代表メッセージ

View this page in: English

代表取締役 鈴木 保晴(ディールアドバイザリー代表)
代表取締役
鈴木 保晴

代表取締役 鹿島 章(コンサルティング代表)
代表取締役
鹿島 章

5つの世界的なメガトレンド、すなわち急速な都市化の進行、気候変動と資源不足、人口構造の変化、世界の経済力のシフト、テクノロジーの進化は、あらゆる業種、業界、国、地域の境界を超えて破壊的な地殻変動をもたらしています。また、政治的、経済的価値観の多様化や、サイバーや地政学リスクなどの複雑化する脅威により経営環境の流動性が高まり、企業経営における時間軸も確実に縮まってきています。歴史的にも政治、経済、社会システムにおける「信頼」の希薄化は顕著になってきています。

加速度的に複雑性を増す課題を抱える企業は、テクノロジーを活用したイノベーションや人材の多様性、戦略的提携や協業の推進を含め過去の成功事例にとらわれない策を講じ、持続可能な成長のための戦略を常に見直す必要に迫られています。また、高品質の代名詞である「メイド・イン・ジャパン」を確立した日本企業が自己変革し、新たな時代の世界市場において競争優位性を確立し持続するには、戦略のみならず実行段階における多面的かつ体系的アプローチが必要とされています。

当社は、ディールアドバイザリーとコンサルティングを提供する国内最大規模のプロフェッショナル・サービス・ファームです。M&Aや事業再生・再編、インフラ部門の専門家の集まるディールズ部門と、経営戦略の策定から業務改革、そしてITを有効に活用した改革の実現まで総合的に取り組むコンサルティング部門が連携し、クライアントの皆様に統合的なソリューションを提供しています。また世界157カ国、208,000人以上を有するPwCグローバルネットワークの持つインダストリーを含む幅広い専門性やナレッジを活用するとともに、PwC Japanにおける監査・税務のスペシャリストと連携し、複雑化する経営課題の解決をグローバルレベルで提供できる支援体制を強化しています。

私たちは、クライアントと私たちが求める価値を創造し、信頼されるアドバイザーとして社会の発展に貢献していきます。

プライスウォーターハウスクーパース株式会社
代表取締役
鹿島 章(コンサルティング代表)
鈴木 保晴(ディールアドバイザリー代表)