プライスウォーターハウスクーパース、オラクルの認定制度「Financial Services Industry Specialization」を国内初取得

-日本オラクルとのパートナーシップをさらに強化し、インダストリーから製品まで幅広い範囲での金融機関向けオラクルソリューションを展開-


プライスウォーターハウスクーパース株式会社

プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、オラクルのパートナー企業向け認定制度「Specialization(スペシャライゼーション)」において、国内初の「Financial Services Industry Specialization(フィナンシャル・サービスィズ・インダストリー・スペシャライゼーション)」の認定を1月23日に取得したことを発表します。

当社は、金融機関向けのオラクルソリューションを活用したコンサルティングサービスの提供に注力しており、国内外の金融機関に対して、戦略・業務・システムの観点から幅広いオラクルソリューションを提供した実績を数多く有しています。また、当社の金融業界における知見・実績が評価され、昨年8月には、日本オラクル主催の「オラクル金融サミット2012」において基調講演や個別テーマ講演を行い、金融機関各社に向けて金融市場の最新動向や各社の取り組み事例などを紹介しました。このような実績が高く評価され、このたび国内初の「Financial Services Industry Specialization」の認定に至りました。

「Specialization」制度は、お客様の推薦、スペシャリストの保有数、ビジネスの実績という3つの基準により選出され、オラクルの製品・ソリューションにおける販売・開発・実装について、実績に裏付けられた高い知識と専門性を有することがオラクルにより証明される認定制度です。中でも「Industry Specialization」は、データベースやアプリケーションなどの「Specialization」を複数包含しており、かつ対象業種において数多くのビジネス実績のあるパートナーのみが取得可能な「Specialization」制度の最上位とされています。

今回の「Financial Services Industry Specialization」取得により、今後当社は、金融機関向けのサービス提供において日本オラクルとの連携をさらに強化し、オラクル製品とインダストリーの両観点からクライアントの幅広いニーズに対応していきます。

今回の認定取得にあたり、日本オラクルより以下のコメントを頂戴しました。

日本オラクルは、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の「Financial Services Industry Specialization」取得を歓迎します。プライスウォーターハウスクーパースは、日本オラクルにとって最も重要なパートナー企業の1社として、オラクルのパートナープログラム「Oracle PartnerNetwork Specialized」の最上位「Diamondレベル・パートナー」を取得しています。これらを踏まえ、同社がお客様の事業成長や発展にますます寄与されることを期待しています。

日本オラクル株式会社
執行役員 アライアンス統括
渡部 洋史

日本オラクルは、プライスウォーターハウスクーパース株式会社の「Financial Services Industry Specialization」取得を歓迎します。プライスウォーターハウスクーパースは、長年にわたるオラクルとの事業展開を通じ、金融機関において数多の実績を築いてまいりました。両社はさらに連携を強化しながら、これらの実績と蓄積されたノウハウを活かし、お客様が抱える課題への解決策を共に提案してまいります。

日本オラクル株式会社
執行役員 ソフトウェアライセンス事業 金融営業統括本部長
藤田 弥門

以上

プライスウォーターハウスクーパース株式会社について
プライスウォーターハウスクーパース株式会社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングを提供する国内最大規模のコンサルティングファームです。M&Aや事業再生・再編の専門家であるディールアドバイザリー部門と経営戦略の策定から実行まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントにとって最適なソリューションを提供しています。世界158カ国、180,000人以上のスタッフを有するPwC(PricewaterhouseCoopers)のネットワークを活かし、国内約1,300名のプロフェッショナルが企業の経営課題の解決を支援しています。