本報告書は、世界中の17にわたる業界のBRICsとそれに続く新興市場における事業の展開を検討しているか、既に事業を展開している158人もの非金融・非公開企業の企業幹部の協力を得て作成しています。

(2012年01月)

経済犯罪意識調査 2011
第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

(2011年12月)

グローバル情報セキュリティ調査®2011
PwCが、「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。企業のCEO、CFO、CIO、CSO、IT・情報セキュリティ部門の責任者からデータを収集し、情報セキュリティ管理の実態、経済情勢による影響、投資と予算、トレンドなどについてまとめています。

(2011年01月)

サイバーセキュリティ

営業秘密の窃取がもたらす経済的影響
本報告書「営業秘密の窃取がもたらす経済的影響」には、顧客情報や知的財産などの営業秘密を保護するためのフレームワークを提示しています。これにより、セキュリティ対策の優先度や費用対効果を明確にすることができます。

(2014年09月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争』
PwC Japanでは、米Eurasia Groupと日本における共同マーケティング活動をしており、「サイバーポリティクス:国家と市民がしのぎを削るハイテク軍備競争」と題した共同レポートを発行しました。

(2014年08月)

10Minutes データプライバシー
企業は、顧客データの保護(法令遵守や信頼を得るため)と活用(収益性を向上させるため)のバランスをいかにして取ればよいのでしょうか。本10Minutesでは、効果的な先進事例を紹介しています。

(2014年04月)

グローバル情報セキュリティ調査®
「グローバル情報セキュリティ調査®」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。世界の経営層から回答を得て、企業の情報セキュリティに関する諸問題、対策状況、投資動向等を分析、レポートします。

(2014年02月)

アナリティクス

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較
Consumer Intelligence Series
PwCは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の結果をまとめました。

(2014年10月)

グローバル化支援

中国における外資系銀行2013年版
PwC中国が中国に拠点を置く37の外資系銀行の経営者を対象に実施した調査結果をまとめています。最近の金融制度改革への見方や今後の事業の展望についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2014年09月)

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐
市場としてのアフリカを日本企業はどのように理解すべきでしょうか。将来の人口増や中間層拡大、インフラの課題など、日本企業が関心の高い分野を中心に、成長を続けるサブサハラ・アフリカ市場を俯瞰します。

(2014年09月)

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題
技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

(2014年09月)

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて
PwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月から8月にかけてAPEC諸国・地域のビジネスリーダーを対象に調査および詳細なインタビューを行い、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめました。

(2014年06月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018
第15回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

(2014年06月)

経済成長が著しいアフリカで電力インフラ改革をPwCが支援
Confident, committed and connected - PwC Africa power & utilities statement of capabilities
PwCはアフリカの31カ国にオフィスを持ち、65年以上のビジネス経験を有しています。今後、アフリカにて電力関連ビジネスを展開する日本企業をさまざまなプロフェッショナルサービスにてご支援します。PwCのサービスをご説明する資料です。

(2014年06月)

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略
東南アジア市場には、邦銀がビジネスを拡大していく上で大きなポテンシャルがあります。しかし、これらの機会を最大限に利用していくためには、新たな戦略、発想およびビジネスの進め方が求められます。

(2014年06月)

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く
世界27都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」2012年報告書をインフラ視点で掘り下げ、経済・社会インフラ整備の成熟度や、需要に対する充足度の評価比較、将来的なインフラ成長の可能性について分析しています。

(2014年05月)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)
95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

(2014年03月)

インドにおける外資系銀行
PwCインドが作成した外資系銀行に関する調査レポートです。外資系銀行に対する最近の規制の動向、アンケート調査に基づいた外資系銀行のインド市場に対する見方、今後の課題などについてまとめています。

(2014年03月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013
PwCインドネシアによる第4回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では、貸出の成長力が見込め、M&Aを通じた規模の拡大を検討しつつも、規制や業界内の競争激化への対応や優秀な人材確保などが課題としてあげられています。

(2014年03月)

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版
PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。

(2014年02月)

日系企業のグローバル化に関する共同研究‐新興国での成功への示唆に向けて‐
海外展開で実績を有する業界大手21社の海外事業担当役員へのインタビューを基に、グローバル化の進展度合いと課題について分析した産学連携による「日系企業のグローバル化に関する共同研究」の報告書です。

(2014年01月)

インド投資ガイド2013年
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識と経験に基づき、典型的な課題(外国投資規制、資金拠出形態、外国為替管理規制、直接税、個人所得税、間接税、M&A、移転価格税制)にかかわる専門家によって編集されています。

(2014年01月)

10Minutes‐グローバル・ビジネス・サービス(GBS)による価値の創造について
グローバル・ビジネス・サービス(GBS)は、ビジネス戦略や顧客ニーズに合わせて変革された業務プロセスやM&A等に迅速に対応可能な組織の柔軟性を保持し、グローバルな事業拡大に貢献できる組織です。

(2013年12月)

新市場における成長 ‐「どのように」取り組むかですべてが決まる‐
グローバル先進企業が如何にグローバル化においてリスクを最小化し、新市場において長期的な成功の機会を最大化しているかという事例を紹介します。

(2013年12月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『日本の対外関係とリスク:中国、韓国、台湾関係』
PwC JapanのストラテジックパートナーであるEurasia Groupとの共同マーケティング活動の一環として発行された本レポートは、領土問題などにより緊張が高まっている東アジア地域と日本とのリスクついて分析したものです。

(2013年10月)

中国という選択‐多国籍企業から見た投資環境‐ 中国開発フォーラム2013 調査報告書
多国籍企業は中国における投資機会をどう見据えているのでしょうか。多国籍企業227社のCEOから得た回答に基づく分析と11人のCEOとのインタビューを行い、今後の対中投資を方針を考えるためのヒントを提供します。

(2013年09月)

グローバル化する経理・財務部門‐日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する調査
プライスウォーターハウスクーパース(株式会社)は、日本企業の海外進出における経理・財務部門の課題と実態に関する3項目についてアンケート調査を実施しました。

(2013年05月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会
2050年にかけて主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」の最新版であり、新興国経済が今後40年間にわたってG7よりもはるかに速いペースで成長すると結論しています。

(2013年02月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

Future of Japan インタビュー集~10人のビジネスリーダーが語る成長への処方箋~
PwCが、産官学の有職者へのインタビューのコメントをまとめた「Future of Japan~成長への処方箋~」に付随し、特に日本の国づくりに方向性を与える示唆をいただいた方々のコメントをより詳細に伝える目的で発行した10人のビジネスリーダーへのインタビュー集です。

(2012年11月)

ミャンマー投資ガイド(Myanmar Business Guides/August 2012日本語抄訳)
本ミャンマー投資ガイドは、ミャンマーでビジネスを営むための実務的なガイダインスや留意事項、ミャンマーの経済状況や投資環境、税制・人事・雇用など、様々な情報を包括的に提供することを目的としています。

(2012年11月)

Cities of Opportunity-世界の都市力比較 2012
東京の総合評価は、昨年から4ランク上昇し、27都市中10位となりました。交通・インフラは上位ですが、持続可能性・自然環境が下位、産業・生活コストは最下位となり、ビジネスや生活コストの改善がみられないことが伺えます。

(2012年10月)

世界の新興中間層に向けた、収益力ある成長戦略 ~「次なる40億人」市場から学ぶ
世界の新興中間層市場で収益力ある成長を試みたリーダーたちの戦略に焦点を当てています。本調査はインドの大きな新興中間層に注目しており、この市場にて成功するための興味深い指針を示しています。

(2012年08月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『アジアのフロンティア経済 ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム:同じように見えて、異なる各国』
東南アジアのフロンティア4カ国(ミャンマー、ラオス、カンボジア、ベトナム)の現時点での工業化レベル、政策、投資に対する姿勢の違いと今後の道筋について分析しています。

(2012年07月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアによる第3回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では貸出や預金の成長が見込め、支店ネットワークの拡充に注力しつつも、規制対応、欧州債務危機の影響への不安視や有能な人材確保などが課題としてあげられています。

(2012年02月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『米国および日本に迫るユーロ圏のリスク』
本レポートは、ユーロ圏のソブリン債務危機が、米国と日本の政治的・経済的にどのような影響を与えるのかを分析したものです。両国が被るであろうリスクの動向を読み取るのに有益な内容となっています。

(2012年02月)

10Minutes CEOアジェンダ
本報告書は、2012年CEOが重要だと考える検討課題について言及し、PwCによる世界60カ国1,250人超のCEOを対象とした「第15回世界CEO意識調査」と関連調査を基に作成されています。

(2012年01月)

Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場
PwCが新たに発表した年次レポート「Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場」によると、世界のカジノ収益は2015年には1,828億米ドルになると予想されています。

(2011年12月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

M&A白書2011~「M&A実態調査2011」調査結果のサマリー~
国内の上場企業および有力未上場企業約6,300社を対象に「2011年度M&A実態調査」を実施し、調査結果をレポート「M&A白書2011」で発表しました。今回の調査では、昨今のM&Aトレンドとして、新興国へのアウトバウンドM&A(日本企業による海外企業のM&A)に着目しています。

(2011年10月)

The Asian engine for global growth
APEC CEOサミット 2010 横浜において、PwCが発表したアジア太平洋の経済動向に関する分析レポートです。

(2010年)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『中国による重大なリバランス行動』
本レポートは、近年、台頭が著しく、いま最も注目を集めている中国の現在と今後の動向について、政治・経済的な側面から分析したものです。既に中国に進出している企業、もしくは進出拡大を検討している企業に有益な内容となっています。

(2010年)

サステナビリティ

サステナビリティ情報開示

GRIガイドラインG4の概要(第2回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-
2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える後編です。G4の中で最もボリュームがあり具体的な内容を示している標準開示の概要および統合報告との関係を含めた今後の企業報告の方向性などについてまとめています。

(2013年07月)

GRIガイドラインG4の概要(第1回)-G4 Sustainability Reporting Guideline-
2013年5月に公表されたGRIの最新版ガイドラインG4の概要について、2回に分けて考える前編です。G4の全体的な構成と基本的な考え方について、ガイドラインから読み取れる主要な事項についてまとめています。

(2013年07月)

米国における財務報告上の持続可能性情報開示-Sustainability Accounting Standards Board(SASB)の動向-
米国の非営利の民間団体SASBが財務報告上の持続可能性情報の開示に関する基準策定の動きを活発化させています。理事会メンバーには元SEC委員も加わっていることから、今後の動向が注目されます。

(2013年05月)

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-
まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

(2013年04月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第5回)環境・CSR報告の今後
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ最終回は、近時、話題となっている統合報告と環境・CSR報告との関係を整理し、本稿のまとめとして、環境・CSR報告の今後の方向性を検討します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第4回)環境・CSR報告の現状とニーズ
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第4回は、環境・CSR報告の現状と課題を整理し、同報告の有用性を向上させる鍵となる利用者のニーズを探り、次の最終回とあわせ環境・CSR報告の拡大と有用化に向けた考察を行います。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第3回)環境報告ガイドライン(2012年版)による環境報告の全体像
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第3回は、改訂ガイドラインによる環境報告の全体像を概括的に把握するため、具体的な環境報告のイメージを一覧表にまとめ解説します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性 -環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第2回)環境報告ガイドライン(2012年版)の改訂内容
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第2回は、同ガイドラインの具体的な改訂内容のうち主なもの(基本指針、環境配慮経営、KPI、重要性など)を紹介いたします。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第1回)環境報告ガイドライン(2012年版)の基本的な考え方
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第1回は、環境報告ガイドライン2012年版が環境報告に求める基本的な要件及び改訂に当たっての背景と視点について紹介いたします。

(2012年09月)

(シリーズ)環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-
先般改訂された環境省の環境報告ガイドラインの要点を整理し、多様なステークホルダーを利用者として想定する環境・CSR報告をどのように発展させるべきか、また今後の方向性について考察しています。

(2012年09月)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 最終回 事例からみる解決策と今後の課題
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について第4回目となる本稿では、企業数社へのヒアリング結果および弊社グループが開催したセミナーのアンケート結果から浮かび上がった課題をご紹介しつつ、マテリアリティ判断を実施する際の留意点やポイントを考えてみます。

(2009年)

連載「AA1000」第3回 AA1000セミナー開催報告
第3回目となるAA1000に関する連載である本稿では、あらた監査法人と株式会社あらたサステナビリティ認証機構が主催したセミナー「ステークホルダーから信頼されるCSR報告書を目指して~AA1000改訂とマテリアリティ評価に関する欧州・日本の実務動向~」の結果について報告します。

(2009年)

連載「CSR 報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」 第3回 海外企業の状況分析と事例
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、第3回目となる本稿ではAA1000AS採用事例など海外におけるマテリアリティの導入状況の紹介と国内企業との比較をしていきます。

(2009年)

連載「AA1000」第2回 AA1000APSの詳細
AA1000についての連載2回目となる本稿では、AA1000APS(2008)にて定義されている「包括性」の根本原則、「重要性」および「対応性」の2原則についてご紹介いたします。

(2009年)

連載「AA1000」第1回 AA1000AS改訂の概要
サステナビリティレポーティングに対する保証基準であるAA1000 Assurance Standard(以下、AA1000AS)が、本年10月24日に改定されました。今回から3回にわたり、AA1000AS改訂の概要および今後の動向をご紹介いたします。

(2009年)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第2回 国内企業の状況分析と事例
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況に関する第2回目の連載となる本稿では、国内企業による2008年発行のCSR報告書で重要性(マテリアリティ)をどのように導入しているかの事例について詳しく見ていきます。

(2008年)

連載「CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況」第1回 2008年発行報告書の全般的な動向
CSR報告書からみる重要性(マテリアリティ)の導入状況について、4回にわたり連載で説明いたします。本稿では、改訂されたGRIのサステナビリティ・レポーティング・ガイドライン「G3」を中心に解説いたします。

(2008年)

連載「SA8000規格」第4回 SA8000規格(SA8000ガイダンスドキュメント):1.児童労
SA8000を策定したSAIからSA8000 のガイダンスドキュメントが発行されており、規格要求事項の解釈、および監査時の留意事項などが解説されています。本連載では、規格要求事項とその解釈について掲載していきます。

(2007年)

連載「SA8000規格」 第3回 SA8000規格の内容について
SA8000規格について、その目的と対象範囲、要求事項、SA8000への取り組みのオプションを解説します。

(2007年)

連載「SA8000規格」第2回 SA8000の概況~サプライチェーンの労働・人権に関するマネジメント~
SAI (Social Accountability International)が1997年に策定した国際規格SA8000に関し、その特徴、企業にとりSA8000に取組む利点について解説します。

(2007年)

ステークホルダー・エンゲージメントに向けて~2006年発行のCSR報告書に見る日本企業の関心~
今年は1,000社を超える企業が環境報告書を発行・公表するのではないかと予測されています。2006年に発行された日本各社発行のCSR報告書を通して見える、報告書の名称・内容の変化やステークホルダー・エンゲージメント、これからの課題などについて解説します。

(2006年)

「ステークホルダーの特定」について考える
企業の社会的責任(CSR)への関心が高まるにつれて、ステークホルダー・エンゲージメントへの関心も高まっています。本稿ではステークホルダーの特定の方法、解決すべき課題からステークホルダーの抽出方法について解説します。

(2006年)

AA1000SES -世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準-
組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの具体的な要求事項およびクライテリアを解説します。

(2006年)

AA1000SES -世界最初のステークホルダー・エンゲージメントに関する基準-~AA1000SESの目的と対象~
組織、企業、保証提供者等幅広い利用者を対象とした世界最初のステークホルダーに関する包括的な基準であるA1000SESの構成、目的と対象、The Stakeholder Engagement Manual について解説します。

(2006年)

ISAE3000の発効と日本への影響
欧州連合(EU)の上場企業は国際財務報告基準(IFRS)に準拠して財務諸表を作成し、会計監査は国際監査基準(ISA)に準拠して行われるようになりました。EUのサステナビリティ報告書の保証への影響があるISAE3000改訂や日本の動向を解説します。

(2005年)

AA1000 Assurance Standard―世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準
“AA1000 Assurance Standard”とはイギリスのNGOであるAccountAbilityが2003年3月に公表したもので、世界最初のサステナビリティ報告に関する保証基準といわれており、その作成にはPwCも主要メンバーとして参加しました。

(2004年)

気候変動/温暖化対策

GHGプロトコル「スコープ3」「プロダクト」スタンダード公表される
温室効果ガス(GHG:Greenhouse Gases)の算定・開示の基準の開発とその利用促進を進めているGHGプロトコルイニシアチブより、「スコープ3スタンダード」および「プロダクトスタンダード」が公表されました。

(2011年10月)

政府エネルギー政策の中間整理の内容と課題
政府の国家戦略室に設置された「エネルギー・環境会議」は、今後のエネルギー政策の基本戦略検討に関しての中間的な報告である「『革新的エネルギー・環境戦略』策定に向けた中間的な整理」をとりまとめました。

(2011年08月)

政府による新たなエネルギー政策の検討
政府は、現状のエネルギーシステムに関する課題を踏まえた上で今後の広範なスパンを対象とした戦略を策定するため、首相官邸主導で国家戦略室が携わる政策の1つである革新的エネルギー・環境戦略分野を検討する「エネルギー・環境会議」を発足しました。

(2011年07月)

Carbon Disclosure Project(CDP):Japan 500 Report[日本語]
2010年10月、カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)の日本報告会が開催され、国内大規模企業500社に対するアンケート結果「CDP Japan 500 Report」が発表されました。

(2010年)

オーストラリアの排出量取引制度 産業支援の内容
オーストラリア政府は、前政権からヨーロッパ以外で初めてとなる排出量取引制度導入を表明し、制度の整備を進めており、これが成立すると規制の対象となる業種では大きな影響が予想されます。本稿では、支援策を含めたオーストラリアの排出量取引制度の概要と、制度の影響についてご紹介します。

(2009年)

強化される環境規制 - 2009年に必要な対応のポイント
2009年に改正が予定されており、企業対応が必要となる省エネ法、化学物質管理、土壌汚染防止などの環境規制・法令について、簡単にご紹介いたします。

(2009年)

排出量取引の国内統合市場の試行的実施に向けて
2008年10月21日、政府は先に閣議決定された「低炭素社会づくり行動計画」を受け、温室効果ガスの国内排出量取引制度の試行的実施(以下「試行実施」)を行うことを発表しました。市場メカニズムを活用し、技術開発や削減努力を誘導する方法を活用する必要があるとの観点に立って実施されます。

(2008年)

バイオエタノールを中心としたバイオ燃料の動向
バイオ燃料は地球温暖化問題意識の高まりや原油価格高騰を背景に近年世界的に需要が増加している一方、農作物の価格に与える影響など今後食糧問題の新たな要因となる可能性が指摘されています。本稿ではバイオエタノールを中心としたバイオ燃料に関する動向を簡単に説明します。

(2007年)

温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動
温室効果ガス排出量の絶対量での削減が求められる経済活動について、ステークホルダーの関心、諸外国の動向事例の紹介をしながら解説します。

(2007年)

温室効果ガスの算定方法は算定目的にあわせて
温対法 算定・報告・公表制度が施行は企業への影響も大きい。ただし温室効果ガス(GHG)の「算定の目的」は多くあり、算定目的に合った方法の選択が必要であり、その対応のためエネルギー使用量等の基礎的な活動量データ管理が重要となる。

(2006年)

WWFゴールドスタンダード―ハイクオリティーな炭素クレジットのためのベンチマーク
京都議定書で定められたCDMのルールはUNFCCCのCDM理事会で具体化されてきていますが、WWF(世界自然保護基金)ではより質の高いCDM/JI事業を実現するために独自の基準であるゴールドスタンダード(GS)を推進しています。

(2004年)

環境マネジメント

生物多様性に関する最近の動向について
来年の2010年は国連によって定められた「国際生物多様性年」であり、愛知・名古屋における生物多様性条約第10回締結国会議(COP10)開催が近づいています。本稿では、最近の生物多様性に関する動きをご紹介します。

(2009年)

連載「廃棄物」第2回リサイクル関連法に関する最近の動き
廃棄物に関する昨今の動向について、第1回に引き続き、食品リサイクル法、建設リサイクル法、自動車リサイクル法について最近の動きを整理し説明いたします。

(2008年)

古紙配合率の偽装問題を受けて ~取引先・関係者はどこまで求めるべきか、製紙会社はどこまで対応すべきか~
古紙配合率偽装問題が大きな問題となりました。この問題が投げかけたものについて、リサイクル商品に関する制度的な限界があるのか、また「環境配慮製品」の信頼回復に向けて、海外における取り組みやさまざまな森林認証制度などについて解説します。

(2008年)

連載「廃棄物」第1回 リサイクル関連法に関する最近の動き
「資源の有効な利用の促進に関する法律(資源有効利用促進法)」をはじめとするリサイクル関連法案の完全施行から約5年が経過しています。本レポートでは、各リサイクル関連法案の再検討作業において注目した点と問題点について整理します。

(2008年)

排出事業者の責務を認識し、廃棄物管理のリスク低減を
廃棄物管理に関する動向に関し、有害性の低い廃棄物でも注意が必要な事項、潜在リスクのある安易な処理委託、廃棄物管理の現状把握とリスク削減について解説します。

(2006年)

アスベスト(石綿)に関する環境関連法の改正
「アスベスト問題に係る総合対策」により大気汚染防止法、廃棄物処理法の環境関連法と建築基準法等が改正され、この8月、10月にかけて施行されています。

(2006年)

ゼロエミッションの質向上と不法投棄リスクの軽減
多くの企業では、「排出事業者は廃掃法を遵守していればよい」との考えのもと委託処理業者まかせであることがほとんどですが、そのリスク軽減およびゼロエミッションの質向上を解説します。

(2006年)

サステナブルサプライチェーン

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)
米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

(2011年07月)

日本におけるCSR調達の状況
人権や労働環境など社会面も含めた、サプライチェーン全体のCSR の取り組み(「CSR 調達」)について、注目され初めてから現在までに日本企業はどのように対応しているのか解説していきます。

(2009年)

連載「SA8000規格」第1回 サプライチェーンにおける倫理・社会性への関心の高まり
サプライチェーンのCSRマネジメントについて、SA8000を中心に4回に分けて説明していきます。

(2006年)

新興国進出(BoP/インクルーシブビジネス)

10Minutes アフリカ投資について
アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

(2011年09月)

全般

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点
PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

(2014年11月)

炭素予算の破綻
低炭素経済指標2013
PwCが2013年に調査した第5回目の「低炭素経済指標」の結果、世界の気温上昇を2100年時点で平均2度以下に抑えるためには世界全体のGDP当たり炭素排出量を毎年6%削減する必要があることがわかりました。

(2014年05月)

10Minutes サプライチェーンの柔軟性
ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

(2013年06月)

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果
PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

(2013年06月)

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~
「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

(2012年12月)

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

コーポレートレスポンシビリティから生みだされる企業価値
東日本大震災を契機として、企業の社会的責任の果たし方・開示の仕方が見直されています。本レポートは、米国での最新動向を起点に、企業価値向上に貢献する、企業の社会的責任に関する情報開示のあり方を考察します。

(2011年12月)

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -
PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

(2011年12月)

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響
PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

(2011年08月)

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?
本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

(2011年08月)

事業継続性とサプライチェーンリスク
本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

(2011年08月)

The sustainability yearbook 2011
PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

(2011年04月)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学(TEEB)
国連の研究調査「ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学」によると、評価方法や分析方法がより良くなれば、世界の自然資本に関する大規模なビジネスやその影響の調査が一層促進される、と報告しています。

(2010年)

Vision 2050-主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算
2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

(2010年)

電力システム改革

電力小売市場意識調査 2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を想定し、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。

(2014年10月)

電力業界における国際財務報告基準(IFRS)
Financial reporting in the power and utilities industry
電力業界におけるIFRS適用時の一般的な会計論点や今後、日本でも設立される電力市場で取引される金融商品に対する会計的な論点などについて説明したレポートです。

(2014年07月)

需要家の変化が市場のルールを変える時代に
Staying ahead in an era of game-changing customer transformation
電力需要家の要望の多様化やあらたな事業者の参入などにより、電力市場のルールは変化に面しています。ビジネスモデルが変化していく中、電力業界のトップエグゼクティブやエキスパートを招いてラウンドテーブルが開催されました。電力業界の今後の変化についてさまざまな視点で討議した内容を紹介します。

(2014年06月)

経済成長が著しいアフリカで電力インフラ改革をPwCが支援
Confident, committed and connected - PwC Africa power & utilities statement of capabilities
PwCはアフリカの31カ国にオフィスを持ち、65年以上のビジネス経験を有しています。今後、アフリカにて電力関連ビジネスを展開する日本企業をさまざまなプロフェッショナルサービスにてご支援します。PwCのサービスをご説明する資料です。

(2014年06月)

オーストラリアの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCオーストラリア法人のマーク・コーリンを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

ドイツの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCドイツ法人のユーティリティ&レギュレーションのクラウス・ゲルデスとヤン-フレデリック・ツォクラーを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

今後の電力業界‐需要家主導へシフト
Utility of the future- A customer-led shift in the electricity sector
これまでの電力需要家は、公平で合理的な価格で電力サービスを受動的な立場で受け取ってきました。しかし、電力需要家の購買力はますます強くなり、期待する要望も増していく傾向にあります。本レポートは、電力業界が今後10年を見据えてどのように変革すべきかを説明しています。

(2014年05月)

スマートメーターおよびスマートグリッドの最新グローバル動向
PwCスマートグリッドグローバルリーダーのプロジェクト経験をもとに、グローバルの事例を交えた、最新のスマートメーターやスマートグリッドの動向を説明した資料です。

(2014年02月)

英国の改革事例から読み解く日本の電力市場の将来~市場参加者が直面する課題とチャンス
PwC英国ユーティリティチームが20年余りにわたって取り組んできた英国電力市場改革の経験と、自由化された英国電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2013年10月)

電力小売市場調査
本調査は、電力の小売り全面自由化により、一般家庭における電力会社乗り換えに関する意識調査をしたものです。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、電力料金低下率と電力会社乗換率に関する相関関係を明らかにしています。

(2013年10月)

再生可能エネルギー

Power & Renewables Deals
‐2014年の展望と2013年のレビュー‐
本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

(2014年04月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク』
PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group との共同マーケティング活動の一環として「2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク」と題したレポートを発行しました。

(2013年01月)

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~
PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2013年01月)

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。
PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2012年12月)

スマートコミュニティサービス

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)
PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

(2013年01月)

IFRS

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐
本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

(2013年11月)

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号
この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

(2012年10月)

Industry specific IFRS packs 2011 - Energy & resources
エネルギー・資源業界固有の実務および損益に重要な影響をもたらす今後のIFRS変更について、PwCの見解と経験を紹介し、ビジネスへの影響にどう備えるかについて支援します。

(2012年01月)

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees
不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

(2011年12月)

10Minutes 借手のリース会計の行方
米国会計基準および国際会計基準で、リース会計の大幅な改革が検討されています。最終規則は2011年中頃になると予想されますが、本報告書では当該リース会計の変更案とその趣旨を検討しています。

(2011年08月)

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
2010年6月に公表された公開草案「顧客との契約から生じる収益」は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。

(2011年05月)

保険IFRSの動向 - IASB/FASB保険契約プロジェクト
国際会計基準審議会(IASB)および米国の財務会計基準審議会(FASB)は、IASBの公開草案「保険契約」に対するコメント締切後の2010年12月より最終基準書の策定に向けた合同審議を再開しています。PwCでは、この合同審議会へ参加した際の情報に基づき、会議ごとの要旨を公表しています。

(2010年)

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)
投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第4回 不動産ファンドの合併
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、持分プーリング法とパーチェス法、のれんの会社処理、取得企業の識別、事業の定義や投資証券を取得の対価とする場合の測定日などについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第3回 連結およびSPCに対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関する論点についてまとめています。今回は、IFRSにおける連結の規定、IFRSにおける「支配」の概念、潜在的支配や特別目的事業体の連結などについて解説しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第2回 投資不動産に対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、不動産に関するIFRSの規定、投資不動産の範囲、投資不動産の認識・測定、不動産の振替および日本でのコンバージェンスの動きなどについて解説しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第1回 日本基準と国際財務報告基準のコンバージェンス
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本の会計基準とIFRSのコンバージェンスに向けた動き、海外でのIFRS適用の動向、および不動産ファンドに対する影響などについて解説しています。

(2009年)

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較
投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

(2009年)

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細
PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

(2008年)

統合報告(Integrated Reporting)

コーポレートパフォーマンス:投資家は何を知りたがっているのか?‐調整後業績数値を公表するにあたって‐
経営者と投資家双方にとって有意義な情報開示とは何でしょうか? 本報告書では、PwCによるグローバル投資家サーベイから、調整後業績数値(APM)の開示のポイントと改善機会を解説します。

(2014年10月)

10Minutes‐統合報告‐
「日本版スチュワードシップ・コード」など、企業と投資家の実りある対話の充実が期待されています。そのためのツールの1つとして「統合報告」に積極的に取り組む企業の事例や取り組みのポイントを解説します。

(2014年10月)

Exploring reporting‐投資専門家が石油およびガス会社による報告に求めているものは何か?‐
PwCの調査の結果、石油およびガス会社のコーポレートレポーティングについて、投資家やアナリストが改善を望んでいる領域があることが示されました。

(2014年05月)

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐
PwCの調査の結果、鉱業会社のコーポレートレポーティングについて、投資家やアナリストが改善を望んでいる領域があることが示されました。

(2014年05月)

持続可能な社会構築に向けた統合報告の役割 -統合報告フレームワークのプロトタイプ-
まもなくIIRCにより統合報告フレームワークの最終版が公表される予定です。この公開を前に、本稿ではプロトタイプの枠組みや要点を概観、統合報告の内容の再確認や、社会的意義について検討します。

(2013年04月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第5回)環境・CSR報告の今後
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ最終回は、近時、話題となっている統合報告と環境・CSR報告との関係を整理し、本稿のまとめとして、環境・CSR報告の今後の方向性を検討します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第4回)環境・CSR報告の現状とニーズ
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第4回は、環境・CSR報告の現状と課題を整理し、同報告の有用性を向上させる鍵となる利用者のニーズを探り、次の最終回とあわせ環境・CSR報告の拡大と有用化に向けた考察を行います。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第3回)環境報告ガイドライン(2012年版)による環境報告の全体像
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第3回は、改訂ガイドラインによる環境報告の全体像を概括的に把握するため、具体的な環境報告のイメージを一覧表にまとめ解説します。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性 -環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第2回)環境報告ガイドライン(2012年版)の改訂内容
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第2回は、同ガイドラインの具体的な改訂内容のうち主なもの(基本指針、環境配慮経営、KPI、重要性など)を紹介いたします。

(2012年10月)

環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-(シリーズ第1回)環境報告ガイドライン(2012年版)の基本的な考え方
環境・CSR報告の今後の方向性を検討する本シリーズ第1回は、環境報告ガイドライン2012年版が環境報告に求める基本的な要件及び改訂に当たっての背景と視点について紹介いたします。

(2012年09月)

(シリーズ)環境・CSR報告の方向性-環境報告ガイドライン2012年版の公表に際して-
先般改訂された環境省の環境報告ガイドラインの要点を整理し、多様なステークホルダーを利用者として想定する環境・CSR報告をどのように発展させるべきか、また今後の方向性について考察しています。

(2012年09月)

コーポレートレスポンシビリティから生みだされる企業価値
東日本大震災を契機として、企業の社会的責任の果たし方・開示の仕方が見直されています。本レポートは、米国での最新動向を起点に、企業価値向上に貢献する、企業の社会的責任に関する情報開示のあり方を考察します。

(2011年12月)

レポーティング~企業を映す鏡として
簡潔かつ統合的にビジネスの全体像を、説得力をもって表現するためにはどのような工夫を凝らすべきかについてPwCの見解を示しています。

(2010年)

事業継続管理(BCM)

IT-BCPサーベイ2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

(2013年12月)

10Minutes サプライチェーンの柔軟性
ビジネス環境が日々変化する中、サプライチェーンを戦略的資産と位置づけ、サプライチェーンを構築する上で重要な柔軟性や俊敏性をより高める戦略について記載しています。

(2013年06月)

「グローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013」調査結果
PwC、PRTMマネジメントコンサルタンツはグローバル・サプライチェーン・サーベイ 2013の調査結果を発表しました。9回目となる本調査は、あらゆる規模や業種にわたる企業の、欧州、北米、アジア地域の500を超えるサプライチェーン責任者を対象に、PwCが2012年5月~7月に調査を実施し、その結果をまとめたものです。

(2013年06月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

(2013年04月)

10Minutes 事業継続管理(Business Continuity Management:BCM)
事業継続(BCP/BCM)に取り組む企業は増えています。事業継続の取り組みは、常に企業を取り巻く環境に対応し見直すことが必要となります。この見直すべき観点について、2011 年APEC CEO 調査の結果を交えて説明します。

(2012年06月)

ファーマ2020:未来のサプライチェーン 岐路に立つ医薬品業界
医薬品業界は、これまで生産および流通の再編にはあまり注力してきませんでしたが、サプライチェーンは研究開発や営業・マーケティングと同様に重要なものです。PwCは、製薬会社が検討するに値する4つのサプライチェーンの選択肢を提示しています。

(2012年06月)

コーポレートレスポンシビリティから生みだされる企業価値
東日本大震災を契機として、企業の社会的責任の果たし方・開示の仕方が見直されています。本レポートは、米国での最新動向を起点に、企業価値向上に貢献する、企業の社会的責任に関する情報開示のあり方を考察します。

(2011年12月)

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -
PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

(2011年12月)

PwC産業分析レポート - 東日本大震災による産業界への影響
PwC Japanは、東日本大震災が日本や世界の産業界に与えた影響や原因を分析し、自動車、エネルギー、原子力発電、家電・半導体、製造、小売、食品飲料、医薬品、金融、保険の業界別にレポートにしました。

(2011年08月)

東日本大震災とその後 BCPは適切に機能したのだろうか?
本報告書では2011年3月11日に発生した東日本大震災を起因として、これからの震災対応を考えるビジネスリーダーに対し、震災後の危機管理、事業継続管理(BCM)を提言しています。

(2011年08月)

事業継続性とサプライチェーンリスク
本報告書では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響により分断されたサプライチェーンについて触れ、企業のサプライチェーンリスクを見直しするための方向性の提言を行っています。

(2011年08月)

The sustainability yearbook 2011
PwCとSAM Groupは、共同レポートとしては7回目となる「Sustainability yearbook 2011」を発表しました。企業の持続可能性に関する活動の概観をまとめています。

(2011年04月)

PwC「第14回世界CEO意識調査」を発表
日本のCEOの73%は、今後1年間の業績見通しについて自信があると回答し、一昨年の50%、昨年の44%から大きく改善しました。しかし、リーマンショック前の水準を回復するには至っていません。

(2011年01月)

サステナビリティ総合レポート『Big Picture ~サステナビリティの未来を考える』
PwCは、一貫した客観的情報と中長期的視点に基づき、メガトレンドから、ガバナンスと経営、業界分析まで広範かつ包括的に論考した「国内初のサステナビリティの総合レポート」を発行しました。

(2010年)

ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学(TEEB)
国連の研究調査「ビジネスのための生態系と生物多様性の経済学」によると、評価方法や分析方法がより良くなれば、世界の自然資本に関する大規模なビジネスやその影響の調査が一層促進される、と報告しています。

(2010年)

Vision 2050-主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算
2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

(2010年)

業種:
 

自動車

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版
PwCが行った、グローバルにおける自動車部品サプライヤーの2013年の業界動向(業績およびM&A動向)を調査・分析した最新レポートです。将来的に統合が加速する分野の予測などの示唆を含みます。

(2014年02月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

(2012年05月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書 2011年版-
本調査報告書は長期的なEVの成功のための決定的要因を調べるために実施されました。自動車産業に関係する様々なセクターの参加者からの回答が含まれており、主要な結果についてPwCの見解を加え報告しています。

(2011年09月)

中国における財務報告および内部統制の改善機会
グローバル経済における中国の地位が向上し、中国の財務報告の強化およびグローバルスタンダードへの整合の必要性は中国政府にとって重要な課題となっています。

(2011年07月)

成長の再創造 自動車産業界サマリー
PwCの「第14回世界CEO意識調査」における自動車産業界に関する調査結果で、世界20カ国、50人の自動車産業界のCEOへのインタビューを基に作成されています。

(2011年07月)

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
2010年6月に公表された公開草案「顧客との契約から生じる収益」は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。

(2011年05月)

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

医薬・ライフサイエンス

ファーマ2020:ビジョンから決断へ
今回のレポートでは企業が将来にわたり、より有利な条件でベネフィットを得ることのできる位置に2020年時点で就いているためにすべきこと、およびシニアマネジメントが行うべき重要な意思決定事項に焦点を絞り、議論を展開しています。

(2012年11月)

ファーマ2020:未来のサプライチェーン 岐路に立つ医薬品業界
医薬品業界は、これまで生産および流通の再編にはあまり注力してきませんでしたが、サプライチェーンは研究開発や営業・マーケティングと同様に重要なものです。PwCは、製薬会社が検討するに値する4つのサプライチェーンの選択肢を提示しています。

(2012年06月)

Diagnostics 2011:M&Aの急増、遺伝子診断の加速や早期診断がもたらす新たな展望 エグゼクティブサマリー
Diagnostics2011は、急成長中の体外診断薬分野に関するPwCのレビューで、この分野のディール件数増加、コンパニオン診断にかかわる製薬業界との提携拡大、早期発見検査の傾向について調査しました。

(2012年06月)

ファーマ2020シリーズ:岐路に立つ医薬品業界
ファーマ2020シリーズでは、現在の医薬品企業の課題や問題点を調査・分析、2020年にいたる業界の動向や今後想定される課題について論じられています。

(2012年06月)

Asia-Pacific Pharma Newsletter
アジア太平洋各国のPwCの医薬およびライフサイエンスの専門家が、各国の新規規制、薬価および保険償還に関連する問題、税務・会計上の話題、コンプライアンス、およびM&Aに関連するニュース等について論じています。

(2011年12月)

医療テクノロジーにおけるイノベーションスコアカード(Medical Technology Innovation Scorecard)
PwCによる本報告書は、変貌する医療テクノロジーイノベーションに関し調査、分析した結果をまとめたものです。調査結果として、イノベーション創出における先進国と新興国の格差が急速に縮小していることが明らかになりました。

(2011年11月)

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

Improving America's Health V: A survey of the working relationship between the life sciences industry and FDA
本調査はPwCの医薬・ライフサイエンス研究開発アドバイザリーチームとカリフォルニア州南部の550社をメンバーとする世界最大級のライフサイエンス関連の団体であるBIOCOMの共同作業により実施されました。

(2010年02月)

Biotech reinvented: Where do you go from here?
バイオテクノロジー企業と医薬品企業はより高い価値を創造するために協力していく必要があります。各国政府は医療費削減に取り組む一方で、新薬創出はより困難になってきています。

(2010年02月)

Global pharma looks to India: Prospects for growth
インドの医薬品企業はある分野においてはグローバル医薬品企業の競合となりますが、一方他の分野では提携相手ともなり得ます。本レポートではインドの医薬品業界の5つの特徴を中心に論じています。

(2010年02月)

ファーマ2020:バーチャルR&D 岐路に立つ医薬品業界
研究開発の生産性を高めるドライバーの今後の展望を示すとともに、医療費支払者、医療サービス提供者、患者に対してより大きなベネフィットを提供し、同時に関係する各者に利益をもたらすような革新的な製品の開発を行うアプローチを紹介しています。

(2010年01月)

ファーマ 2020:ビジョン 岐路に立つ医薬品業界
現在の医薬品業界のビジネスモデルが、経済的な視点からは持続不可能であり、また日常業務の観点からはグローバル市場で必要とされている画期的な治療法を提供するための行動を迅速に実行できていないと指摘しています。

(2009年06月)

アジアにおける製薬アウトソーシングの変化の原動力:目標を再調整していますか?
アジアにおける製薬アウトソーシングの劇的な変化と発展に着目した報告書です。

(2008年09月)

エネルギー・資源

電力小売市場意識調査 2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社では、電力の小売全面自由化を想定し、日本全国の一般家庭における電力需要家の意識調査を行いました。

(2014年10月)

電力業界における国際財務報告基準(IFRS)
Financial reporting in the power and utilities industry
電力業界におけるIFRS適用時の一般的な会計論点や今後、日本でも設立される電力市場で取引される金融商品に対する会計的な論点などについて説明したレポートです。

(2014年07月)

需要家の変化が市場のルールを変える時代に
Staying ahead in an era of game-changing customer transformation
電力需要家の要望の多様化やあらたな事業者の参入などにより、電力市場のルールは変化に面しています。ビジネスモデルが変化していく中、電力業界のトップエグゼクティブやエキスパートを招いてラウンドテーブルが開催されました。電力業界の今後の変化についてさまざまな視点で討議した内容を紹介します。

(2014年06月)

経済成長が著しいアフリカで電力インフラ改革をPwCが支援
Confident, committed and connected - PwC Africa power & utilities statement of capabilities
PwCはアフリカの31カ国にオフィスを持ち、65年以上のビジネス経験を有しています。今後、アフリカにて電力関連ビジネスを展開する日本企業をさまざまなプロフェッショナルサービスにてご支援します。PwCのサービスをご説明する資料です。

(2014年06月)

オーストラリアの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCオーストラリア法人のマーク・コーリンを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

ドイツの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCドイツ法人のユーティリティ&レギュレーションのクラウス・ゲルデスとヤン-フレデリック・ツォクラーを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

今後の電力業界‐需要家主導へシフト
Utility of the future- A customer-led shift in the electricity sector
これまでの電力需要家は、公平で合理的な価格で電力サービスを受動的な立場で受け取ってきました。しかし、電力需要家の購買力はますます強くなり、期待する要望も増していく傾向にあります。本レポートは、電力業界が今後10年を見据えてどのように変革すべきかを説明しています。

(2014年05月)

Exploring reporting‐投資専門家が石油およびガス会社による報告に求めているものは何か?‐
PwCの調査の結果、石油およびガス会社のコーポレートレポーティングについて、投資家やアナリストが改善を望んでいる領域があることが示されました。

(2014年05月)

Extracting value‐投資専門家が鉱業会社による報告に求めているものは何か?‐
PwCの調査の結果、鉱業会社のコーポレートレポーティングについて、投資家やアナリストが改善を望んでいる領域があることが示されました。

(2014年05月)

Power & Renewables Deals
‐2014年の展望と2013年のレビュー‐
本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

(2014年04月)

スマートメーターおよびスマートグリッドの最新グローバル動向
PwCスマートグリッドグローバルリーダーのプロジェクト経験をもとに、グローバルの事例を交えた、最新のスマートメーターやスマートグリッドの動向を説明した資料です。

(2014年02月)

英国の改革事例から読み解く日本の電力市場の将来~市場参加者が直面する課題とチャンス
PwC英国ユーティリティチームが20年余りにわたって取り組んできた英国電力市場改革の経験と、自由化された英国電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2013年10月)

電力小売市場調査
本調査は、電力の小売り全面自由化により、一般家庭における電力会社乗り換えに関する意識調査をしたものです。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、電力料金低下率と電力会社乗換率に関する相関関係を明らかにしています。

(2013年10月)

シェールオイル ‐次世代エネルギー革命‐
シェールオイルの潜在的な利用可能性、および国際石油価格の増加を制限するシェールオイルの生産量増加の潜在的な影響は、石油産業を超えて影響を与えるため、その変化に対応するための戦略を検討することが重要です。

(2013年08月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

Eurasia Group・PwC Japan共同レポート『2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク』
PwC Japanでは、ストラテジックパートナーであるEurasia Group との共同マーケティング活動の一環として「2013年エネルギー・金属市場に関連する政治リスク」と題したレポートを発行しました。

(2013年01月)

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~
PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2013年01月)

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。
PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2012年12月)

Financial reporting in the oil and gas industry
国際財務報告基準(IFRS)では詳細なガイドが提供されていない、石油およびガス業界に固有な論点の会計実務について、豊富な実例とともに解説しています。

(2012年01月)

Industry specific IFRS packs 2011 - Energy & resources
エネルギー・資源業界固有の実務および損益に重要な影響をもたらす今後のIFRS変更について、PwCの見解と経験を紹介し、ビジネスへの影響にどう備えるかについて支援します。

(2012年01月)

持続可能なマテリアル - Minerals and metals scarcity in manufacturing -
PwCでは、天然鉱物資源の枯渇(コンフリクト・ミネラル:Conflict Mineral)に関し企業経営層を対象に調査、天然鉱物資源の不足の重要性や影響度について、地域別、セクター別の特徴を明らかにしています。

(2011年12月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書 2011年版-
本調査報告書は長期的なEVの成功のための決定的要因を調べるために実施されました。自動車産業に関係する様々なセクターの参加者からの回答が含まれており、主要な結果についてPwCの見解を加え報告しています。

(2011年09月)

中国における財務報告および内部統制の改善機会
グローバル経済における中国の地位が向上し、中国の財務報告の強化およびグローバルスタンダードへの整合の必要性は中国政府にとって重要な課題となっています。

(2011年07月)

成長の再創造 自動車産業界サマリー
PwCの「第14回世界CEO意識調査」における自動車産業界に関する調査結果で、世界20カ国、50人の自動車産業界のCEOへのインタビューを基に作成されています。

(2011年07月)

紛争鉱物(サプライチェーンを把握する)
米国金融規制改革法(ドッドフランク法)において紛争鉱物の使用に関する開示義務が盛り込まれ、最終規則は2011年8月~12月に公表予定です。本レポートは、規則案の概要および求められる対応を簡潔にまとめています。

(2011年07月)

収益認識と自動車産業:新しい基準への移行
2010年6月に公表された公開草案「顧客との契約から生じる収益」は履行義務を充足した時点で収益を認識するという、単一の、契約に基づく資産負債モデルを提案しています。

(2011年05月)

Disclosures Related to Use of "Conflict Minerals"
本レポートでは、 2010年12月に公表された紛争鉱物の使用に関する開示規則案の概要と、企業に求められる対応について報告しています。

(2011年02月)

森林・製紙・包材

未来を育てるふくらむ未来
森林・製紙・包装業界は急速に紙の特殊用途、バイオ製品・燃料など新素材の研究開発と製品化を進めています。技術や木質資源調達競争のバリューチェーンを発展させる持続可能な業界モデル、事業モデルを考察します。

(2011年10月)

運輸・物流

運輸・物流業界の将来像―T&L2030シリーズ Vol.5「人材競争に勝つ」
PwCがグローバルにおける運輸・物流業界の展望をまとめたレポートです。グローバルでの人材競争に打ち勝つための提言やエキスパートの見解をまとめています。

(2012年12月)

さらに成長するために ~タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目~
「タレントレース(優秀な人材の獲得)に再度集まる注目」では、重要なスキルを持つ人材の欠如が最優先課題であると述べています。タレントレースの現状と課題、そして解決するためのいくつかの視点を紹介します。

(2012年12月)

2030年までに中国が米国を抜き国際貿易で上位を占める
国際貿易の今後に関するPwCの最新の報告書において、2030年までに中国が米国を抜き、国際貿易における上位を占めるとされています。

(2011年04月)

消費財・小売・流通

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力
PwCは、顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力となる「トータルリテールの実現」を発表しました。本報告書では、8つの顧客の期待と、次なる小売ビジネスモデルがもたらす意味を明らかにしています。

(2014年08月)

10Minutes:成長を促進する顧客デマンドの活用
プライスウォーターハウスクーパースでは、消費財企業、小売業者におけるデマンドチェーンの再構築、およびイノベーションによる需要促進を提案します。

(2013年10月)

テクノロジー

グローバル100ソフトウェアリーダー2014‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
2014年7月発行の調査レポートでは、ソフトウェア業界のトップ100社が2012年に計上したソフトウェア総売上は2,550億米ドルとなり5%微増にとどまる一方で、同時期のトップ100社のSaaS売上高は200億米ドルとなり60%増加し、ソフトウェア業界のSaaS(Software-as-a-Service)へのシフトが着実に進んでいるということが示されています。

(2014年07月)

経済犯罪実態調査 2014 日本分析版
「経済犯罪実態調査 2014」の日本での回答を世界全体、アジア太平洋地域と比較し、分析した結果、日本企業は企業内で起こりうる経済犯罪を過小評価している傾向が見られます。

(2014年03月)

経済犯罪実態調査 2014(グローバル翻訳版)
95カ国以上から5,128の回答を頂いた、PwCによる第7回経済犯罪実態調査です。業界別、地域別の経済犯罪の実態や、近年増加しているサイバー犯罪についても調査を行いました。

(2014年03月)

IT-BCPサーベイ2014
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業のIT-BCPへの取り組み実態を調査した「IT-BCPサーベイ2014」を実施しました。本調査では、IT-BCPの策定、訓練・演習、点検・見直しに加え、各企業が採用している対策を調査しました。

(2013年12月)

10Minutes‐サイバーセキュリティの厳しい現実‐
国家や企業を標的にしたサイバー攻撃が大きな社会問題となっており、もはやITの問題ではなく組織の存亡に関わる経営課題にほかなりません。

(2013年09月)

グローバル100ソフトウェアリーダー2013‐ソフトウェア業界の動向に関する調査レポート‐
ソフトウェア業界の動向を調査・分析したグローバル100ソフトウェア・リーダー・レポートでは、クラウド、SaaS、モバイル分野の動向が、ソフトウェア産業のビジネスモデル変革の鍵になると述べています。

(2013年07月)

Digital IQ調査 日本分析版
日本企業のクラウドコンピューティング、ソーシャルメディア、ビックデータ、モバイルテクノロジー、企業のIT戦略についての投資状況、活用方法や課題について、グローバル企業との比較を行っています。

(2013年07月)

IT-BCPサーベイ2013-情報システムの継続性維持管理の実態調査
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、企業の情報システムの継続性維持管理状況の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」を実施しました。

(2013年04月)

技術だけでは不十分である
クリーンテクノロジー市場でのデューデリジェンスを成功させるために、技術だけでなくオペレーションも含めた包括的な評価を実施する必要性を説き、3つの主要項目を網羅すべきであると述べています。

(2012年09月)

Charging forward-電気自動車に関する調査報告書2012年版-
電気自動車(EV)に関する本調査報告書は、EVを成功に導く主要な要因について評価することを目的とし、4つの重要分野(インフラ構築、価格設定、地理的要素、今後の見通し)に焦点を当てています。

(2012年05月)

経済犯罪意識調査 2011
第6回目の調査となる「経済犯罪意識調査 2011」は、78カ国3,877人から回答を得ました。企業犯罪は依然増加傾向にあり、テクノロジー利用の拡大に伴ってサイバー犯罪が増加していることが分かりました。

(2011年12月)

医療テクノロジーにおけるイノベーションスコアカード(Medical Technology Innovation Scorecard)
PwCによる本報告書は、変貌する医療テクノロジーイノベーションに関し調査、分析した結果をまとめたものです。調査結果として、イノベーション創出における先進国と新興国の格差が急速に縮小していることが明らかになりました。

(2011年11月)

情報通信

モバイル広告‐消費者は何を求めているのか 各国の比較
Consumer Intelligence Series
PwCは、「モバイル広告」に関連した消費者の態度と行動について、2013年10月から11月にかけて4カ国(ブラジル、中国、英国、米国)、3,800人を対象に行った調査の結果をまとめました。

(2014年10月)

コミュニケーションズレビュー/2014年3月‐通信、ケーブル、衛星、インターネット企業経営幹部のための洞察‐
モバイルブロードバンドの波は、通信会社にとって前例のない成長機会を提供し、新たな体験を消費者に提供しています。音声離れが進む中、通信会社は差別化戦略を形成するために、新たな指標で事業を追跡する必要があります。

(2014年07月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018
第15回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

(2014年06月)

ホールセールクラウドの活用
ホールセールクラウドと呼ばれる、クラウドを利用してコンテンツやアプリケーションを提供する企業向けに通信会社がネットワークやプラットフォームを提供するサービスについて、その形態と有用性を紹介します。

(2014年04月)

Communications Review Vol18 No2: Continuing to evolve
PwCが年に3回発行するニュースレターで、今号のトピックは「モバイル・ユニファイド・コミュニケーションの商機」「サイバーセキュリティリスクへの対応」「帯域幅の節約や再利用」「クラウド時代の事業機会」です。

(2014年02月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017
PwCの年次調査レポート「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017」は、消費者支出と広告支出に関するグローバルな分析を提供する包括的なオンライン情報源です。

(2013年06月)

Communications Review Vol 18 No 1: Discipline for growth
PwCが年に3回発行するニュースレターで、今号のトピックは「イノベーションの必要性」、「高収益への道」、「EUのVAT制度変更が与える大きなインパクト」「Smartone社CEOインタビュー」です。

(2013年06月)

モバイルヘルスの台頭:成長への道
このレポートは、今後本格化が予想されるモバイルヘルス(携帯通信機器を利用して行う医療健康サポート)の展望と課題について、10カ国の患者、医師、および保険機関に対して行った調査の結果をまとめたものです。

(2012年05月)

通信業界における設備投資の現状と課題
世界の78社の固定通信、移動体通信会社の財務分析の結果と、主要な22社の経営幹部に対して行った設備投資に関わる調査結果をまとめたものです。

(2012年04月)

第15回世界CEO意識調査 情報通信業界における主要な調査結果
本調査では、世界60カ国1,258人のCEOへ行われた調査から、情報通信業界のCEO(23カ国42人)の回答を基に、情報通信業界のCEOの成長への自信、企業戦略の見直しの必要性や新市場開拓に対してどのような考え方を持っているのかを紐解きます。

(2012年01月)

エンタテイメント&メディア

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018
第15回目を迎えるPwCの年次調査「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2014-2018」は、世界54カ国、エンタテイメントならびにメディア業界に関連する13セグメントの消費者支出、広告収入について、過去5年の実績および今後5年の予測数値を掲載するのみならず、グローバル全体、地域/国別、セグメント全体および各セグメントの動向のポイント、動向の鍵をにぎるホットトピックについてのインサイトを掲載する有料情報サイトです。

(2014年06月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017
PwCの年次調査レポート「グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2013-2017」は、消費者支出と広告支出に関するグローバルな分析を提供する包括的なオンライン情報源です。

(2013年06月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2012-2016
PwCによるエンタティメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&M業界は「デジタル時代への幕開け期の終焉」に近づいており、次なる課題はデジタル戦略の立案と実行への集中であると述べています。

(2012年06月)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2011-2015
世界48カ国を対象に、エンタテイメント&メディア業界の13の主要セグメントについて、過去5年の実績と向こう5年間の予測数値を業界動向とともに発表しています。

(2011年06月)

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

2014年までの世界のカジノ市場の展望
PwCはカジノおよびオンラインカジノ両業界のトレンドを調査したレポート「Playing to win」を発表しました。世界的に見て、西洋から東洋へのパワーシフトが起きていることが明らかになりました。

(2010年)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2010-2014
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象にした年次調査報告書です。本報告書では、消費者のデジタルプラットフォームの受け入れは予想を超える速さで進み、企業はデジタルバリューチェーンでの新たな役割を模索していると説明しています。

(2010年)

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック 2009-2013
PwCによるエンタテイメント&メディア(E&M)業界を対象とした年次調査報告書です。本報告書では、E&Mのビジネスモデルは、より直接的に消費者に結びつくと指摘するとともに、デジタル化への取り組みが各セグメントのパフォーマンスの差を生み出すと述べています。

(2009年)

ホスピタリティ&レジャー

Online Betting and Gaming Regulation 2014
ヨーロッパと米国におけるオンラインゲーミングの規制について今後の動向を概説しています。新たな規制の方向性、オンラインゲーミングへの影響、および有効に機能させるために必要なポイントなどについて論じています。

(2014年02月)

Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場
PwCが新たに発表した年次レポート「Global Gaming Outlook: 2015年までのカジノ&オンラインカジノ市場」によると、世界のカジノ収益は2015年には1,828億米ドルになると予想されています。

(2011年12月)

The outlook for the global sports market to 2015[英語]
世界のスポーツ業界について2015年まで展望した調査レポートです。2010年から2015年までの5年間で、世界のスポーツ業界は年間平均伸長率3.7%の成長を示し、1,453億米ドルの規模に達すると予測しています。レポートでは「入場料」「スポンサーシップ」「メディア権利関連」「物販」のキーとなる4つの領域について詳細に分析しています。

(2011年12月)

Hospitality Directions Europe[英語]
PwC UKホスピタリティーチームによるホテル業界動向に関する情報です。これには、際立った業界内の動きや稼働率および収益率の予測を中心とした、UKにおける12カ月先のホテルビジネスについて考察しています。

(2011年11月)

2014年までの世界のカジノ市場の展望
PwCはカジノおよびオンラインカジノ両業界のトレンドを調査したレポート「Playing to win」を発表しました。世界的に見て、西洋から東洋へのパワーシフトが起きていることが明らかになりました。

(2010年)

金融サービス

中国における外資系銀行2013年版
PwC中国が中国に拠点を置く37の外資系銀行の経営者を対象に実施した調査結果をまとめています。最近の金融制度改革への見方や今後の事業の展望についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2014年09月)

バンキング・バナナ・スキン2014
回復に向かって少しずつ進んでいる状況
CSFIとPwCが共同で59カ国、656人の銀行業界関係者に対して実施した2014年バンキング・バナナ・スキン調査では、過剰な規制と政治による干渉に強い懸念が示されました。

(2014年09月)

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐
銀行業界が大きく変化する中で、日本の銀行がいかにして収益力のある成長を持続していけるかについてPwCのプロジェクトブルーのフレームワークを使って考察しています。

(2014年08月)

Emerging Trends in Real Estate® 2014
グローバル版2014年の展望
本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

(2014年08月)

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略
東南アジア市場には、邦銀がビジネスを拡大していく上で大きなポテンシャルがあります。しかし、これらの機会を最大限に利用していくためには、新たな戦略、発想およびビジネスの進め方が求められます。

(2014年06月)

インドにおける外資系銀行
PwCインドが作成した外資系銀行に関する調査レポートです。外資系銀行に対する最近の規制の動向、アンケート調査に基づいた外資系銀行のインド市場に対する見方、今後の課題などについてまとめています。

(2014年03月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013
PwCインドネシアによる第4回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では、貸出の成長力が見込め、M&Aを通じた規模の拡大を検討しつつも、規制や業界内の競争激化への対応や優秀な人材確保などが課題としてあげられています。

(2014年03月)

リテールバンキング業務の将来像
消費者行動の変化、IT技術の進歩、規制の改正などによりビジネスモデルの変革を求められる中、伝統的な銀行はどのように対応をしていくべきか、さまざまな角度から考察を行っています。

(2014年01月)

FS Viewpoint‐新たな事業環境におけるコンプライアンスとオペレーショナルリスクの管理‐
コンプライアンスに取り組む金融機関が抱える共通の課題である、「対象領域の拡大への対応」と「コスト増」の問題について、先進的な金融機関による取り組み事例をPwCによる支援内容や支援事例と共に紹介しています。

(2013年12月)

Point of view: Insurance contract accounting: The path forward
FASBおよびIASBは、2008年より保険契約の会計について合同で審議をしています。単一の会計基準への道には課題も多く存在します。この報告書では、両審議会の現状の概要をまとめるとともに、PwCの見解を掲載しています。

(2013年12月)

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐
本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

(2013年11月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2013‐保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ
インシュアランス・バナナ・スキン 2013は、隔年調査であり、保険業界が直面しているリスクを特定するもので、54カ国、660名に及ぶ保険業における実務家と規制当局、オブザーバーからの回答に基づいています。

(2013年07月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

Bringing together IFRS and Solvency II~IFRSとソルベンシーⅡのプロジェクトを同時に進行させる
本報告書は、保険契約に関する新しいIFRSフェーズⅡの適用に向けて、ソルベンシーⅡへの投資をIFRS目的で最大限に活用することを含め、貴社のビジネスにおいていかに効率的に準備を進めるかを検討しています。

(2013年01月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題
第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

(2012年12月)

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号
この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

(2012年10月)

金融サービスにおけるリスク管理と財務管理の総合的なデータ管理~データの正確性を高めることの意義と効果~
経営環境やリスクの変化を的確に把握し迅速かつ適切な対応を行うことは、金融機関における重要な経営課題の1つです。データの正確性に注視することで、データ管理・活用を効果的に行うアプローチをご紹介します。

(2012年09月)

中国における外資系銀行(2012年調査)
PwC中国が中国に拠点を置く41の外資系銀行の経営者を対象に実施したアンケート調査結果をまとめています。今後の事業の展望や課題についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2012年07月)

FATCA実施円滑化と国際的税務コンプライアンス向上のための政府間協力枠組みに関する日米当局共同声明の発表について
2012年6月21日に発表されたFATCA(米国外国口座税務コンプライアンス法)の日米共同声明の要点について簡潔に解説しています。

(2012年06月)

米国ORSA対応へ向けた準備
本レポートでは、マニュアルの主な特徴および今後のORSA対応にあたり保険会社に及ぼすであろう影響について考察されています。

(2012年05月)

5分でわかるFATCA
本資料では、膨大な量にわたるAccount Tax Compliance Act(FATCA)財務省規則案を簡潔に4つのポイント((1)源泉徴収、(2)口座チェック、(3)パススルー支払い、(4)米国口座報告)にまとめ、複雑な制度の概要を「5分で理解」できるよう解説しています。

(2012年03月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアによる第3回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では貸出や預金の成長が見込め、支店ネットワークの拡充に注力しつつも、規制対応、欧州債務危機の影響への不安視や有能な人材確保などが課題としてあげられています。

(2012年02月)

プロジェクトブルー
景気の先行きが不透明ななかで、金融機関の経営環境がどう変化していくのか、中長期的な視点を提供します。

(2012年01月)

Insurance 2020
保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

(2012年01月)

Capital markets in 2025 株式資本市場の未来
21世紀になって最初の約10年の間にクロスボーダーIPOが急増していますが、将来、世界をリードするのはどの市場なのでしょうか。本レポートはIPOの世界動向に着目しアンケート調査を基にこうした疑問について検討しています。

(2011年12月)

Basel III and Beyond - SIFIs バーゼルⅢ、そしてその先にあるもの~システム上重要な金融機関
2011年11月、金融安定理事会は、SIFIs(システム上重要な金融機関)の特定用法、具体的な金融機関名などについて公表しました。本レポートでは、公表内容を要約し、金融機関にとって意味するものについて説明しています。

(2011年11月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

中国における銀行経営に関する調査報告書(2011年調査)
PwC中国が中国銀行業協会と共同で行った第3回「中国における銀行経営に関する報告書(Chinese Bankers Survey 2011)」です。中国の銀行が抱える経営課題や今後の見通しについてアンケート調査に基づいた分析を行っています。

(2011年10月)

2050年における銀行業界の展望
PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

(2011年10月)

ドッドフランク法-成立2年目をむかえて
ドッドフランク法成立後2年目に入り、施行に向けて市場関係者が頻繁に採り上げる課題や問題点に焦点をあてて今後の展望を示しています。

(2011年09月)

ソルベンシーⅡは、どこへ向かうのか
本レポートでは、欧州議会の提案のうち、主要論点について明瞭かつ簡潔に説明するとともに、欧州理事会の提案との比較、さらに今後の動向や保険業界への影響について解説しています。

(2011年08月)

モデル構築に期待される成果
保険会社は、今、財務モデルへ投資することによって、ソルベンシーⅡ導入後に経営上およびビジネス上の利益がもたらされることを期待しています。本報告書では、保険会社がどの程度準備を進めてきているかについて記述しています。

(2011年07月)

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

(2011年07月)

ソルベンシーⅡ-最新の草案で完全適用の1年延期を示唆
Omnibus Ⅱの最新草案では、ソルベンシーⅡの全要件の適用が、当初予想されていた時期より1年遅い、2014年1月1日まで延期されることが示されています。本レポートは、この最新草案の内容を速報でお伝えするものです。

(2011年06月)

QIS5の示唆するもの
2011年3月14日、欧州保険・年金監督機構(以下EIOPA)よりソルベンシーⅡに関する第5回定量的影響度調査(QIS5)の結果が公表されました。

(2011年03月)

ソルベンシーⅡ- Omnibus Ⅱ(草案)の要約
2011年1月19日、Omnibus Ⅱ Directiveの草案(暫定版)が発表されました。この草案が適用された場合、ソルベンシーⅡ指令は一部修正されることとなります。本レポートでは、このOmnibus Ⅱが提案する主要ポイントを紹介します。

(2011年01月)

自己資本とリスク管理 - 米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について
ソルベンシーⅡの直接的影響を受けない会社を含め、すべての保険会社がソルベンシーⅡを意識した新たな規制の枠組みに着目するようになってきています。本レポートでは、米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について紹介しています。

(2011年01月)

保険IFRSの動向 - IASB/FASB保険契約プロジェクト
国際会計基準審議会(IASB)および米国の財務会計基準審議会(FASB)は、IASBの公開草案「保険契約」に対するコメント締切後の2010年12月より最終基準書の策定に向けた合同審議を再開しています。PwCでは、この合同審議会へ参加した際の情報に基づき、会議ごとの要旨を公表しています。

(2010年)

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)
投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

(2010年)

点から線へ:バランスシートの総体的管理重視の必要性
近頃、PwCが世界各国の主要金融機関43社に対してバランスシート管理手法に関する調査を行い、リスク・エクスポージャーの分野にはまだ今後の進展を待たねばならない部分が多くあることを明らかにしました。

(2010年)

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響[PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。

(2010年)

バンキング・バナナ・スキン2010
世界の銀行界が最も懸念しているリスクは、政治的関与です。2009年暮れにプライスウォーターハウスクーパースが後援して金融イノベーション研究会が世界の銀行リスク関係者約440名に対して行ったアンケート調査の結果です。

(2010年)

バーゼル銀行監督委員会による「銀行セクターの強靭性を高めるための」提案―新ルールなのか、新しいゲームなのか?
2009年12月17日、バーゼル銀行監督委員会は、国際的な銀行セクターの強靭性を高める目標に向けて、国際的な資本および流動性規制の強化に関する提案を含む2つの市中協議文書を公表しました。

(2010年)

The future of banking: Point of View - Returning stability to the banks and the banking system[英語] [PDF 1,093KB]
世界的な金融危機が金融機関の根幹までをも揺るがしています。本報告書ではその打開策として、戦略、ビジネスモデル、資本、リスク、規制や統治および人材や報酬などについて説明しています。

(2009年)

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望
2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

(2009年)

The Day After Tomorrow
金融機関は、現下の世界金融経済危機に対して、危機を拡大させないための足元の対策だけでなく、その後の世界の金融業の姿を展望して今から手を打っていく必要があると考えられています。

(2009年)

流動性リスク管理
ここ数年間表面化してこなかった流動性リスクがいまや最も重要なリスク管理の対象となっています。今後銀行は流動性リスク管理に関する明確な戦略を策定する必要があります。

(2009年)

バーゼルⅡ 第3の柱:銀行にとっての課題
このレポートでは、バーゼルⅡ第3の柱に関する主要問題と開示義務履行で銀行が直面する課題、また、これに取り組むために銀行が次に取るべき重要ステップについて記載しています。

(2009年)

米国金融改革に関するPwC USの見方
米国政府は、2009年6月17日に「新しい基盤:金融監督及び規制の再構築」と題する金融監督規制改革法案を公表しました。本編ではPwC USのレギュラトリーの専門家がまとめた、当改革法案に対する所見を紹介しています。

(2009年)

新しい活動場所:アジアの金融セクターにおけるM&Aの見通し
PwCは、2009年2月にThe Economist Intelligence Unit(エコノミスト誌の子会社)の協力を得て、アジア大平洋州の金融業界のM&Aに関するオンライン調査を実施しました。

(2009年)

A closer Look:ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法の影響[英語]
ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法(ドッド・フランク法)の各業界に対する影響についてPwC Globalが分析した英文レポートをご案内します。

(2008年)

保険業界における全社的リスクマネジメント(ERM)- グローバル調査のサマリー
PwCが世界の先進的な保険会社53社に対し実施した「グローバルERM調査2008」の調査結果(サマリー)です。

(2008年)

変化の会計(Accounting for change ):金融混乱の中における透明性(銀行の2007年年次報告書の調査)
PwCでは、グローバルバンク22行の2007年の財務諸表を対象として、サブプライム問題で問題となった公正価値測定、ストラクチャードファイナンス業務、リスク管理の三点に関する開示に焦点をあて、現行の報告手法が、財務報告の一貫性と透明性の維持について、どの程度有効性を発揮したかについて調査しました。

(2008年)

2008年緊急経済安定化法:制定当初の重要事項と課題
2008年10月3日、2008年緊急経済安定化法が米議会下院で可決され、大統領の署名を経て成立しました。制定当初の重要事項と課題に関する、PwC USのレギュラトリー専門家の解説を紹介しています。

(2008年)

銀行・証券

中国における外資系銀行2013年版
PwC中国が中国に拠点を置く37の外資系銀行の経営者を対象に実施した調査結果をまとめています。最近の金融制度改革への見方や今後の事業の展望についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2014年09月)

バンキング・バナナ・スキン2014
回復に向かって少しずつ進んでいる状況
CSFIとPwCが共同で59カ国、656人の銀行業界関係者に対して実施した2014年バンキング・バナナ・スキン調査では、過剰な規制と政治による干渉に強い懸念が示されました。

(2014年09月)

競争に打ち勝つために‐銀行業の未来への展望‐
銀行業界が大きく変化する中で、日本の銀行がいかにして収益力のある成長を持続していけるかについてPwCのプロジェクトブルーのフレームワークを使って考察しています。

(2014年08月)

新たな地域でのパワーハウスの構築‐東南アジア地域における成功戦略
東南アジア市場には、邦銀がビジネスを拡大していく上で大きなポテンシャルがあります。しかし、これらの機会を最大限に利用していくためには、新たな戦略、発想およびビジネスの進め方が求められます。

(2014年06月)

インドにおける外資系銀行
PwCインドが作成した外資系銀行に関する調査レポートです。外資系銀行に対する最近の規制の動向、アンケート調査に基づいた外資系銀行のインド市場に対する見方、今後の課題などについてまとめています。

(2014年03月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2013
PwCインドネシアによる第4回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では、貸出の成長力が見込め、M&Aを通じた規模の拡大を検討しつつも、規制や業界内の競争激化への対応や優秀な人材確保などが課題としてあげられています。

(2014年03月)

リテールバンキング業務の将来像
消費者行動の変化、IT技術の進歩、規制の改正などによりビジネスモデルの変革を求められる中、伝統的な銀行はどのように対応をしていくべきか、さまざまな角度から考察を行っています。

(2014年01月)

FS Viewpoint‐新たな事業環境におけるコンプライアンスとオペレーショナルリスクの管理‐
コンプライアンスに取り組む金融機関が抱える共通の課題である、「対象領域の拡大への対応」と「コスト増」の問題について、先進的な金融機関による取り組み事例をPwCによる支援内容や支援事例と共に紹介しています。

(2013年12月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号
この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

(2012年10月)

中国における外資系銀行(2012年調査)
PwC中国が中国に拠点を置く41の外資系銀行の経営者を対象に実施したアンケート調査結果をまとめています。今後の事業の展望や課題についてさまざまな角度から分析を行っています。

(2012年07月)

バンキング・バナナ・スキン 2012
CSFIとPwCが共同で58カ国、700人の銀行業界関係者に対して実施したバンキング・バナナ・スキン調査では、金融システムがなお脆弱であることを反映した結果となりました。

(2012年02月)

厳しい経営環境のもとでの成長機会の模索―銀行・証券業界のCEOに対する意識調査結果
PwCが行った第15回世界CEO意識調査より、銀行証券業界からの回答結果をまとめたものです。経営環境、成長戦略やおよび経営課題などについてアンケート結果を分析しています。

(2012年02月)

インドネシアの銀行に対する意識調査レポート2012
PwCインドネシアによる第3回インドネシア銀行業界に対するアンケート調査報告書です。本調査では貸出や預金の成長が見込め、支店ネットワークの拡充に注力しつつも、規制対応、欧州債務危機の影響への不安視や有能な人材確保などが課題としてあげられています。

(2012年02月)

Capital markets in 2025 株式資本市場の未来
21世紀になって最初の約10年の間にクロスボーダーIPOが急増していますが、将来、世界をリードするのはどの市場なのでしょうか。本レポートはIPOの世界動向に着目しアンケート調査を基にこうした疑問について検討しています。

(2011年12月)

Basel III and Beyond - SIFIs バーゼルⅢ、そしてその先にあるもの~システム上重要な金融機関
2011年11月、金融安定理事会は、SIFIs(システム上重要な金融機関)の特定用法、具体的な金融機関名などについて公表しました。本レポートでは、公表内容を要約し、金融機関にとって意味するものについて説明しています。

(2011年11月)

中国における外資系銀行(2011年調査)
PwC中国が中国で活動する42の外資系銀行のマネジメントに対して行ったアンケート調査結果です。中国で事業を拡大していく上での戦略、有望な業務分野ならびに新たな課題に焦点が当てられています。

(2011年11月)

中国における銀行経営に関する調査報告書(2011年調査)
PwC中国が中国銀行業協会と共同で行った第3回「中国における銀行経営に関する報告書(Chinese Bankers Survey 2011)」です。中国の銀行が抱える経営課題や今後の見通しについてアンケート調査に基づいた分析を行っています。

(2011年10月)

2050年における銀行業界の展望
PwC 英国が作成したBanking in 2050では、2050年における世界の銀行業界の長期予測を行うことで、銀行業の経営戦略を考えていく上でいくつかの有用なヒントを提供しています。

(2011年10月)

ドッドフランク法-成立2年目をむかえて
ドッドフランク法成立後2年目に入り、施行に向けて市場関係者が頻繁に採り上げる課題や問題点に焦点をあてて今後の展望を示しています。

(2011年09月)

変化が速まる中でいかに対応していくか 銀行証券業界のサマリー 「PwC第14回世界CEO意識調査」における主要産業に関する調査結果[PDF 411KB]
本レポートは、PwCの「第14回世界CEO意識調査」の中から銀行・証券業界について経営者69人の回答結果を別途まとめました。業界全体の共通認識は、世界経済金融情勢の急変化に対する組織的対応の必要性であることが明らかになりました。

(2011年07月)

点から線へ:バランスシートの総体的管理重視の必要性
近頃、PwCが世界各国の主要金融機関43社に対してバランスシート管理手法に関する調査を行い、リスク・エクスポージャーの分野にはまだ今後の進展を待たねばならない部分が多くあることを明らかにしました。

(2010年)

新しい自己資本比率規制(バーゼルⅢ)の枠組み:銀行による資本管理への影響[PDF 1,140KB]
本レポートは、バーゼルⅢの概要を解説し、資本管理実務のレベルアップに向けたロードマップおよびPwCの提供サービスを紹介しています。

(2010年)

バンキング・バナナ・スキン2010
世界の銀行界が最も懸念しているリスクは、政治的関与です。2009年暮れにプライスウォーターハウスクーパースが後援して金融イノベーション研究会が世界の銀行リスク関係者約440名に対して行ったアンケート調査の結果です。

(2010年)

バーゼル銀行監督委員会による「銀行セクターの強靭性を高めるための」提案―新ルールなのか、新しいゲームなのか?
2009年12月17日、バーゼル銀行監督委員会は、国際的な銀行セクターの強靭性を高める目標に向けて、国際的な資本および流動性規制の強化に関する提案を含む2つの市中協議文書を公表しました。

(2010年)

The future of banking: Point of View - Returning stability to the banks and the banking system[英語] [PDF 1,093KB]
世界的な金融危機が金融機関の根幹までをも揺るがしています。本報告書ではその打開策として、戦略、ビジネスモデル、資本、リスク、規制や統治および人材や報酬などについて説明しています。

(2009年)

銀行業の将来:銀行と銀行システムに安定性の回復
PwCでは、銀行が直面しているさまざまな課題について、戦略設計、ビジネスモデル、資本・リスク管理、ガバナンス、人材と報酬の各分野に焦点を当て、それらの変革に当たって銀行が留意しなければならない事項についてまとめました。

(2009年)

The Day After Tomorrow
金融機関は、現下の世界金融経済危機に対して、危機を拡大させないための足元の対策だけでなく、その後の世界の金融業の姿を展望して今から手を打っていく必要があると考えられています。

(2009年)

流動性リスク管理
ここ数年間表面化してこなかった流動性リスクがいまや最も重要なリスク管理の対象となっています。今後銀行は流動性リスク管理に関する明確な戦略を策定する必要があります。

(2009年)

バーゼルⅡ 第3の柱:銀行にとっての課題
このレポートでは、バーゼルⅡ第3の柱に関する主要問題と開示義務履行で銀行が直面する課題、また、これに取り組むために銀行が次に取るべき重要ステップについて記載しています。

(2009年)

変化の会計(Accounting for change ):金融混乱の中における透明性(銀行の2007年年次報告書の調査)
PwCでは、グローバルバンク22行の2007年の財務諸表を対象として、サブプライム問題で問題となった公正価値測定、ストラクチャードファイナンス業務、リスク管理の三点に関する開示に焦点をあて、現行の報告手法が、財務報告の一貫性と透明性の維持について、どの程度有効性を発揮したかについて調査しました。

(2008年)

資産運用

次世代のETF 資産運用会社にETF戦略が必要な理由
本稿は、上場投資信託(ETF)の成長、選好される理由、グローバルにおける成長、アクティブETFの可能性、今後の成長の課題、資産運用会社のETFに対する戦略の必要性などについて解説しています。

(2014年11月)

Emerging Trends in Real Estate® 2014
グローバル版2014年の展望
本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

(2014年08月)

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望
Asset Management 2020 A Brave New World
本レポートは、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭等の世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。

(2014年07月)

Power & Renewables Deals
‐2014年の展望と2013年のレビュー‐
本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

(2014年04月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

インド投資ガイド-投資規制と税制2012年度
インド投資ガイドは、PwCインドの豊富な知識に基づき、インドの投資家が最初に直面する課題への取り組みに経験をもった専門家によって編集され、税制、税務優遇制度、外貨規制、および外国直接投資政策を中心に構成されています。

(2013年02月)

IFRS実務ガイド アセットマネージャーのためのIFRS10号
この実務ガイドは、アセットマネージャーがIFRS第10号を適用するにあたって、実務的な考え方を、本人か代理人かの評価を中心に説明しています。また、基準の設例の分析やそのほかの考慮事項も紹介しています。

(2012年10月)

10Minutes アフリカ投資について
アフリカは今や投資に対してリスク調整後リターンが最も高い新興経済ですが、中国、韓国に比べ日本は当市場の獲得競争に出遅れています。成功するには、投資家は長期的視点を持ってアフリカの成長に参画する必要があります。

(2011年09月)

IFRS 実務ガイド 原価モデルの固定資産会計
IFRSは、コンポーネントアプローチによる減価償却とされていますが、本資料では特に投資不動産にこのアプローチを適用する場合の実務的な論点について、Q&A方式を交えながら解説を行っています。

(2011年05月)

A practical guide to accounting for properties under construction(日本語版)
建設中の不動産は、竣工した不動産に比べて、公正価値の算定が難しい場合があることや修正基準への移行にかかる留意事項などを説明しています。

(2011年01月)

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)
投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

(2010年)

Asia Pacific Private Equity Tax 2010 アジア・太平洋地域におけるプライベート エクイティ ビジネス [英語]
アジア太平洋地域で事業を展開されるプライベート・エクイティ・ファームおよびその投資家に、影響のある税務問題や投資機会について洞察を加えるとともに、この業界にとって重要な税務上の動向を紹介しています。

(2010年)

Sovereign Wealth Funds Investment trends and global tax risks - Asia アジア地域における政府系投資ファンド [英語]
本レポートではアジアにおける政府系ファンドの投資傾向、および中国をはじめ13のアジア各国・地域での関連する税務リスクについて分析しています。

(2010年)

The day after tomorrow for asset management 世界経済危機におけるプライスウォーターハウス・クーパースの展望
2008年後半の未曾有の金融危機で、銀行システムの欠陥が明らかになった一方で、資産運用業界はより逆境に強いことなどが分りました。本報告書は「ディ・アフター・トゥモロー」の第二弾として、資産運用業界が現在および将来において直面する大きな課題を取り上げています。

(2009年)

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較
投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

(2009年)

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売
リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

(2008年)

公正価値評価に対する現状の課題 PE業界における現状の公正価値測定手法とプラクティスの見直し
オルタナティブ投資セクター全体、特にプライイベートエクイティにとって最も注目されているトピックの1つである公正価値測定手法に関するレポートです。

(2008年)

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細
PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

(2008年)

変動期における差別化の追及 グローバル・プライベート・エクイティ・レポート2008年
PwC独自の経験および主要な業界プレーヤーとの会談を基に、プライベートエクイティの将来を左右すると考えられている機会と課題について取り上げ、解説しています。

(2008年)

不動産

Emerging Trends in Real Estate® 2014
グローバル版2014年の展望
本報告書は世界の投資家の不動産市況の見通しについてまとめたもので、毎年実施しているEmerging Trends in Real Estate®調査について、今回、さらにとりまとめを行い、地域のセンチメントとグローバルな動向が概観できるものとしました。

(2014年08月)

IFRSにおける賃貸仲介手数料の会計処理 - Letting Fees
不動産業においては、仲介業者に支払われる賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当するケースが想定されます。本冊子では、特に賃貸仲介手数料が初期直接原価に該当する場合の会計処理等について、実例を交えながら解説しています。

(2011年12月)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第10回 不動産の公正価値の開示
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。不動産ファンドおよび不動産会社における評価の規定は、IFRSと日本の基準では異なります。今回は、IFRSでの投資不動産の公正価値評価および開示について解説しています。

(2011年05月)

IFRS 実務ガイド 原価モデルの固定資産会計
IFRSは、コンポーネントアプローチによる減価償却とされていますが、本資料では特に投資不動産にこのアプローチを適用する場合の実務的な論点について、Q&A方式を交えながら解説を行っています。

(2011年05月)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第9回 リース会計(3)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2010年8月にIASBとFASBが公表したリースと題される「公開草案」に基づいて、不動産ファンドの会計処理・財務諸表にどのような影響があるのか解説しています。

(2011年01月)

A practical guide to accounting for properties under construction(日本語版)
建設中の不動産は、竣工した不動産に比べて、公正価値の算定が難しい場合があることや修正基準への移行にかかる留意事項などを説明しています。

(2011年01月)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第8回 リース会計(2)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、2009年3月にIASBとFASBが公表した討議資料「リース予備的見解」における前半のリース取引の借り手側の処理とその後のIASBの議論について解説しています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資会社の定義と会計処理
IFRS(いわゆる国際会計基準)の公開草案等で、資産運用業および投資業に重要な関連があると考えられるトピックについての解説を行っています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第7回 リース会計(1)
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、リースの定義・分類、オペレーティングリースの会計処理、ファイナンスリースの会計処理やIFRSにおけるリース会計の今後の予定などについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第6回 固定資産の減価償却
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、IAS第40号「投資不動産」の規定により、原価モデルを選択した場合、IFRSと税法の規定に従った会計処理が容認されている日本基準の違いについて解説しています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 投資先の連結と公正価値による評価について
米国では、Investment Company(投資会社)という概念があり、投資会社の会計処理に関するガイダンスが定められています。当該ガイダンスに従う場合には、投資先を公正価値により評価し、連結することを要しません。他方、このような概念は現行のIFRSでは明確にされていないため、同様の概念の導入の必要性とその場合に関連する論点について検討されています。

(2010年)

ED(公開草案)10号 連結財務諸表 資産運用業への影響について
資産運用では、一般的にファンドまたは顧客を依頼人としてその代理で運用を行っていると思われますが、ED10号では連結財務諸表におけるコントロール・支配に関して、依頼人(Principal)と代理人(Agent)の関係についての規定を定めています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第5回 固定資産の減損
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本基準とIFRSの減損方法の違い、資産のグルーピング、減損の兆候、回収可能価額の測定、減損の認識および減損損定の戻入れなどについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第4回 不動産ファンドの合併
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、持分プーリング法とパーチェス法、のれんの会社処理、取得企業の識別、事業の定義や投資証券を取得の対価とする場合の測定日などについて解説しています。

(2010年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第3回 連結およびSPCに対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関する論点についてまとめています。今回は、IFRSにおける連結の規定、IFRSにおける「支配」の概念、潜在的支配や特別目的事業体の連結などについて解説しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第2回 投資不動産に対するIFRSの規定
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、不動産に関するIFRSの規定、投資不動産の範囲、投資不動産の認識・測定、不動産の振替および日本でのコンバージェンスの動きなどについて解説しています。

(2009年)

不動産ファンドに関する国際財務報告基準 第1回 日本基準と国際財務報告基準のコンバージェンス
本シリーズは、IFRSを適用した場合の不動産ファンドに関連する論点についてまとめています。今回は、日本の会計基準とIFRSのコンバージェンスに向けた動き、海外でのIFRS適用の動向、および不動産ファンドに対する影響などについて解説しています。

(2009年)

類似点と相違点 - 投資ファンドに関わる国際財務報告基準(IFRS)とローカル会計基準の比較
投資ファンドに重大な影響を与える可能性のあるIFRSの重要分野を取り上げ、主要な投資運用業で現在適用されている会計の枠組みと比較して、重要な類似点および相違点を要約しました。

(2009年)

オペレーショナルリスク:新たな課題 世界のヘッジファンドの規制、税金と販売
リスク管理、資産運用プロセス、評価、規制や税金など、今後、ヘッジファンド戦略で焦点が当てられることが予想される事項について解説しています。

(2008年)

公正価値評価に対する現状の課題 PE業界における現状の公正価値測定手法とプラクティスの見直し
オルタナティブ投資セクター全体、特にプライイベートエクイティにとって最も注目されているトピックの1つである公正価値測定手法に関するレポートです。

(2008年)

このペースについて行っていますか? IFRS不動産調査-2007年調査結果の詳細
PwCが昨年実施した2006年度財務諸表サンプルについての調査で、不動産セクターには、企業の財務諸表の透明性と比較可能性を向上する何らかの方法がまだ残っているという見解を発表しました。

(2008年)

変動期における差別化の追及 グローバル・プライベート・エクイティ・レポート2008年
PwC独自の経験および主要な業界プレーヤーとの会談を基に、プライベートエクイティの将来を左右すると考えられている機会と課題について取り上げ、解説しています。

(2008年)

An Overview of Tender Offers in Japan[英語] [PDF 96KB]
日本では買収時の株式公開買い付けは増加傾向にありますが、日本の慣行に不慣れな人にとって、その具体的な要件については曖昧なままになっている。本報告書は日本での買収プロセスの初期ガイダンスを日本人以外に提供することを目的として作成されています。

(2007年)

保険

ERM/ORSAサーベイ報告書‐ORSA導入を見据えた各社の取り組み状況
日本の保険会社に対するERM/ORSAの取り組み状況に関する調査から、リスク選好方針などについて対応を進めている一方で、内部モデルの検証やERMに関する内部監査の整備で、準備段階の会社も多いことが判明しました。

(2014年07月)

Point of view: Insurance contract accounting: The path forward
FASBおよびIASBは、2008年より保険契約の会計について合同で審議をしています。単一の会計基準への道には課題も多く存在します。この報告書では、両審議会の現状の概要をまとめるとともに、PwCの見解を掲載しています。

(2013年12月)

保険会計の未来を切り開く‐最新の公開草案「保険契約」に対するPwCによる回答の要約‐
本書は、保険会社において、より首尾一貫した、そして比較可能な報告を考案し、投資家に保険事業の価値を示す、保険契約に関する新しい基準書について論じるものです。

(2013年11月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2013‐保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ
インシュアランス・バナナ・スキン 2013は、隔年調査であり、保険業界が直面しているリスクを特定するもので、54カ国、660名に及ぶ保険業における実務家と規制当局、オブザーバーからの回答に基づいています。

(2013年07月)

Bringing together IFRS and Solvency II~IFRSとソルベンシーⅡのプロジェクトを同時に進行させる
本報告書は、保険契約に関する新しいIFRSフェーズⅡの適用に向けて、ソルベンシーⅡへの投資をIFRS目的で最大限に活用することを含め、貴社のビジネスにおいていかに効率的に準備を進めるかを検討しています。

(2013年01月)

The enormity of uniformity:保険会社は、どのようにしてグローバルな規則と動向を、現地のコンプライアンスに組み込むのか
本報告書は、保険会社がどのようにグローバルな規則と動向を現地のコンプライアンスに組み込むかについて、5つの重点分野に関して検討しています。

(2013年01月)

ソルベンシーⅡ 第二の柱-リスク管理における運営上の課題
第二の柱は、リスク管理をビジネスモデルの中心に据える事を要請しています。本書は組織構造の観点から、ソルベンシーⅡ規制への対応が迫られている保険会社へのツールボックスとなることを目的として作成しました。

(2012年12月)

Cutting through the regulatory knot~世界各国における新規制の動向および保険戦略への影響~
最新の規制動向を方向づける根底にある動き、それらの背景にある考え方、戦略や業務への影響を検討することによって、保険会社が規制の詳細を把握する一助となるよう作成されたレポートです。

(2012年07月)

ソルベンシーⅡ報告要件
本レポートでは、提案の概要および重要な提案事項、不確定分野等について紹介しています。また、付録として定量的報告用テンプレートの詳細を説明したリストを掲載しています。

(2012年05月)

米国ORSA対応へ向けた準備
本レポートでは、マニュアルの主な特徴および今後のORSA対応にあたり保険会社に及ぼすであろう影響について考察されています。

(2012年05月)

FATCA規則案により保険会社はどのような影響を受けるか?
2012年2月8日、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に関する規則案が公表され、保険業界への導入に関する具体的なガイダンスが提供されました。保険業界への影響が大きい主な項目の概要およびPwCの見解を掲載しています。

(2012年02月)

Insurance 2020
保険業界に変革をもたらす主要なドライバー、また、それらの保険ビジネスへの影響について調査したレポートです。

(2012年01月)

Seeing the wood for the trees
本レポートでは、保険会社が内部向けおよび外部向けの財務報告を見直し、一貫性のある戦略を開示することが、どのように投資家からの信頼回復に役立つかについて記載しています。

(2011年11月)

ソルベンシーⅡは、どこへ向かうのか
本レポートでは、欧州議会の提案のうち、主要論点について明瞭かつ簡潔に説明するとともに、欧州理事会の提案との比較、さらに今後の動向や保険業界への影響について解説しています。

(2011年08月)

モデル構築に期待される成果
保険会社は、今、財務モデルへ投資することによって、ソルベンシーⅡ導入後に経営上およびビジネス上の利益がもたらされることを期待しています。本報告書では、保険会社がどの程度準備を進めてきているかについて記述しています。

(2011年07月)

インシュアランス・バナナ・スキン 2011- 保険業界が直面するリスクにかかわるCSFIサーベイ
PwCがCSFIと共同で保険業従事者を対象に実施した、直面するリスクの特定とその優先順位についての調査結果をまとめた報告書です。規制が1位で、ほかには自己資本、マクロ経済の動向、運用成績、自然災害などが上位につけています。

(2011年06月)

ソルベンシーⅡ-最新の草案で完全適用の1年延期を示唆
Omnibus Ⅱの最新草案では、ソルベンシーⅡの全要件の適用が、当初予想されていた時期より1年遅い、2014年1月1日まで延期されることが示されています。本レポートは、この最新草案の内容を速報でお伝えするものです。

(2011年06月)

QIS5の示唆するもの
2011年3月14日、欧州保険・年金監督機構(以下EIOPA)よりソルベンシーⅡに関する第5回定量的影響度調査(QIS5)の結果が公表されました。

(2011年03月)

ソルベンシーⅡ- Omnibus Ⅱ(草案)の要約
2011年1月19日、Omnibus Ⅱ Directiveの草案(暫定版)が発表されました。この草案が適用された場合、ソルベンシーⅡ指令は一部修正されることとなります。本レポートでは、このOmnibus Ⅱが提案する主要ポイントを紹介します。

(2011年01月)

Beyond Financial Reporting 公開草案により提案された変更が組織に及ぼす影響
国際会計基準審議会(IASB)より公表された国際財務報告基準(IFRS)「保険契約」の公開草案(Exposure Draft)における提案が、組織に及ぼす影響についてまとめたものを掲載しています。

(2011年01月)

自己資本とリスク管理 - 米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について
ソルベンシーⅡの直接的影響を受けない会社を含め、すべての保険会社がソルベンシーⅡを意識した新たな規制の枠組みに着目するようになってきています。本レポートでは、米国保険会社に対するソルベンシーⅡの影響について紹介しています。

(2011年01月)

Setting the standard 公開草案に対するPwCコメントレターの要約
国際会計審議会(IASB)により2010年7月に公表された国際財務報告基準(IFRS)「保険契約」の公開草案(Exposure Draft)に対するPwCのコメントレターの要約を掲載したものです。

(2010年)

Getting to grips with the shake-up 主要論点に関するソルベンシーⅡとの比較検討
国際財務報告基準(IFRS)「保険契約」の公開草案(Exposure Draft)とソルベンシーⅡにて示された2つの枠組みの類似点・相違点の分析や、影響の評価をまとめたものを掲載しています。

(2010年)

保険IFRSの動向 - IASB/FASB保険契約プロジェクト
国際会計基準審議会(IASB)および米国の財務会計基準審議会(FASB)は、IASBの公開草案「保険契約」に対するコメント締切後の2010年12月より最終基準書の策定に向けた合同審議を再開しています。PwCでは、この合同審議会へ参加した際の情報に基づき、会議ごとの要旨を公表しています。

(2010年)

A Practical Guide to IFRS 8(日本語版)
投資判断やポートフォリオの入れ替えなどの経営判断・管理を個別の投資不動産ごとに行なっている場合も多く、このような多様性および特殊性を有する不動産ファンドにセグメント開示を適用するに当たり、検討すべき課題についてQ&A形式でまとめています。

(2010年)

保険業界における全社的リスクマネジメント(ERM)- グローバル調査のサマリー
PwCが世界の先進的な保険会社53社に対し実施した「グローバルERM調査2008」の調査結果(サマリー)です。

(2008年)

都市・インフラストラクチャー

Cities of Opportunity 6‐世界の都市力比較2014
本報告書は2014年5月にPwC Globalが発表した「Cities of Opportunity 6」をPwC Japanで抜粋・翻訳し、一部の結果に対する分析を加えたものです。第6回となる今回の報告書では、30の都市、10の領域、59の指標について評価を行っています。

(2014年09月)

It’s how you play the game‐都市の成長戦略とメガスポーツイベントの活用
都市は最適なイベントを開催しインフラ開発を進めることで長期的な成長戦略を実現することができます。本レポートでは、都市/地域が招致すべきイベントの決定を支援するフレームワークと事例紹介を行っています。

(2014年09月)

経済成長が著しいアフリカで電力インフラ改革をPwCが支援
Confident, committed and connected - PwC Africa power & utilities statement of capabilities
PwCはアフリカの31カ国にオフィスを持ち、65年以上のビジネス経験を有しています。今後、アフリカにて電力関連ビジネスを展開する日本企業をさまざまなプロフェッショナルサービスにてご支援します。PwCのサービスをご説明する資料です。

(2014年06月)

オーストラリアの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCオーストラリア法人のマーク・コーリンを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

ドイツの改革事例から読み解く日本の電力市場の将来
PwCドイツ法人のユーティリティ&レギュレーションのクラウス・ゲルデスとヤン-フレデリック・ツォクラーを招き、彼らが十数年にわたって取り組んできた電力市場改革の経験と、自由化された電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2014年06月)

今後の電力業界‐需要家主導へシフト
Utility of the future- A customer-led shift in the electricity sector
これまでの電力需要家は、公平で合理的な価格で電力サービスを受動的な立場で受け取ってきました。しかし、電力需要家の購買力はますます強くなり、期待する要望も増していく傾向にあります。本レポートは、電力業界が今後10年を見据えてどのように変革すべきかを説明しています。

(2014年05月)

Cities of Opportunity 世界の都市力比較 未来を築く
世界27都市の都市力を評価する「Cities of Opportunity」2012年報告書をインフラ視点で掘り下げ、経済・社会インフラ整備の成熟度や、需要に対する充足度の評価比較、将来的なインフラ成長の可能性について分析しています。

(2014年05月)

Power & Renewables Deals
‐2014年の展望と2013年のレビュー‐
本報告書は、電力・ガス・再生可能エネルギーセクターのM&Aをとりまとめたシリーズの2013年版です。本報告書では世界のエネルギーM&A市場を概観しつつ、プレイヤーの動向や地域毎の状況について整理しています。

(2014年04月)

スマートメーターおよびスマートグリッドの最新グローバル動向
PwCスマートグリッドグローバルリーダーのプロジェクト経験をもとに、グローバルの事例を交えた、最新のスマートメーターやスマートグリッドの動向を説明した資料です。

(2014年02月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

英国の改革事例から読み解く日本の電力市場の将来~市場参加者が直面する課題とチャンス
PwC英国ユーティリティチームが20年余りにわたって取り組んできた英国電力市場改革の経験と、自由化された英国電力市場の最新構造、変遷について説明した資料です。

(2013年10月)

電力小売市場調査
本調査は、電力の小売り全面自由化により、一般家庭における電力会社乗り換えに関する意識調査をしたものです。電力需要家の住環境、年齢、家族構成、世帯年収などの属性を背景として、電力料金低下率と電力会社乗換率に関する相関関係を明らかにしています。

(2013年10月)

Power & Renewables Deals 2013年の展望と2012年のレビュー
PwCは世界の電力や再生可能エネルギーセクターのM&A市場の動向を毎年報告しています。本レポートはその2012年版であり、2012年のM&A市場を概観するとともに、2013年の展望について述べています。

(2013年07月)

2050年の世界(World in 2050)-BRICsを超えて:その展望・課題・機会
2050年にかけて主要国のGDP予測を行ったシリーズ「World in 2050」の最新版であり、新興国経済が今後40年間にわたってG7よりもはるかに速いペースで成長すると結論しています。

(2013年02月)

「Cities of Opportunity – 世界の都市力比較 2012」日本語版(抜粋)
PwCが米国Partnership for New York Cityと共同で発表した「Cities of Opportunity‐世界の都市力比較 2012」を抜粋和訳したものです。世界の主要27都市の都市力を分析し、傾向や特徴を把握することで、都市の成長や回復に貢献することを目的としています。

(2013年01月)

Renewables Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~
PwCは、再生可能エネルギーM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは2011年から2012年初頭の再生可能エネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2013年01月)

Power Deals~2012年の展望と2011年のレビュー~エネルギーM&A市場はいまだ回復途上。経済情勢が市場再成長の鍵に。
PwCは電力事業のM&A市場の世界的動向について毎年報告しています。本レポートでは、2011年から2012年初頭のエネルギーM&Aを地域ごとに概観し、今後の展望について述べています。

(2012年12月)

Cities of Opportunity-世界の都市力比較 2012
東京の総合評価は、昨年から4ランク上昇し、27都市中10位となりました。交通・インフラは上位ですが、持続可能性・自然環境が下位、産業・生活コストは最下位となり、ビジネスや生活コストの改善がみられないことが伺えます。

(2012年10月)

戦略的なインフラ‐効果的かつ効率的なインフラにおけるプライオリティーと供給への一歩‐
World Economic ForumとPwCが共同作成した本レポートでは、政府が経済インフラ投資の優先順位を決定し、効果的にプロジェクトを推進し、経済発展を実現するためのフレームワークとケーススタディを提供しています

(2012年09月)

「Cities of Opportunity - 世界の都市力比較 2011」を発表
東京の総合評価は26都市中14位と全体の中位となりました。持続可能性、コストおよび人口構成の点においては下位クラス、自然災害のリスクでは最下位の結果になっています。

(2011年05月)

Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)
本レポートは、インフラ整備にあたっての民間資金を活用するにあたっての現在の機会と課題について取り上げています。

(2010年)

「Cities of Opportunity -世界の都市力比較」を発表
分析の結果、東京は交通・インフラでトップ、健康・治安、知的資本、テクノロジーの面でも高い水準にある反面、コストや居住適性の面で低いランクになっていることがわかりました。

(2010年)

Vision 2050-主要セクターにおけるサステナビリティ関連の事業機会の増加規模を試算
2050年に現在より持続可能な将来ビジョンが実現した場合、主要セクターにおいて関連の事業機会がどの程度増加するかの試算を目的としたものです。

(2010年)

官公庁・公的機関

サブサハラ・アフリカの成長とともに‐日本とのビジネスをつなぐ視点‐
市場としてのアフリカを日本企業はどのように理解すべきでしょうか。将来の人口増や中間層拡大、インフラの課題など、日本企業が関心の高い分野を中心に、成長を続けるサブサハラ・アフリカ市場を俯瞰します。

(2014年09月)

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐
オーストラリア政府における、公共部門の生産性向上のための新しいアプローチを、実際の事例とともにPwCがご紹介致します。

(2014年05月)

レジリエントシティへの挑戦
災害に強くしなやかなインフラの構築に向けて
2011年以降、PwCは、国連国際防災戦略事務局(UNISDR)との緊密な協力の下、過去の災害データを分析し、災害に対する備えと対応における長期的な官民協力の枠組みを提供し、企業や政府はどう自然災害に備えるべきかについて、共通のテーマを見出そうと取り組んできました。

(2013年10月)

Making it happen 地方自治体が成果目標を達成するためのロードマップ
PwCが世界の都市を対象に実施したグローバル調査より、64都市の回答に注目し、現代における都市のリーダーが成果目標を達成するために取るべきアクションを、PwCの見解として述べています。

(2012年06月)

When in Rome 英国贈収賄防止法の高等教育機関への影響
英国贈収賄防止法がどのように高等教育機関に影響を及ぼすかについて事例を挙げて解説しており、企業のビジネスにも共通して当てはまる多くの教訓や、対応策が含まれます。

(2012年06月)

Paving the Way: Maximizing the value of Private Finance in Infrastructure(ワールド・エコノミック・フォーラム・レポート - インフラ整備への民間資金活用の価値を最大化する)
本レポートは、インフラ整備にあたっての民間資金を活用するにあたっての現在の機会と課題について取り上げています。

(2010年)

Cities of Opportunity -世界の都市力比較
PwCは、米国 Partnership for New York Cityと共同で「Cities of Opportunity - 世界の都市力比較」を発表しました。本レポートでは、世界の産業・金融・文化の中心となる主要21都市について、都市を活性化する主要素(都市力)を、2009年に収集したデータをもとに10の領域・58の指数を用いて分析し、それぞれランキングを公表しています。

(2010年)

社会資本 維持も民間活用
官公庁・公的機関の前グループリーダー(パートナー) 野田由美子による論文。「日本経済新聞」2006年9月1日版「経済教室」に掲載。

(2006年)

市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益 [PDF 2,208KB]
市場化テストで官の能力向上を-官民競争で国民に利益

(2006年)

PFI事業のプロセスと効果的な進め方 第1回~第12回 [PDF 15,082KB]
PPP・インフラ政府部門アジア太平洋地区代表 野田 由美子がPFI NEWSに寄稿した記事を紹介します。

(2006年)

ヘルスケア

モバイルヘルスの台頭:成長への道
このレポートは、今後本格化が予想されるモバイルヘルス(携帯通信機器を利用して行う医療健康サポート)の展望と課題について、10カ国の患者、医師、および保険機関に対して行った調査の結果をまとめたものです。

(2012年05月)

教育

将来の展望 2040年の主要産業地域はどこか?
本レポートでは、2010年から2040年までの30年間を対象として、今後、どのような地域において、大規模の産業クラスターが形成され、世界はどのように変わるのかについて示しています。

(2011年01月)

2014年

短期的思考を超えて事業を成功に導く:サステナビリティに関するCEOの視点
PwCはダボス会議で発表した第17回CEO意識調査をもとに、世界のCEOがCorporate Sustainability(企業のサステナビリティ)をどのように捉えているかをまとめました。CEOがサステナビリティとその課題についてどう考え、それが企業の事業経営にとって何を意味するのかについて考察しています。

(2014年11月)

第17回世界CEO意識調査:人材をめぐる課題
技術進歩、人口構造の変化、都市化といった巨大なメガトレンドが世界を変え、こうした流れは人材マネジメントにも大きな影響を及ぼしています。グローバル企業は今後どのような課題に直面することになるのでしょうか。

(2014年09月)

レジリエンス 対応すべきリスクと戦略
事業に大きな影響を及ぼすメガトレンドを捉え、絶え間なく変化する世界に適応するためには、レジリエンスが不可欠です。本報告書では、その一助となるべく、対応すべき課題・リスクと戦略についてまとめています。

(2014年08月)

PwC 2013年 APEC CEO意識調査 レジリエンスと成長に向けて
PwCでは、2013年APEC CEO意識調査として、2013年6月から8月にかけてAPEC諸国・地域のビジネスリーダーを対象に調査および詳細なインタビューを行い、世界を動かしている要因と自社の成長戦略に対するビジネスリーダーたちの見方を取りまとめました。

(2014年06月)

17th Annual Global CEO Survey Japan Analysis : Fit for the future[English][PDF 1,857KB]
第17回世界CEO意識調査(日本分析版)の、英語翻訳版です。

(2014年06月)

第17回世界CEO意識調査 日本分析版
‐Fit for the future メガトレンドの中で日本企業の成長戦略を探る
PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」における日本のCEO127名の回答によると、前回調査を大きく上回る8割以上のCEOが今後の業績について自信を示しています。また、日本のCEOは成長要因として、アジアを中心とする新たな地域の市場開拓を重視していることも確認できました。

(2014年04月)

17th Annual Global CEO Survey:Fit for the future [English]
PwCが実施した「第17回世界CEO意識調査」によると、世界経済が今後12カ月間に改善すると回答したCEOの割合は昨年の2倍となり、自社の収益が2014年に増加することについて「非常に自信がある」と回答したCEOは39%となりました。

(2014年01月)

2013年

16th Annual Global CEO Survey Japan Analysis : A more resilient response to uncertainty[English][PDF 690KB]
第16回世界CEO意識調査(日本分析版)の、英語翻訳版です。

(2013年07月)

第16回世界CEO意識調査 日本分析版
- レジリエントな対応力の強化
PwCが実施した「第16回世界CEO意識調査」における日本のCEO162人の回答によると、約7割のCEOが今後の業績について自信を示しています。また、海外への展開では中国や、アジアを重視していること、サプライチェーンの多様化、ステークホルダーとして従業員や地域社会を重視する傾向が強いことが明らかになりました。

(2013年03月)

16th Annual Global CEO Survey : Dealing with disruption[English]
PwCが実施した「第16回 世界CEO意識調査」によると、今後12カ月間の自社の成長見通しに「非常に自信がある」と回答したCEOは、回答を寄せた世界のCEOの36%にとどまりました。短期的成長に「非常に自信がある」CEOの割合は昨年の40%、2011年の48%から低下しましたが、2010年の31%および2009年の21%は依然として上回っています。

(2013年01月)

 
 ページトップへ